ケースを自作してみよう(2)

closeこの記事は 9 年 11 ヶ月 13 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 パワーアンプ用(というかデジタルアンプ用)のケースを自作することを決意したわけですが,現在の仕様は下記の通りです。

▼筐体
サイズ:230mm*380mm*90mm(脚部除く)
底板・側板:10mm厚 超々ジュラルミン(7075)
フロントパネル:10mm厚 超々ジュラルミン(7075)
リアパネル:4mm厚 アルミ
天板:3mm厚 24tCFRP(艶無し3Kクロス or UD)
備考:底板の穴はICEPowerに合わせてありますが,キットとして作ってありますので,別途穴を開けることは可能です。

▼脚部
7075使用50mmφ

▼予価:○万円(1セット)

 パーツを選定するにあたり,素材の勉強をしないといけません。というわけで,またタモリ倶楽部で勉強しましょうw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm866889 (アルミの回)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm838744 (ねじの回)

 ついでに,ハンダ付けについても,実際にプロの方の動作を見ると勉強になりますねw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm859957

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です