ケーブル選び

closeこの記事は 10 年 4 ヶ月 23 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 ケーブルで音が変わるかという論点は,古くて新しい論点です。ここ数年のオーディオアクセサリーブームですっかりケーブルも高級化して,去年はその反動でアクセサリー業界が不振になったように感じられますが,どうでしょうか。
 さて,ケーブルによる音の変化については,ケーブルで音は変わらないよ派,ケーブルで音は変わるよ派,高級ケーブルはやり過ぎだよ派,変わるけど人間には知覚できないよ派,等々いくつか分類できるように思います(まるで某アイドルの論争のようで楽しいですね)。

 そんなケーブルでの音の変化ですが,拙宅では変化して聞こえます。
 再生音は環境によって変化するので,結局自分の環境で好ましいと感じられる変化が得られるのであれば,何でも試してみる価値はあるとおもいます。どうせ専門領域以外はほとんど分からないご時世ですからね(笑)。

JARECの記事
 音楽制作の場面でも,ケーブルでの音の変化は当然意識されていますが,他方で予算の制約もつきまといます。これは営利をある程度追求しなければならない以上仕方のないことです。
 ところが,最近はプロ仕様だといって,安い廉価なケーブルが最も優れているかのような,非常に紛らわしい宣伝をするところもあります。
 プロもピンからキリまでであること,プロは限られた予算内で仕事をする必要があることを念頭において,じっくりケーブルを選ぶことが必要でしょう。
 上記の記事はマスタリングエンジニアの皆さんがマスタリングについての座談会を開いたときの議事録ですが,CD製作現場におけるレベル競争について記述がありますので,興味のある方は全編読まれると良いと思います。

ケーブル選び」への73件のフィードバック

  1. piyo

    えるえむさん。
    そんな全速力で逃げなくてもいいではないですか(笑
    えるえむさんに情報を公開して連絡するすべが他にないので
    こちらに書きました。
    宣伝ではなくえるえむさんへのメッセージなので返信をいただきたいです。
    他の方にも読んでいただきたいのでもう一度書きます。

    えるえむさんは電源ケーブルで音が変わると考えており、
    相当のこだわりをお持ちのようですが、音響工学の
    世界ではケーブルによる変化は人間には聞き分けら
    れないことが常識とされています。

    音など変わるわけもないインチキケーブルを詐欺企業が
    騙して販売して、耳が悪くて論理的思考能力の乏しい人を
    搾取しているのだと私は思います。

    そこで私は下記のような試験を行う活動をしております。

    えるえむさんはケーブルについて情報交換をされたり、そのものを
    売買してらっしゃいますから、詐欺の被害者にも加害者にも
    ならないために一度は聞き比べを試してみることをお勧めします。

    幸福のつぼを購入して喜んでいるうちは哀れな被害者で済みますが、
    それを他人に勧めるのは詐欺の片棒を担ぐ行為です。

    「piyoのこれが出来たら100万円!」
    ケーブルを聞き分けたら100万円その場で差し上げます。

    試聴に使うケーブル、装置、ソース、環境、聴き方はもちろん被験者の自由です。
    例えば普段から一番聴きなれている自宅で100円の電源ケーブルと自慢の
    高級ケーブルを違いのわかりやすいと思うソースで、思うままに聴き比べて
    OKですし、なんらかの時間貸しスペースにお気に入りのヘッドホンや機器を
    持ち込んでじっくり聴き比べてもかまいません。

    休憩だって自由自在、違いがわかるまでしっかり聞いてください。
    後になって環境が悪かったといわれてもつまらないので、貸しスペースを
    用意する場合は事前にその環境で違いがわかるか試して存分に練習して
    準備万端の状態で挑戦してくださいね。

    違いも100%当てる必要などありません。有意差(統計的に偶然じゃない差)が
    示せれば十分です。
    例えば30回試行して24回正解したら聞き分けていると判断します。

    音響工学や医学の教科書を大幅に書き換えるだけの価値のある
    現代科学を超越した素晴らしい耳の力をぜひ発揮してください。

    まだ挑戦者は現れていません。
    世界初のケーブルを聞き分けた人間になりたくありませんか?

    http://music.geocities.jp/piyo_audio/index.html

    えるえむさん。
    逃げずに返答お願いします。

    返信
  2. omega

    piyoさんはケーブル交換を試されないんですか?結構、面白いと思いますけど、必要の有る無しに関係なく。
    それと、「実験」と「結果」に関しては、人に頼ることなくご自分で試されても良いのでは?アメリカのサイトにあったみたいに。ただあれだと中身が全く分からないので、詳しい状況や流れが分かるような実験で効果が無いという結果が示されれば、それは大変有意義な情報になると思いますよ。
    個人的には、先に未知の効果(現実)があって、それを解明して発展させるのが科学だと思っているので、単にケーブルに関しての、強いてはオーディオ(音響)に関しての科学が遅れているだけのように思ってます。
    もし、そこまで解明されているようなものであれば、「正しい物」としてのSPやアンプがあっても良い筈ですが、まさにバラバラですしね。
    だから、技術より感性が問われるのがオーディオであり、それが面白いところなんだと個人的には思ってます。

    返信
  3. えるえむ

    piyoさん,コメントありがとうございます^^
    できれば最初からこういうご挨拶をしたかったです。


    このサイトは,私がドメイン管理会社とサーバー管理会社に使用料を支払って使っている場所です。故に,一次的な管理権は私にあります。
    また,管理者には管理権とともに管理責任がありますので,不適当だと思われる発言等を削除することもまた管理者の義務ですし,不適当な発言を繰り返す者を排除することも場合によってはやむを得ない措置でしょう。


    piyoさんは全く関連性のないエントリに対して,自らが主催するイベントの内容についての投稿をされました。
    そこで,私は当該発言を削除した上で,関連するエントリに対してコメントされるか個別に問い合わせされるようにお願いしたわけですが,piyoさんは当該発言が削除されたことを確認されると,あろう事かほぼ同一の文面を重ねて当該エントリに投稿し,さらには,全く関係ないエントリにもこれと同一の投稿をされました。
    この結果,一時は複数のエントリに対して同一内容のコメントが表示される状態となりました。
    このため,私はわざわざpiyoさん向けのエントリを掲載せざるを得なくなり,また仕切り直しをするためほかの方の投稿も削除せざるを得ない事態となりました。

    以上の顛末について,私としては,今回はpiyoさんが頭に血が上ってしまって理性的な判断ができなくなった結果多重投稿してしまったと理解しています。

    そこで,まずは結果的に拙サイトを荒らしてしまった点について,謝罪していただきたいとおもいます。誰しもついカッとなることはありますし,piyoさんの謝罪をもって今回の件は不問とします。
    これは私からの返答を求める前提としてpiyoさんがされるべきことですから,謝罪がない限り私からのリアクションはないものとお考えください。


    仕切り直しをするまでもなく,管理者の警告を無視して投稿を続けた者にたいしては速やかにIPアドレスによるアクセス禁止を行うべきという立場もあります。
    しかし,拙サイトはオープンな議論を志向するものですので,今回はIPアドレスによるアクセス禁止措置は講じません。

    ただ,次はありませんので,piyoさんは特に冷静な議論を心がけてください。
    私だけでなく,ほかの皆さんに対する発言に対しても同様です。揶揄するような表現,煽るような表現,および回答を催促するような表現は避けてください。

    今後,上記で例示した表現があったと私が判断した場合のほか,私が不適当と判断する行為があった場合には,不本意ですがpiyoさん関連のすべての発言を削除し,これも大変不本意ですが予告なくpiyoさんがお住まいの地域一帯(各都道府県の約半分)の同一プロバイダのIPをアクセス禁止とします。

    返信
  4. piyo

    >>omegaさん
    こんにちは。

    私はケーブルによる音の変化は人間が聞き取れる限界より
    はるかに小さく意味がないと考えているので、音質改善を
    意図してケーブル交換をすることはありませんね。

    また、私はケーブル交換をしても音を聞き分け出来ないと
    考えているので私を被験者としてケーブルを聞き分け出来るか
    試験を行っても無意味です。
    超能力の試験をしたいのであれば自称超能力者の協力が
    必要です。

    >個人的には、先に未知の効果(現実)があって、それを解明して発展させるのが科学
    >だと思っているので、

    その通り、大切なのはまず現象を確認することです。
    現実としてケーブルの違いの聞き分けに成功した人は世界に
    一人もいません。
    聞き分けられると自負している人でも正しい方法での試験(ダブルブラインドと
    統計的推論)のもとに聞き比べているか調べると、ことごとく聞き分けに失敗
    してしまいます。

    音が変わって感じた経験をしてしまうと受け付けにくいことかもしれませんが、
    冷静かつ客観的に見てオーディオケーブルの効果が示されたという事例は
    世界中のいかなるオーディオ装置でも、いかなるオーディオマニアでも
    一件もないのが現実です。

    >>えるえむさん
    これは大変失礼しました。
    えるえむさんとコンタクトを取ろうと書き込んだのですが、ブログへの書き込み方を
    よく知らなかったもので一番上の話題にえるえむさんへの連絡を書き込んでしまいました。
    すみません。

    またそれ以降、関連した話題のところに書き込んで欲しいとのことでしたので、
    私なりに電源ケーブルに関するスレッドに書き込んだつもりでしたが、これらも
    削除されてしまったため、どんどん関係のありそうなスレッドに書き込んでいって
    しまい、結果としてえるえむさんに不愉快な思いをさせてしまったことをお詫び申し上げます。
    以後、気をつけます。

    返信
  5. えるえむ

    >piyoさん
    http://manners.anisen.tv/c3077.html
    とりあえず,上記のBLOGに書いてあることを熟読ください。
    個人のBLOGというものは,2chや晒そう掲示板とは性質が全く異なりますので,BLOG初体験でいきなり議論に挑もうというのは無謀ではないかと思います。しかもご自分のBLOGではなくて,私(他人)のBLOGですので。
    先にも申し上げましたが,管理権は私に帰属しているということをお忘れにならないようお願いいたします。

    私は,piyoさんからBLOGコメント欄を荒らしてしまったことについての謝罪いただきたかったのですが…。
    もっとも,piyoさんとしては,私が荒らしにあったと思うような行為をしてしまった認識があるからこそ「不愉快」という単語を使われたのだろうと推論して,今回の件は不問とします。

    取り急ぎ。piyoさんのコメントに対する私の意見については別途書きます。

    返信
  6. えるえむ

    piyoさんにまずお伺いしたいことがあります。
    piyoさんの1つめのコメントの趣旨についてです。

    piyoさんは,私にケーブルのブラインドテストを開催するので参加してもらえないかと申し込んできていらっしゃるのか,それとも,ケーブルのブラインドテストを開催するにあたり,このイベントに参加を申し込んでみないかと私を誘ってらっしゃるのか,どちらなのでしょうか。
    別の言い方をするなら,piyoさんは私に対して申し込みをしているのか,申し込みの誘引をしているのか,ということです。

    piyoさんはずいぶんと私に「逃げないでほしい」とおっしゃっていますが,そもそもの出発点に相違があると誤解が生じてしまうでしょうから,まずは,この点から明らかにしていただければと思います。

    返信
  7. piyo

    えるえむさん。
    こんばんは。
    ブログのルールについてちょっぴり勉強しておきました。

    前置きが不十分で余計な確認をさせてしまいすみません。

    この企画は100万円チャレンジということで、ズバリえるえむさんに
    挑戦状を送っている所存です。

    つまり本当に聞き分けられるなら正しい方法でそれを示して欲しい。
    聞き分ける環境はえるえむさんにもっとも有利な環境でかまわない。
    それができたら聞き分けられることを認めますし、ついでに賞金
    100万円を差し上げます。
    と挑戦を申し込んでいるのです。

    考えが対立しているゆえ、挑発的な態度になってしまいますが、
    どのような試験結果になってもお互いに有意義なものとなることと
    信じておりますので、楽しいオフ会が実現できればと考えております。

    えるえむさんは音響工学などの現代科学とオーディオケーブルの世界の
    乖離について真実を知りたくありませんか?

    返信
  8. えるえむ

    >piyoさん
    挑戦状を送っている,挑戦を申し込んでいるというのは,結局のところ参加してほしいと申し込まれているという理解でよいですか?

    返信
  9. piyo

    >>えるえむさん
    こんばんは。

    >挑戦状を送っている,挑戦を申し込んでいるというのは,結局のところ
    >参加してほしいと申し込まれているという理解でよいですか?

    そういう解釈でかまいませんが、一言付け加えると、電源ケーブルなどの
    現代科学の視点からは効果が否定されている詐欺商品の疑いが極めて強い
    製品についてえるえむさんは効果があると情報発信されているのですから、
    そうであれば根拠を示す義務があると思います。

    えるえむさんとしては悪意はないのかもしれませんが、これでは詐欺の加害者と
    みなされても仕方がないと思います。

    返信
  10. えるえむ

    >piyoさん
    お返事ありがとうございます。
    今後はpiyoさんが私に参加するよう申し込まれているという前提でお返事します。


    まず,人と人とが約束を交わすということは,本人(ここではpiyoさん)の申し込みと相手方の承諾(ここではえるえむ)によって成立します。
    そして,本人からの申し込みに対して相手方がこれを承諾するにあたっては,承諾するかを自由に決めることができるのが,民主主義社会における私的自治の原則(自分のことは自分で決める,決めたことには責任を持つという原則)の帰結です。

    この点,piyoさんは何か私が承諾するのが当然であるかのように書かれていますが,本件において,私が“piyoさんの”お申し込みを承諾する義務はありません。
    従いまして,私はpiyoさんのお申し出の内容を吟味し,承諾するか自由に決定することができます。


    次に,申し込みを承諾するか否かを決定するにあたっては,相手方(=えるえむ)は申し込みの内容について事前に十分に知っていることが前提条件です。

    現代社会においては,説明が不十分なまま相手の承諾を取り付けることが,条理や慣習(社会常識)に反することであり,時と場合によっては法的義務(例:医師のインフォームド・コンセント)に反するものであることはpiyoさんもご存じでしょう。
    不十分な説明のみで私を承諾させた場合,場合によってはpiyoさんが大変嫌ってらっしゃる詐欺行為をpiyoさんが(過失にせよ)はたらくことになってしまうかもしれません。

    ですから,piyoさんは,私に対して申し込みをした以上,私が本イベントについて持っている疑問について,十分に答える必要があります。
    本来私から申し上げる必要はありませんが,加えていかに本イベントが“私にとって”魅力的なものかをアピールするのがよいでしょう(この点で言えば煽る・挑発するのは逆効果でしょう)。

    もし,私の質問に対して,piyoさんが十分に回答されておらず,承諾するに値しないと判断した場合には,私は承諾しないことでしょう。なお,念のために申し上げますが,すべて十分にpiyoさんから説明が得られたとしても,その内容を精査した結果,私が承諾しないということもありえます。


    以上のような次第ですから,piyoさんにおかれましては,私の疑問について回答をする用意があるのか,それともほかの方を当たるのか,ご回答をお願い致します。

    返信
  11. piyo

    >>えるえむさん
    なにやら難しい言葉が並んでいますね。

    >ですから,piyoさんは,私に対して申し込みをした以上,私が本イベントについて
    >持っている疑問について,十分に答える必要があります。

    試験方法については私のホームページでも説明してありますが、
    何か疑問がありましたらなんなりとどうぞ。

    >本来私から申し上げる必要はありませんが,加えていかに本イベントが“私にとって”
    >魅力的なものかをアピールするのがよいでしょう(この点で言えば煽る・挑発するのは
    >逆効果でしょう)。

    まず第一に、聞き分けができないことがわかれば、今後えるえむさんが故意ではないにせよ
    事実と違う情報発信をして詐欺業者の片棒を担ぐことを防げます。
    また、これからは電源ケーブル等の効果のないインチキグッズにだまされることも
    減るでしょうから、真のオーディオのスタート地点に立つことができます。

    次に聞き分けに成功した場合、音響工学や医学の常識を覆す結果ですから
    再現性を持って聞き分けに成功したならば、世界初の快挙であり、これまでの
    教科書を大幅に書き換えるだけの影響を与えられます。
    驚異的に優れた耳の持ち主として歴史に名を残しましょう。

    さらに私のように電源ケーブルの効果を信じていない不謹慎な輩をだまらせ、
    えるえむさんが詐欺を行っていないことも示せます。

    ついでに賞金100万円が貰えます。
    また、試験に成功した時点でえるえむさんは有名人となりますから、ランディーさんが
    開いている私と同じ試験と同じ趣旨で賞金100万ドルの試験に申し込めます。

    結果がどう転んでもえるえむさんにとってとても有意義な試験になると思いますよ。

    返信
  12. えるえむ

    >piyoさん
    意味がわからなければ質問してくださいね。
    いきなり「逃げている」・「逃げずに答えてほしい」と指摘されたことについての私の考え方が示されているので,今後の参考にしてください。おそらく,いきなり逃げていると糾弾すると,その時点で参加する意志を失う方もいらっしゃるとおもいますので。

    では,質問をさせていただきます。質問は錯綜しないように一つずつとさせていただきますね。

    【質問】
    piyoさんはそもそも,なぜ私を選ばれたのでしょうか。
    私は,piyoさんが拙サイトをよく読まずに私を選ばれたように思えてなりません。

    といいますのも,今回の試験は電源ケーブルについて行うそうですが,私は市販の電源ケーブルを1本も持っていません(そもそも自己所有の完成品のケーブルは,インコネ1組,TOSリンクケーブル3本しかないのです)。私が市販の電源ケーブルを1本も持っていないことは,既にシステム構成紹介のページで去年の5月から記載されていることです。

    つまり,私が自作ケーブルの聞き分けに失敗したところで,piyoさんがおっしゃるところの詐欺業者に対する影響は無いわけですから,私ではなくほかに市販の高級電源ケーブルを持っている方に申し込まなければ,piyoさんの目的の一つであるところの高級電源ケーブルは詐欺的商品であることを示すことにならないと思います。

    目的に適合する被験者(私はこの言い方は好きではないですが)を見つけてこそ,実験の十分な成果を得られると思いますので,私は私自身が既にふさわしくない立場であるというのが基本的な理解です。

    (私が被験者にふさわしくない立場である理由はほかにもありますが,まずはこの点からご説明お願いします)

    よろしくお願いいたします。

    返信
  13. piyo

    >>えるえむさん
    こんばんは。
    えるえむさんは確かに自作の電源ケーブルを使われていますが、電源ケーブルについて
    情報発信をされていますし、ファイルウェブでも私の試験のスレッドにレスをつけるなど、
    試験を受ける資格があり、また試験に対して興味を持っているのではないかと
    考えた次第です。

    電源ケーブルはなにも市販品でなくてもかまいません、私の主張はすべての電源ケーブルに
    おいてまったく音質に効果がないというものですから、お気に入りの自作ケーブルと
    100円ぐらいの安物ケーブルなど、最も違いを感じると思うケーブル同士を比較して
    試験をすることで、電源ケーブルにこだわることが如何に不毛か示せると考えています。

    また、私はインターコネクトケーブルや光ケーブルでも音は変わらないと考えて
    いるので、もしえるえむさんがそれらのケーブルで試験をしたいのであればそれでもかまいません。

    さて、正直ベースで伺いたいのですが、結局えるえむさんは挑戦状を受け取る意思はあるのでしょうか?
    もし最初から参加される気がないのであればお互いに無駄な時間を使っていることになります。
    わざわざ、質問などをされるということは参加の可能性があるものと願いたいものです。

    返信
  14. えるえむ

    >piyoさん

    電源ケーブルに情報発信をすること,試験のスレッドにレスをつけること,はpiyoさんがwebサイトに記載されている条件として特に記載されていないようにおもいます。最初から自分で企画した内容をまげるのは主催者の信用を落とすようなものです。

    piyoさんの掲示板にも,市販の電源ケーブルを使った挑戦希望の方がいらしているようですが,そちらは条件が合わないと断っているようにお見受けしました。
    おそらく,電源ケーブルで音が変わるかわからないという立場ですと,ケーブル肯定派を非難する材料にならないからだと思いますが,電源ケーブルで挑戦したいという方がいらっしゃるなら,そちらを優先されるべきだとおもいます。


    付言しますと,インターコネクトは長さが足りないので現状使うことができません。
    また,デジタルケーブルは抜くとDDCがフルビットでノイズを出すので,毎回DDCを再起動させる必要があります。dCSの機材は電源投入後安定するまでに数十分かかりますので(マニュアルに記載があります),その間試聴できないとなると30回の試験で900分くらいかかります。そうでなければ条件が同一にできないので,ケーブルの試聴には適しません。
    さらに,フルビットのノイズを再生してしまうとスピーカーのユニットを十中八九飛ばしてしまうので,実験は中段を余儀なくされます。
    piyoさんが実験中の事故についての修理費用を全額負担するのかどうかも問題でしょうね。DDCは借り物で大切に扱っているものですので,30回も短期間に電源の再投入を繰り返して万が一壊すわけには参りません。


    以下,私が懸念する点について。

    【私が電源ケーブルで参加する場合の問題点】

    確かに,あらゆる電源ケーブルに違いはないという立場からですと,自作だろうが市販品だろうが関係がないということになります。
    しかし,piyoさんが今回の企画の趣旨について以下のように説明されましたので,話がややこしくなっています。

    (1)インチキケーブルを私が聞き分けられないことを示すことで,インチキケーブルで音が変わらないことを示す
    (2)聞き分けられないインチキケーブルを他人に勧めるのはインチキケーブル会社の詐欺の片棒を担ぐ行為であることを示す

    考えてみてください。私が自作ケーブルでpiyoさんの試験に挑み,失敗したとします。

    piyoさんがそれを世の中に発信したところで,オーディオマニアの間では,一オーディオマニアの自己満足な自作ケーブルごときでは違いが出なかったのであろうという話になるだけでしょう。
    加えて,オーディオ機器向けケーブルを作っている会社は,「素人が素材だけ集めてケーブルを作るくらいではメーカー製にはとうてい太刀打ちできない。それだけ研究開発をしているのであり,高額なケーブルは研究開発コストの負担故の当然の帰結である。」といいだして,むしろ自社製品の正当化の理由とされる可能性すらあります。
    piyoさんが恨んでいるオーディオアクセサリーメーカーさんの加勢となるようなことはpiyoさんにとって不本意でしょう。

    この点で,(1)の趣旨は満たされません。

    また,piyoさんが最初のコメントで指摘されていた,私がオーディオアクセサリーメーカーの詐欺的行為に荷担する者であることを示すこともできません。
    オーディオアクセサリーメーカーさんは,「えるえむの自作品は本人の自己満足度は高かったが真実音がよいわけではなかったので,聞き分けられなかった。しかし,過去えるえむが使っていた自社の製品は真に音がよいので,聞き分けられたはずである」という主張を展開することができます。

    この点で,(2)の趣旨は満たされません。

    また,おそらく,piyoさんが高級ケーブルで?といった言い回しをされたのは,piyoさんのお立場でしたら,高級なほど聞き分けられなかった時に相手をおとしめることが可能で,結果的にアピール度が増すという意図もあるのだろうと思いますが,拙宅にはpiyoさんが期待するような高級ケーブルはありません。

    とにもかくにも,質問1に答えていただきありがとうございました。


    piyoさんが主催する試験については正直興味がありません。匿名で活動されるpiyoさんに社会的信用力があるとはおもえないので,仮に私が成功したところで何も私に得るものがない可能性が高いからです。
    加えて,piyoさんに本当に100万円の支払い能力があるのか,また当日本当に支払うのか疑問なので,100万円すら実は支払われない可能性があるのではないかと思っています。

    また,私の立場も誤解されているようです(これについては次の質問とさせていただきます)。

    「正直ベース」というのがどういう意味なのか正直よくわかりませんが,本音でどうなのかという趣旨だと類推した場合,答えは「わからない」になります。
    piyoさんの試験の実施要項自体が,事故があった場合の責任の所在や当日の連絡手段等一切書かれていないですし,色々と不備が目立ちますので,私としては疑問点を解消しないとなんともいえません。

    piyoさんが,勝手なご判断で私を逃げた等とおっしゃらないことをお約束いただけるなら返答も考えますが,今のところpiyoさんのお立場が判然としませんので,「回答不能」と回答いたします次第です。
    piyoさんから,申し込みを撤回する・無かったことにするというのであれば,承ります。私はどうしても色々と考えてしまうタイプですので,こういうタイプの人間につきあうのは時間の無駄だというのであれば,それはそれでpiyoさんのご判断だと思いますので,尊重いたします。

    でも,私が不誠実な対応に終始したから無かったことにしたとかおっしゃるのは心外ですよ?上記のように色々と考えてしまうので,迂闊にはお返事できないのです。
    piyoさんがお考えになっている以上に,被験者の自宅で試験を行うのは実際上難しいものなのだということを,改めて考えていただければと思います。

    とりあえず,piyoさんとしては,申し込みを撤回されますか?
    撤回されないのであれば,引き続き質問をさせていただきたいと思います。

    返信
  15. piyo

    >>えるえむさん
    >電源ケーブルに情報発信をすること,試験のスレッドにレスをつけること,はpiyoさんが
    >webサイトに記載されている条件として特に記載されていないようにおもいます。最初から
    >自分で企画した内容をまげるのは主催者の信用を落とすようなものです。

    条件というのが何を指しているのか存じませんが、ケーブルで音が変わるとある程度
    影響力があると思われる情報発信をしており、さらに試験にも興味があるように
    見受けられましたので挑戦状を送りました。

    >piyoさんの掲示板にも,市販の電源ケーブルを使った挑戦希望の方がいらしている
    >ようですが,そちらは条件が合わないと断っているようにお見受けしました。

    違います。
    本試験はケーブルによる違いが人間に聞き分けられると考えており、さらに
    聞き分けられる自身があることが被験者になる条件ですから、条件を満たしていれば
    試験を受けてくださいと書いているのです。

    >付言しますと,インターコネクトは長さが足りないので現状使うことができません。

    了解しました。

    >また,デジタルケーブルは抜くとDDCがフルビットでノイズを出すので,毎回DDCを
    >再起動させる必要があります。

    デジタル出力でフルビットのノイズが出てもそれ以降の段にアッテネータ(プリアンプ)が
    あれば原理的にスピーカーが壊れることはありませんよ。
    もし壊れる音量に設定していたらフォルテッシモのたびにスピーカーが壊れています。
    そこは気にする必要はまったくないと思います。

    >dCSの機材は電源投入後安定するまでに数十分かかりますので(マニュアルに記載があります)

    まともに設計された機械であれば温度補償を考慮しているのでそんなにアイドリングは
    必要にはなりませんが、設計が悪いのかもしれませんね。
    いずれにしても、電源を毎回切る必要はないと思います。

    >【私が電源ケーブルで参加する場合の問題点】

    えるえむさんはいわゆるオカルトグッズについて多く情報発信をされているので
    えるえむさんが聞き分けられなかった場合、相応の影響が出ると思います。
    例えば、同じ条件で追試を行う人も現れるかもしれません。
    そうすることで、少しでも効果のない詐欺商品の実態を多くの人に伝えることが
    できればと考えています。

    >piyoさんが主催する試験については正直興味がありません。piyoさんに社会的信用力がないので,
    >仮に私が成功したところで何も私に得るものがない可能性が高いからです。

    確かに1回の試験ではアカデミックに聞き分けられることの証明をしたことには
    なりませんが、追試を受けて再現性を示せればそれこそ教科書を大幅に書き換える
    だけの優れた耳だと認められる名誉なことです。
    おまけに賞金100万円ももらえます。
    賞金100万ドルのランディーさんの試験に応募するのも有意義ですね。

    >加えて,piyoさんに本当に100万円の支払い能力があるのか,また当日本当に支払うのか疑問なので,
    >100万円すら実は支払われない可能性があるのではないかと思っています。

    その程度のお金には困っていないのでご心配なく。
    もし払わなかったら訴えるなり警察に相談するなりご自由にどうぞ。

    >事故があった場合の責任の所在

    私の責において発生した事故は私が補償します。
    幸いにもえるえむさんのシステムならシステムが全壊しても(考えにくいことですが)
    補償は難しいことではありません。

    >当日の連絡手段等一切書かれていないですし

    住所や電話番号などのプライバシーにかかわることはメールにてお話します。
    当日は駅に集合などえるえむさんのお望みの方法でお会いしましょう。

    まだ何か、質問がありましたらお気軽にどうぞ。

    返信
  16. えるえむ

    >piyoさん
    取り急ぎ誤解がある点について。

    「条件」というのはpiyoさんがサイトに掲載されている実験の実施要項の文言のことです。

    ————–以下,piyoさんのサイトから引用開始————–
    >対象となるのはケーブルの中でも変化が大きいと語る人が多い電源ケーブルです。
    >普段から一番聴きなれている自宅で100円の電源ケーブルと自慢の
    高級ケーブルを違いのわかりやすいと思うソースで、思うままに聴き比べてOK
    ————–引用終了————–

    >試験にも興味があるように見受けられましたので挑戦状を送りました。

    piyoさん主催の試験には興味がございません。

    >デジタル出力でフルビットのノイズが出てもそれ以降の段にアッテネータ(プリアンプ)が
    >あれば原理的にスピーカーが壊れることはありませんよ。

    説明が不十分で申し訳ありません。dCS974はTOSリンクケーブルでデジタル入力をする場合,ケーブルを抜いてしまうとノイズがでて止まらなくなります。ケーブルを挿し直しても同様です。私の知識では,電源を入れ直す以外にノイズを止める方法がありません。
    百歩譲って自分のものならまだしも,974はお借りしているものですので,万一のことを考えて,実験に使うのは私の信条としていたしません。

    >まともに設計された機械であれば温度補償を考慮しているのでそんなにアイドリングは
    >必要にはなりませんが、設計が悪いのかもしれませんね。

    もともとプロ機ですので,電源は一度入れたら切らないという前提で設計がされているのだろうとおもいます。私は専門家ではありませんから,実際に設計が優れているのか劣っているのかはわかりません。

    いずれにせよ,毎回電源を切らないと音がでないわけですから,機器への負担を考えると,デジタルケーブルでの実験はできないのです。高額な機器を貸していただいて実験で壊してしまったなんて,全く笑い話になりません。貸し主の方に大変失礼です。

    その他の事項については,今後質問させていただくことと関連しますので,改めて。

    返信
  17. えるえむ

    >piyoさん
    >本試験はケーブルによる違いが人間に聞き分けられると考えており、さらに
    >聞き分けられる自身があることが被験者になる条件ですから、条件を満たしていれば
    >試験を受けてくださいと書いているのです。

    piyoさん自身はそうお考えだったのかもしれませんが,サイトの第2回の告知ページ(http://music.geocities.jp/piyo_audio/test02.htm)にはそのような記載はありません。


    これは質問ではなくお願いですが,あとからこう考えていたのだといわれても私も困りますし皆さんも困ると思いますので,参加資格等もあらかじめ掲載していただけませんか。情報を一元化してそこだけみればよいという形にしていただきたいです。

    私としても,piyoさんが主催するものが成功するかはともかくとして,ケーブルのブラインドテスト自体は興味深い手法だとおもいますから,合理的で現実的な実施要項そのものの存在はよいことだと思っています。そのお手伝いはできそうです。

    というわけで,とりあえず気になった点として,piyoさんのサイトの実施要項に加筆していただきたいことを挙げておきます。

    ○試験の目的
    (理由)正直なところpiyoさんは何をしたいのか書いておくべきでしょう
    ○参加資格
    (理由)資格の有無はあらかじめ誰でもわかるように掲示すべきでしょう
    ○piyoさんが当日100万円支払えることの証明
    (理由)ネットのHNには何ら社会的信用が与えられていないからです
    ○機器のトラブルがあった場合の責任の所在
    (理由)皆さんトラブルがあった時のことは心配でしょう

    個人的にはトラブルがあった場合の保障を一番心配しています。拙宅には代理店修理不能品もありますし,特注品もございます。当日100万円の支払いが可能かどうかより,修理代金を支払う能力・意思があることを証明していただきたいところです。
    もとより金銭的な解決では心情的には本来済まされないことはpiyoさんもご理解いただけるとおもいます。


    拙サイトの「piyo」名義の投稿は数百キロ離れた2つの地域の固定プロバイダのIPアドレスから書かれていることがわかりました。
    念のため,同一人物であることを示すために,コメント欄にて,お使いになった2つのIPアドレスを掲示していただけないでしょうか。

    返信
  18. えるえむ

    >piyoさん
    追加で掲載希望です。

    ————–http://music.geocities.jp/piyo_audio/index.htmlより引用開始————–
    >音響工学の世界ではこれらの機材で起こる変化は人間の耳の弁別閾(聞き分けられる限界)よりもはるかに小さく聞き分けられないとされているようです
    ————–引用終了————–

    とありますが,私も知識としては上記の内容は知っていますが,原典は存じません。
    この際きちんと勉強させていただきたいので,人間の耳の弁別閾について示した論文と,ケーブルによる差が弁別閾よりはるかに小さことについて示した論文をご紹介いただければと思います。

    音響工学なので,日本音響学会かAESの論文とかなのかもしれませんが,がんばって読みますので,よろしくお願い申し上げます。

    返信
  19. piyo

    >>えるえむさん
    >piyoさん自身はそうお考えだったのかもしれませんが,サイトの第2回の告知ページ
    >(http://music.geocities.jp/piyo_audio/test02.htm)にはそのような記載はありません。

    本試験の趣旨はケーブルによって変化を感じるのはプラシーボなどではなく、
    実際に違いを感じているからなのか実際に違いを確かめることにありますから、
    被験者は違いを感じる人でないと意味がないのは自明です。

    >参加資格等もあらかじめ掲載していただけませんか。
    上のほうでも書きましたが、参加資格は「ケーブルによる変化が人間に
    聞き分けられると考えていて、自分自身聞き分けられる自信があること」です。

    試験のお手伝いやケーブル交換などをしてもらう方々や私には紳士的に
    振舞うことが要求されます。

    >(理由)正直なところpiyoさんは何をしたいのか書いておくべきでしょう
    オカルトグッズに騙されている可愛そうな人たちの救済と詐欺業者へ
    不利益を与えることです。

    >piyoさんが当日100万円支払えることの証明
    私は100万円やそこらの金額には困っていませんし、真摯に支払う所存です。
    これが嘘だといわれれば、水掛け論になってしまいますが、もし支払わなかった
    場合には警察に被害届けを出すなり、訴えるなりご自由にどうぞ。

    >機器のトラブルがあった場合の責任の所在
    上にも書きましたが私の責において機械が壊れた場合は全額補償いたします。
    一応、えるえむさんの機材を全て買い取るぐらいの貯金はあります。
    これも支払いに応じなかった場合は、相応の措置をとってください

    >拙サイトの「piyo」名義の投稿は数百キロ離れた2つの地域の固定プロバイダの
    >IPアドレスから書かれていることがわかりました。
    休暇をとって現在、実家に戻っているだけです。

    >とありますが,私も知識としては上記の内容は知っていますが,原典は存じません。
    耳の弁別閾についてはオルソンの時代から実験より詳細に調べられていますし、
    放送規格などを決める際にも巨大な母数で試験がなされます。
    たいていの音響工学の本に載っていますよ。

    >ケーブルによる差が弁別閾よりはるかに小さことについて示した論文
    電気工学の初歩ですから、わざわざ聞き分けられないことを論文で示したと
    いう話は聞きませんが、理論的にも実験的にもはるか昔から確かめられていることです。
    私は音響の研究施設にお邪魔したことがありますが、ケーブルで音が変わるというのは
    よほど耳が悪くて論理的思考能力が欠落しているのだろうと笑いあったことがあります。

    返信
  20. えるえむ

    >piyoさんかもしれない方

    何か勘違いをされているのだろうとおもうのですが,自称piyoさん,あなたが私に信用されていると思ったら大間違いです。根拠なく信用してくれというのはpiyoさんがもっとも嫌うところではないのですか?
    piyoさんはよく不存在は悪魔の証明だからする必要がないとおっしゃいます。私も基本的にはする必要がないと思いますので,信用力の証明はpiyoさんのほうでお願いします。

    そもそも,piyoさんばかり証明証明とおっしゃいますが,私も前提としてpiyoさんに証明していただきたいことは山のようにあるのです。
    私はpiyoさんの実験に興味がなかったので,いちいちpiyoさんの掲示板に出向いて指摘することはしていませんでしたが,申し込み以後,色々と拝見しておりますと,piyoさんの今の案には実施にあたって問題となる点が多く残されていると思います。


    被害届とおっしゃいますが,そもそも,あなたが本当に自分の氏名と住所等を私に伝えたことはどのように確かめればよいのですか?
    氏名・住所不詳で私が警察にいったところで立件されないで終わるのが関の山ですし,訴状の送り先もわかりません。本当に確認するなら最低限公共的企業(NTTや電力会社)の請求書の事前送付が必要でしょう。


    何か問題があった時,piyoさんは賠償できる資金はあるとおっしゃいますが,その資金の存在証明をお願いしているのです。

    まず,私なら,裁判なんて面倒くさいのでやりません。事前に公正証書の作成をお願いしてしまいます。公正証書というのは,piyoさんがお金を支払わなかった場合に裁判抜きにいきなりpiyoさんの財産を差し押さえたりできる書類です。公証役場というところで作ります。

    それに,今時,お金に困っている詐欺ケーブル会社の社長だって「私はお金に困ってません」というのです(実際に詐欺ケーブル会社の社長がお金に困って高級ケーブルを作っているのかは知りません)。
    つまり,現実社会ですら個人の発言には信用力なんて端からゼロに等しいのです。ましてや現時点でHNのみで交渉しているpiyoさんに金銭面でいかなる信用がありましょうや。

    だから,銀行はお金を貸す時に担保を要求します。代表的には土地ですが,100万円程度なら連帯保証人をつければよいでしょう。お金が絡む際には,世の中そうやって当事者同士で信用力を確保してから事にあたるのです。
    公正証書で差し押さえがスムーズにできたところで,めぼしい財産がなければ意味がありませんからね。

    どうしても信用力を上げる方法が実行できないとおっしゃるなら,前日までに被験者に100万円(成功報酬or事故の際の保証)振り込んでおくというのはどうでしょうか。
    聞き分けができなければ100万円をpiyoさんに返還,何事もなく聞き分けができたら被験者は返還しない,事故が起きて中断となったら100万円のなかから修理費を相殺して残額を返還する,という手法です。


    なぜジェームズ・ランディ氏の話で,支払い能力が問題にならないのだと思いますか?
    ランディ氏は個人のポケットマネーではなく,財団から報酬を支払うからです。財団には必ず財産を管理する者がいて,適切に管理されているかチェックする体制が整っています。
    ランディ氏はそういうところはきちんとしているから,ちゃんとした媒体でも取り上げられるし,話題性も十分なんです。

    私は100万円なんて別にどうでもよいのです。piyoさんが関与せず,もっとアカデミックに行われるなら報酬はいりません。私は楽しくオフ会ができるのならばそれでもよいし,仮に聞き分けられたなら大変名誉なことだとおもいます。
    ただ,piyoさんは100万円を支払うということを掲げることで世間的な注目を浴びようとしているわけですから,相応のお覚悟をもたれる必要があるのです。


    これも同じことを繰り返すようで恐縮ですが,私はpiyoさんに,サイトに加筆修正するようお願いしているのです。こちらに書かれて困ります。
    私はpiyoさんの要項がより整備されることで,参加を希望される方がでてくるかもしれないと思っています。しかし,piyoさんの実験に興味を持っている方々はpiyoさんのサイトをご覧になるのであって,私のサイトをご覧になるのではないのです。

    実験をより皆さんが納得いく形で行うことを欲しておられるのであれば,きちんとご自分のサイトの実施要項に加筆するのが筋でしょう。


    また,サイトを更新できれば,少なくともサイトの管理をすることができる人物であることは示されますが,このBLOGにコメントしているあなたがpiyoさんだという証明は現状ないわけですから,信用しろとおっしゃられても困ります。

    再度申し上げますが,私はIPアドレスを掲示してほしいとお願いしました。両方piyoさんであることを示すには,両方のIPアドレスを示す他にありません。
    難しいのであれば,IPアドレスの一部(プロバイダと都道府県)くらいは開示してください。どうしてもとおっしゃるなら「お問い合わせ」からでも構いません。


    耳の弁別閾についてですが,たいていの音響工学の本で構わないので,代表例をおっしゃってください。図書館で取り寄せますので。
    理論的にも実験的にもはるか昔から確かめられているのならば,代表的な理論と代表的な実験について書かれている参考文献を挙げてください。同じく図書館で取り寄せます。
    理由は言わずもがなですね。

    返信
  21. piyo

    >>えるえむさん
    えるえむさんが私を信頼してらっしゃらないことは十分に承知いたしました。

    >どうしても信用力を上げる方法が実行できないとおっしゃるなら,前日までに被験者に100万円
    >(成功報酬or事故の際の保証)振り込んでおくというのはどうでしょうか。
    >聞き分けができなければ200万円をpiyoさんに返還,何事もなく聞き分けができたら被験者が
    >100万円のみ返還,事故が起きて中断となったら100万円のなかから修理費を相殺して,残額を返還する。

    それでは先に100万円お支払いいたしましょう。
    お問い合わせから私の住所、氏名、電話番号などの個人情報とメールアドレスを送ります。
    振込先はメールにご返信ください。

    それと、聞き分けに失敗したら200万円支払われるとのことですが、失敗してもえるえむさんが
    ペナルティーとしてお金を払う必要はありませんので返金は100万円だけで結構です。
    本試験はただで参加できるものです。

    私のサイトの内容はそう難しいものとも思えませんが、必要に応じて
    加筆していきたいと思います。

    IPアドレスについては後ほどお問い合わせより住所を示します。

    >耳の弁別閾についてですが,たいていの音響工学の本で構わないので,
    >代表例をおっしゃってください。図書館で取り寄せますので。

    音響工学の本なら大体載っているのでペラペラめくっていただければ
    すぐにわかると思いますが、強いていうなら古典中の古典である
    「オルソンの音響工学」をおすすめします。

    >理論的にも実験的にもはるか昔から確かめられているのならば,代表的な
    >理論と代表的な実験について書かれている参考文献を挙げてください。
    >同じく図書館で取り寄せます。

    ケーブルの持つLCRがどのようなフィルターの特性を持つかは電気工学の本を
    読めばたいてい載っているのでご自身でわかりやすいと思う本を選ぶといいと
    思います。

    返信
  22. えるえむ

    >piyoさん

    >聞き分けができなければ200万円をpiyoさんに返還,何事もなく聞き分けができたら被験者が
    >100万円のみ返還,事故が起きて中断となったら100万円のなかから修理費を相殺して,残額を返還する。

    ここ投稿後にミスに気がついたので,再度書き直してあります。
    再度読み返していただければわかると思いますので,念のため。

    あと,私まだ承諾してませんので,いきなり個人情報送りつけられても困ります。IPアドレスの確認がとれましたら,そのことはこちらに記載しますが。

    取り急ぎ。

    返信
  23. えるえむ

    >piyoさん
    まぁ,まずは落ち着いて,実施要項を加筆修正されてはいかがでしょうか。
    ここは私のBLOGですので,やはりpiyoさんご自身のサイトで不備は修正されるべきだと思います。
    私が不安におもっているということは,おそらく他の方も不安に思ってらっしゃるでしょうし,結局それはpiyoさんの機会損失になってしまいますから,もったいないと思います。

    実施に関する問題点は結構な量指摘させていただいたと思いますので,私も書き直された実施要項を改めて拝見してから,疑問があれば再度コメントさせていただこうと思っております。

    よろしくお願い申し上げます。

    返信
  24. piyo

    ええっと、個人情報はもう詳細な住所まで含めて送ってしまいました。
    これで本人であるという説明はつきましたし、私にはネットストーカーが
    いくばくかいるのでIPアドレスは公開しないでいただきたいです。

    200万円の件了解しました。

    返信
  25. えるえむ

    >piyoさん
    IPアドレスとご住所の一致は確認いたしました。お手数をおかけいたしました。IPアドレスの公開は致しませんのでご安心ください。
    加えて,個人情報につきましては,責任を持って管理させていただきたいと思います。実験に不参加の場合には破棄いたしますので,こちらもご安心ください。

    ただ,実際に送っていただいた氏名と現実にpiyoさんとして活動されている人物が一致する保証はないので(つまり,現実社会の他人になりすますケースがありますので),最終的な確認は公的な書類で行うほかないと思っております。

    返信
  26. piyo

    >>えるえむさん
    なぜそんなに私をなぞの人物と受け止めるのか存じませんが、こんなに
    積極的に試験の開催を熱望している人間ですから、つまらない嘘など
    つきませんよ。

    また、さきほどえるえむさんが提案された私が先に100万円振り込むという
    方法であれば、私の正体がなんであろうとえるえむさんの不利益にはならないと
    思います。

    私としては試験方法が厳密で賞金がついてくる以外は普通のオフ会だと
    考えていただければと思います。

    返信
  27. えるえむ

    >piyoさん
    いきなり登場して,全然関係ないエントリにコメントし,消されるやいなや同じ内容のコピペ投稿をたくさんしたあげく,内容に至っては(ほぼ)詐欺師呼ばわりで挑戦だ,逃げるなとおっしゃるわけですから,謎の人物ですよね…。
    私のサイト,ちゃんと読まれました?

    金銭的な意味では先払いでほとんど問題ないですが,相手が誰かわからない人は自宅に招かないですよ。
    普通の出会いですと,自己紹介や挨拶から始まって,仲良くなったりどなたかの紹介があったりして,自宅にお招きするパターンなので,いきなり挑戦状とこられてしまうと,やはり警戒するのが人情というものでしょう。

    私としては,試験方法が厳密で賞金がついてくる変なオフ会ですね。piyoさんは私のことをオーディオを愛好する仲間だとは思っていらっしゃらないように見えますし,私自身もpiyoさんをオーディオ仲間だと思うには,これまでの経緯からして心理的に抵抗があります。

    返信
  28. piyo

    >>えるえむさん
    私は思ったことを正直に言ってしまうたちなので、ご機嫌を損ねてしまい
    すみませんでした。

    考え方が対立しているので、馴れ合いの時間はあまり存在しなかったかも
    知れませんが、同じオーディオ再生技術の向上を目指すものとして、えるえむさんにも
    興味を持っていただけるのではと考えておりました。

    いまからでも自己紹介は遅くないですか?
    私は完全ファンレスのPCトラポを使っているオーディオ好きのエンジニアです。
    ここの事象について考えの違いがあるかもしれませんが、円滑な関係を
    気づければと思います。

    お互いに仲良く、試験方法については厳密にするオフ会ができれば
    幸いです。

    返信
  29. えるえむ

    >piyoさん
    ————–http://piyo-audio.bbs.fc2.com/ より引用開始————–
    今回の試験はすでに私から挑戦状を送っている相手も居りましてダブルブッキングなどを防ぐためにもメーカーへの挑戦状はゴールデンウイーク以降に数社ずつ送っていくことを検討しております。
    ————–引用終了————–

    以前は検討しないとのことだったように記憶しておりますが,検討されてるなら先にメーカーさんに送ってください。私の方もメーカーさんとpiyoさんとのやりとりを検討の資料にしたいので。

    よろしくお願い申し上げます。

    返信
  30. えるえむ

    >piyoさん
    さすがに順番が違いすぎるのでは…。
    仲良くするというのは,思ったことを口にせずにご機嫌を取るということではありませんよ。
    お互いの立場を尊重しつつ,紳士的に振る舞うということです。piyoさんは正直私に対して紳士的に振る舞っているようには見えません。

    とりあえず,実施要項の改訂楽しみにしております。
    皆さんが安心して参加できる実施要項となるとよいですね。

    返信
  31. piyo

    >>えるえむさん
    と、いいますと今回のゴールデンウイークの試験はえるえむさんは辞退されたいということでしょうか?
    メーカーは完全に”騙す側の”人間なのでとてもテストを受け付けるとは思えませんので
    まずは”騙される側”のユーザーを対象に試験をぜひとも行いたい次第です。

    えるえむさんのご都合がよろしければゴールデンウイークにぜひとも試験を
    行いたいのですかだめでしょうか?
    私はえるえむさんの質問にできるだけ真摯にお答えしたつもりです。
    回答をお待ちします。

    返信
  32. piyo

    えるえむさん。
    >お互いの立場を尊重しつつ,紳士的に振る舞うということです。
    >piyoさんは正直私に対して紳士的に振る舞っているようには見えません。

    相手の立場を尊重することはもちろん大切ですが、えるえむさんのように詐欺紛いの
    ことをしている相手には毅然として指摘することが真摯だと私は思います。
    …話がそれてすみません。

    返信
  33. halptribe

    >piyoさん
    貴方自身の考え方に賛同される方も多くおられるでしょうから
    まずはそういった貴方と考え方が近い方々と
    貴方の自宅で検証を行ってみてはいかかでしょうか?
    例えばDG48のパラメーター設定変更でのブラインドテストを行ってみるとか
    dacの設定変更とか、いろいろあると思います。
    たぶん、明らかに変わっているはずのものでも
    厳密なブラインドテストとなると判別は困難なのではないのでしょうか?
    ただそういった検証の結果を例示をすれば、少なくとも貴方が人を集めて
    検証を実施できる能力を有するという最低限度の保障はできますよ。
    今のままではどうみてもpiyoさん自身が「ネットストーカー」にしか見えませんよ、自覚はおありですか?

    返信
  34. えるえむ

    >piyoさん
    元々ゴールデンウィークのみということではなかったと思いますが,ゴールデンウィークのみということでしたら,ちょっと難しいですね。

    とまあ,掲示板では私にブッキングしていてダブルブッキング避けたいというのを理由に挙げつつ,こちらでは受け取るとは思えないからだまされている側を先にしたいといった風に,理由を場所によって変えてらっしゃるので,そういうところも信用できないわけなんです。
    ですので,きちんとページにまとめて誰でも確認できるようにしてくださいと申し上げているのです。

    …とおもったら,また詐欺師呼ばわりですか。紳士的と真摯的とは違いますよ。
    まぁ,私のケーブルの変化に対する考えについては,改めてエントリを書きますので,そちらを参照してください。コメントはできないようにしますので,こちらのエントリに引き続きお願いします。

    返信
  35. piyo

    >>halptribeさん
    はじめまして。
    今回の試験の趣旨はケーブルによって音が代わって聞こえるのは、本当に
    聞き分けているからなのかですから、ほかのもので試験をしても意味が
    ありません。

    >>えるえむさん
    >元々ゴールデンウィークのみということではなかったと思いますが,ゴールデンウィークのみと
    >いうことでしたら,ちょっと難しいですね。

    了解です。

    私としてはゴールデンウイークが人が集まりやすくて丁度よいと思っていましたが、
    いかんせん告知をするタイミングが遅すぎたかもしれませんね。

    ちなみに人数の制限を設けている理由は様々です。
    私は一人しかいませんし、時間は限られていますし、賞金だって機材の賠償まで
    考慮したらいくらでもとはいきません。
    別に人によって理由を変えているわけではありませんよ。

    効果のないものを効果があると称して販売することは広義の詐欺師に当たると
    思いますよ。

    返信
  36. piyo

    ちなみにゴールデンウイーク以後の土日などはいかがでしょう?
    えるえむさんのお宅の場所を知りませんし、私の所在地も流動的なので
    できれば金曜日に移動して宿を取って土曜に試験としたいところです。

    返信
  37. えるえむ

    >piyoさん
    人数制限の話ではなくて,だます側とだまされる側のどちらに先に連絡するのかという話です。

    まぁ,あまり慌てずに,もう少し落ち着きましょう。
    少なくともGW中は難しいですし,今から宿のご心配は気が早いというものです。

    ところで,見てる人さんがご指摘になってますが,piyoさんはご自分の発言が私に対する名誉毀損になっていると思われます?
    あと広義の詐欺師というのは結局のところ詐欺行為をしているのでしょうかしていないのでしょうか?

    返信
  38. piyo

    >>えるえむさん
    私が一番試験をしたい相手は”騙す側”のメーカーや評論家です。
    しかし彼らはランディーさんの100万ドル試験を受ける資格があるのに
    受けない臆病者なのでまずは”騙される側”つまり一信者から目を覚まさせようと
    いうわけです。

    私の言う広義の詐欺師とは実際には効果がないものを効果があると偽って
    販売する人のことです。
    それを指摘することは名誉毀損以前に社会正義のためになっているので
    問題ないと思います。
    ドロボーをみて「ドロボー!」と叫ぶようなものです。

    返信
  39. 4D53

    piyoさん

    ケーブルによる音変化に肯定的である人の参加を必要とするイベントを開催する立場である貴方が、騙してるとか騙されてるとか詐欺だとか言う単語を口にする事の不味さが、丸一年費やして何の成果も出せない現状に至ってもなお理解できないのですか?

    賞金100万とか証明のチャンスをやると言う設定をする事で、参加をお願いする立場にあるという点を誤魔化して失礼な振る舞いを続ける貴方を自宅に招こうと言う人は現れないでしょう。

    前回はPhileWebで一名申し込み段階までは行ったようですが、貴方の過去の言動を知らずに断片的な情報だけ見て軽々しく決めたようでしたね。貴方が公開したメールを見る限り、驚いて参加回避に至ったのも当然の帰結でしょう。貴方は相手の言い分を事実無根の誹謗中傷と言いますが、結果的に相手方の言動にも相当な無礼があったにせよ、そのような反応を示されてしまった原因を良く考えたほうがいいですよ。

    正直に申し上げて、100万円はともかく万一にもブラインドテストに成功されてしまうことを避けるため、絶対にイベント開催に成功しないように細心の注意を払いながら、過剰に挑発的な姿勢でのイベント告知活動を続けておられるのではないかと疑っております。要するに、逃げた逃げたと連呼すること自体が目的なのではないか、とね。

    貴方のケーブル否定はもはや理論を通り越して信仰になってますよ。それを広める活動を怠る事は許されないが、覆されるリスクを犯すこともやはり許されないと言う心理状況があるように見受けられます。結果的に押し付けがましく慇懃無礼になるあたりも宗教勧誘と似た匂いを感じてしまいます。少なくとも実験の勧誘文句で無駄に挑発して実施機会を得る可能性を下げているのは科学に携わる者の姿勢とは言えませんね。理系でも工学系の場合は怪しい人多いんですけども・・・(自戒)

    ケーブル否定論者にケーブルによる変化の存在を受け入れさせるためには、ブラインドテストで聞き分け成功して見せるのが最も有効な手段であると、私も考えます。しかしpiyoさんに受け入れさせる必要性も感じなければpiyoさんとブラインドテストのオフ会をしたいとも全く思えません。既に問題点はケーブルによる変化云々から離れてpiyoさん自身の行状にあるという事を御自覚下さい。

    返信
  40. halptribe

    >piyoさん
    今回の試験の趣旨がケーブルのみによるものであるのは承知しています
    しかし、貴方が人を集めて検証を行える保証がない限り
    だれも挑戦者はあらわれないと思いますよ、まして今までの募集の仕方ではね

    本当にオフ会を開催したいのであればあなた自身が
    「どのようなオフ会を開催できるか」をプレゼンすればよいのです。
    貴方の部屋で貴方のやり方、考え方に賛同する方と実際にやってみせれば
    挑戦者となるべく人々へのよいアピールになと思いますよ
    本気で詐欺行為を憂い立ち上がっているのであれば是非「逃げずに」ご検討
    ください。ケーブルを交換する試行も混ぜた試験を行い
    イコライザーやdacでは判別できていた被験者がケーブルの試行では判別できなかった、という結果を厳密なブラインドテストで導きだし、
    それをホームページに掲載した上で挑戦者を募集すればよいでしょう。

    返信
  41. Jey

    >piyoさん
    >メーカーは完全に”騙す側の”人間なのでとてもテストを受け付けるとは思えませんので
    >まずは”騙される側”のユーザーを対象に試験をぜひとも行いたい次第です。
    ということは、あなたは相手を納得させる努力をされていないのではないですか?
    今もえるえむさんに対して、相手にやってみたいと思わせる努力をされずに、逃げないよう追い込むという方法をとられているように見受けられます。個人情報の件しかり、開催日の件しかり。
    「詐欺メーカーが相手をしてくれないから、詐欺に加担している個人を」というようなあなたの勝手な言い分によりターゲットにされるのは、ちょっと迷惑と感じる方が多いのではないでしょうか?「迷惑」と感じさせないようにするべきだと思いませんか?

    メーカーを動かすためにどのようなことをしたら良いのか。を「詐欺師め!100万円出すから挑戦しろ!」という態度ではなく、まず別のアプローチであなたの活動を理解してもらえるように頑張ってごらんなさい。

    たとえば、ご自身とあなたの活動に賛同されるお友達とで、メーカー製のケーブルを集めてご自身のサイトで試聴結果を公表したり、メーカーの科学的・非科学的な言い分を科学的に検証して、その結果をメーカーの実名を挙げて世間に公表されたらいかがでしょうか?
    「電気工学の常識だから何も変わる訳ないのだから、やっても無駄」ではなくて、まずそれをオーディオ用電源ケーブルで、ご自身で検証して公表してからがスタートでしょう。

    それこそあなたの言う“騙される側”を救うことになりませんか?また、その検証結果次第では”騙す側”のメーカーと直接対決も出来るかもしれませんよ。

    返信
  42. えるえむ

    >piyoさん

    >私が一番試験をしたい相手は”騙す側”のメーカーや評論家です。
    >しかし彼らはランディーさんの100万ドル試験を受ける資格があるのに
    >受けない臆病者なのでまずは”騙される側”つまり一信者から目を覚まさせようと
    >いうわけです。

    理性的な人間は合理的に行動します。外部から非合理的に行動しているように見える場合には,本人に何かしら表にでてこない意図があるからです。
    よく推理モノとかで,犯人が普段と違う行動をしていたことから犯人を突き止めたみたいなことですが。

    さて,piyoさんも自覚されているとおもいますけれども,だまされている側からなんとかするのは効率悪いとおもいますし,他の方も指摘されていますが,普通はまずだます側に何かしらアプローチするのが筋だと思います。

    確かに,メーカーにも問い合わせたけれども拒否されたので,やむを得ないというならよいですが,piyoさんは答える義務もない私に「逃げた」宣言をしてしまうちょっと気が早い方なので,現状piyoさんがメーカーを臆病者だとおっしゃっても,第三者的にはpiyoさんがメーカーにコンタクトをとらないいいわけをしているように見えても不思議ではありません。
    ランディー氏とpiyoさんの企画は別個独立しているのですから,piyoさんの企画なら受けてくれるかもしれませんし。

    きちんと手順を踏むにあたっては,住所・氏名等を明記して体裁を整えて申し込まなければなりませんから,piyoさん自身がそういうことを積極的にされないのは,何か躊躇される事情があるのかなと思えます。
    営業妨害だとして訴えられたら引き下がるしかないと思っておいでなのでしょうか。

    至る所でメーカーを臆病者と呼んでしまうあたりも,そそっかしいといいますか,これからメーカーにお願いする立場の人間なのに,気が早いとは思いますが,それがpiyoさんの個性なんでしょうね。


    >私の言う広義の詐欺師とは実際には効果がないものを効果があると偽って
    >販売する人のことです。
    >それを指摘することは名誉毀損以前に社会正義のためになっているので
    >問題ないと思います。
    >ドロボーをみて「ドロボー!」と叫ぶようなものです。

    主観的には効果がないという認識なのに,相手方には客観的に効果があると偽って信じさせて商品を売る行為は,普通の詐欺じゃないですかね。ならば,piyoさん的に狭義の詐欺師とはなんでしょうか。

    社会正義のためだと本人が信じていても,名誉毀損そのものは形式的には成立してしまいます。
    別の言い方をすると,名誉毀損というものは,まず本人が言った発言の内容が他人の名誉傷つけたかどうかを検討するもので,本人が社会的正義感にかられたとしても,名誉毀損の形式的成否「以前」にそれが検討されるというわけではありません。
    まぁ,細かいことを言い出すと難しくなってしまうので,なんとなくそんなものだと思っていただければ結構です。

    返信
  43. えるえむ

    まぁ,なんにせよ,同じことを堂々巡りでやり合っても仕方がないので,piyoさんはまずご自分のサイトの実施要項を改訂してください。
    私も質問の続きをしようにも,現状ではpiyoさんの公式見解がわからないので,できませんし,ここで指摘を受けた点を修正されてこそ,このBLOGにコメントされているpiyoさんが今回の実験を主催されているpiyoさんであることを示すことができるのです。

    否定派は非論理的だ,否定派はすぐ悪魔の証明を求める,否定派は困ると事実無根の中傷をする,否定派は耳が悪い,という類のご説明はもう何度も拝見しているので結構です。時間の無駄でしょう。

    私としては,piyoさんの実施要項が改訂されましたら,それに基づいて意見を述べ質問をしますが,それまではpiyoさんに特段何か申し上げるつもりはございません。

    よろしくお願い申し上げます。

    返信
  44. piyo

    >>4D53さん
    こんばんは。

    現代科学ではケーブルによる音の違いは人間に聞き分けられないことが
    明らかになっており、聞き分けられると主張するのであれば立証責任は
    肯定派にあります。
    立証しないのであれば耳が悪くて論理的思考能力に乏しく騙されていると
    みなされても仕方がないと思います。

    >要するに、逃げた逃げたと連呼すること自体が目的なのではないか、とね。

    よく私が逃げたがっているという方がいますが、私は心の底よりケーブルの
    聞き分けは不可能と確信していますので、なんとしても試験を実現したい
    立場にあります。
    私の試験を含めてケーブルを聞き分けた事例が世界に1件もないのは否定派が
    逃げているからなのでしょうか。

    >>Jeyさん
    ケーブルによる変化は理論的にとても小さく、また測定からも
    そのことは確かめられています。
    そして、その変化は人間の弁別閾(実際に実験して得られる聞き分けられる
    耳の限界) よりもはるかに小さいことが明らかになっています。
    そしてなによりも直接聞き比べて聞き分けられた例が古今東西世界中で
    ただの1件も存在しません。
    聞き分けられると主張する人たちは、実際に聞き分けているか試すとことごとく
    失敗してしまいます。

    ですから現在は否定派が聞き比べごっこをするようなステージにはなく、
    いかに効率よく肯定派が聞き分けられないことを実証していくかが大切だと
    考えています。

    >>えるえむさん
    >これからメーカーにお願いする立場の人間なのに,気が早いとは思いますが,

    前述のとおり、ケーブルに効果があると主張するのであれば立証責任は
    メーカーにあります。
    それに対して私は証明の方法を示し、機会を設け、さらには賞金まで
    用意しているのです。
    メーカーが証明しなければ詐欺だと糾弾されてもいたしかたありません。

    >否定派は非論理的だ,否定派はすぐ悪魔の証明を求める,否定派は困ると
    >事実無根の中傷をする,否定派は耳が悪い,という類のご説明はもう何度も
    >拝見しているので結構です。

    肯定派の間違いですよね?

    さて、ホームページのテストについての説明をいくらか追記しました。
    これでよろしいでしょうか?

    http://music.geocities.jp/piyo_audio/index.html

    返信
  45. えるえむ

    >piyoさん
    >それに対して私は証明の方法を示し、機会を設け、さらには賞金まで用意しているのです。
    >メーカーが証明しなければ詐欺だと糾弾されてもいたしかたありません。

    ネットの片隅で匿名で機会を設けたとおっしゃられても,たぶんpiyoさんの存在すら知らないメーカーが多いとおもいますよ。内容証明郵便等で挑戦状をお送りになってから,そういうことはおっしゃるべきだと思います。

    >肯定派の間違いですよね?

    おおっと。失礼いたしました。肯定派の誤りです。

    >さて、ホームページのテストについての説明をいくらか追記しました。
    >これでよろしいでしょうか?

    不十分です。数回リロードしましたが,どこが変わったのかよくわかりません。
    既に本エントリ内のコメントで改善すべきと指摘された点についてはきちんと明記をお願いいたします。そのうえで,変更点についてご説明ください。
    お手数をおかけいたしますが,よろしくお願い申し上げます。

    返信
  46. piyo

    >>えるえむさん
    >不十分です。数回リロードしましたが,どこが変わったのかよくわかりません。
    >既に本エントリ内のコメントで改善すべきと指摘された点についてはきちんと
    >明記をお願いいたします。そのうえで,変更点についてご説明ください。

    えるえむさんのご質問にはきちんと答えていますし、ホームページも更新した
    つもりです。

    お手数ですが、今一度、何を知りたくて、何を書いてほしいのか
    ご教示ください。

    返信
  47. えるえむ

    >piyoさん
    あと,立証責任と毎回おっしゃいますが,そもそもどういう意味で使われているのでしょうか。法律上の概念ですか?それとも道徳的な意味ですか?

    法律上の概念とおっしゃるならば,日本法においては,悪魔の証明となるかどうかで証明責任・立証責任が区分されているわけではないので,piyoさん独自の見解だと思うのですが…。

    もちろん,たとえば民事訴訟において,どこかのケーブルメーカーがpiyoさんを相手取って損害賠償請求等をするなら,細かいことはさておきメーカー側がケーブルの効能を主張・立証する必要がでてきそうですが,他方,piyoさんが詐欺でケーブル購入を取り消したいといった訴訟を提起された場合には,詐欺をされたことを主張・立証することになるのがオーソドックスな法律上の概念としての立証責任の理解だと思います。

    民事訴訟の場合,立証責任はそもそも真偽不明の場合にどちらが責任を負うかというかというものであって,疑う余地のない証明は不要とされます。
    言い換えると,原告・被告のどちらかの主張が,裁判官から51%確からしいという心証を得ればよいということになります。

    返信
  48. えるえむ

    >piyoさん
    このエントリ内のコメントでpiyoさんが返答された内容を再編集して書かれればよいだけですよ。
    色々ありましたよね。実験の趣旨とか,事故があった場合はすべて弁償するとか,100万円は先に振り込むとか,あとオルソン氏の文献の紹介とかケーブルによる変化量について書かれた文献の紹介とか…。

    不足があれば改めて指摘させていただきます。piyoさんのこれまでのコメントに対して私から疑問点を指摘させていただいてますし,その点について改めて説得的な説明を心がけてみてはいかがでしょうか。

    あと,第1回がなぜ失敗に終わったのか,私には不可解ですので,この点も是非。相手の氏名・住所・電話番号を知らずに待ち合わせされたのですか?あと,話題のセコムの領収書も是非拝見したいものです。
    なお,縮小処理をされるとExif情報が消えてしまいますので,無加工の画像を掲載していただければと思います。

    加えて,なぜ内容証明郵便等現実的な方法でメーカーにコンタクトをとらないままなのかについても,再度ご説明いただきたいですね。公的機関に訴えるのでもよいとおもいますよ。公正取引委員会や消費者センターもございます。
    また,以下はこちらのコメントでも構いませんが,「狭義の詐欺師」のpiyoさん的定義づけ(未回答)と,piyoさん的立証責任の意味内容についてもお願いします。

    よろしくお願い申し上げます。

    返信
  49. piyo

    >>えるえむさん
    >あと,立証責任と毎回おっしゃいますが,そもそもどういう意味で使われているのでしょうか。
    >法律上の概念ですか?それとも道徳的な意味ですか?

    科学の議論については一般にあることの存在を主張する側が証明する
    義務があるとされています。
    法的な義務ではありませんが、証明しない限り当然ですが、立証された
    事実とはみなされません。

    >このエントリ内のコメントでpiyoさんが返答された内容を再編集して
    >書かれればよいだけですよ。
    >色々ありましたよね。実験の趣旨とか,事故があった場合はすべて
    >弁償するとか,100万円は先に振り込むとか,

    よく読んでください。
    全て書いてありますよ。
    古いキャッシュが残っていたりしませんか?

    >あとオルソン氏の文献の紹介とかケーブルによる変化量について書かれた文献の紹介とか…。

    本試験は実証することが目的です。
    理屈を説明しても本に書かれたことをただ写すだけであり意味がないと
    思います。
    もう図書館には行かれたことでしょうか?
    調べればすぐにわかることですよ。

    >あと,第1回がなぜ失敗に終わったのか,私には不可解ですので,この点も是非。
    >相手の氏名・住所・電話番号を知らずに待ち合わせされたのですか?あと,話題の
    >セコムの領収書も是非拝見したいものです。

    第一回試験については以下の私のコメントを読んでください。
    私は十分な説明をしております。
    ちょっと見にくい過去ログなので見やすい形で過去ログをお持ちの方は
    アップロードいただけると助かります。

    http://mobile.seisyun.net/cgi/agate/gimpo/pav/1228915314/a

    >加えて,なぜ内容証明郵便等現実的な方法でメーカーにコンタクトをとらないままなのかについても,
    >再度ご説明いただきたいですね。

    前述のとおり、試験の実現可能性が低いと考えるからです。
    この先、メーカーに挑戦状を送ることは計画中です。

    >「狭義の詐欺師」のpiyoさん的定義づけ
    いわれてみればただの詐欺師でもよかったかもしれませんね。
    ケーブルについて音に効果があると騙るのは詐欺師です。

    返信
  50. ひで

    >現代科学ではケーブルによる音の違いは人間に聞き分けられないことが
    >明らかになっており、

    >ケーブルによる変化は理論的にとても小さく、また測定からも
    >そのことは確かめられています。
    >そして、その変化は人間の弁別閾(実際に実験して得られる聞き分けられる
    >耳の限界) よりもはるかに小さいことが明らかになっています。

    どのような研究結果によって上記のことが明らかになっているのかは
    存じませんが、事実であるのなら音質向上を謳ってケーブルを販売している
    メーカー各社を景品表示法違反の疑いで公正取引委員会へ通告すべき
    事例です。
    piyoさんに対してメーカーが取り合わなくとも、公正取引委員会より
    調査が行われ、警告もしくは排除命令が行われるでしょう。
    piyoさんが私財を投じて試験を実施するより、公的機関を通じて
    公正な調査が行われたほうが、誰もが納得する結果となると考えます。

    昨年2月には車の燃費向上グッズに排除命令が出され、19社の社名と
    商品名が公表されております。
    趣味の世界の品物とはいえ、効果が無いものを効果があると偽って
    高価で販売することは許されるべきではありません。

    piyoさんにはぜひとも公正取引委員会へ行動を起こされることを期待します。

    返信
  51. えるえむ

    >piyoさん

    >法的な義務ではありませんが、証明しない限り当然ですが、立証された事実とはみなされません。

    そうですよね。ですから,厳密には「証明されていない」というのが正しい言い回しで,証明されていない故に存在を前提にするのは学術的な意味合いにおいてはあってはならない,という表現になることでしょう。
    立証責任と連呼して,責任(義務)違反を問うような形で論を進めるのは誤りです。


    >よく読んでください。
    >全て書いてありますよ。
    >古いキャッシュが残っていたりしませんか?

    免責の項に責任の範囲が書いてあるとは思いませんでした(笑)。
    免責事項というのは責任を免れる項目について書くものです。
    実験の趣旨についての内容が不十分のようにおもいます。piyoさんの意図はこれまでのコメントで明らかですから,機会を提供してやってるんだ的なことも含めてきちんと書かれるべきでしょう。

    これまでの文書に書き足しただけなので,電源ケーブルですとおっしゃったりどのケーブルでもいいですとおっしゃったり,内容が混沌としていますね。
    開催を誠実に求めてらっしゃるのなら,読み手にわかりやすいように全面的に書き直されることを推奨します。


    >理屈を説明しても本に書かれたことをただ写すだけであり意味がないと思います。
    >もう図書館には行かれたことでしょうか?
    >調べればすぐにわかることですよ。

    私は理屈を説明してほしいといっているのではなく,piyoさんのサイトにて文献の紹介をしてほしいと申し上げているのです。誰某の何某という文献の存在です。ケーブルでどの程度変化が起こるのかについて書かれた本はあいにくまだpiyoさんから紹介されておりません。何でも載っているのかもしれませんが,私はその分野を学術的に勉強したことがないので,面倒くさがらずにご紹介ください。
    なお,オルソンの本は他の市町村の書庫に入っているようなので,取り寄せに少し時間がかかりそうです。

    もちろん,piyoさんは既に文献をお持ちなのでしょうから,それを引用して紹介されると大変親切でよいでしょう。いくばくかは実験を成功させたいというpiyoさんのご意志がこちらにも伝わってくるというものです。
    そもそも,承諾するか検討している人間に,資料は自分で集めろというのは大変不親切な態度であることは自覚された方がよいでしょう。


    >第一回試験については以下の私のコメントを読んでください。
    >私は十分な説明をしております。

    2chのログであること自体が不十分です。
    前にも申し上げましたが,piyoさんの申し込みを承諾するかどうかを判断するのは私なのです。私が十分説明を受けたと思うかどうかが問題であって,piyoさんが十分説明したと思っているかどうかは問題ではありません。

    私は第2回試験を申し込まれた人間として,第1回試験の詳細について回答をお願いしているのです。piyoさんは前回どの程度事前に打ち合わせをしたのですか?画像も出せない,領収書も出せない,では実際開催されたのかも疑わしいではありませんか。
    piyoさんの信用度を上げるチャンスなのに,それをみすみす逃すというのは非合理的ですよ。

    再度お願いします。疑問文にしてみましたので,答えやすいでしょう。コメント欄にてご回答ください。
    1回目について,どの程度事前に打ち合わせされていたのですか?
    当事者同士,氏名住所連絡先等交換していたのですか?
    なぜ駅などで何時間も待ちぼうけだったのですか?
    セコムには本当に立ち会ってもらったのですか?
    画像の元データが提供できないのはなぜですか?
    セコムの領収書が存在しないのはなぜですか?

    第2回というからには,第1回の反省が生かされていなければなりません。そのための質問とご理解ください。

    そもそも,piyoさんの方法で実際にうまくいくのかすらわからない状況であることをご自覚ください。
    halptribeさんもご指摘されていますが,検証を実施できる能力を有することを示すための予行演習はされないのですか?


    ひでさんもおっしゃっていますが,公正取引委員会や消費者センターに問い合わせをされないのはなぜですか?piyoさんよりずっと信用力があるとおもいますが。


    >ケーブルについて音に効果があると騙るのは詐欺師です。

    詐欺というのは相手に何かしら財産的損害が無ければ成立しないので,音に効果があると語るだけだと詐欺師にはなりませんよ。せいぜい「嘘つき」でしょうか。

    返信
  52. 4D53

    piyoさん

    >現代科学ではケーブルによる音の違いは人間に聞き分けられないことが明らかになっており、聞き分けられると主張するのであれば立証責任は肯定派にあります。

    どこかの学会で「ケーブルによる音の変化を人間が聞き取れるか」と言うテーマで研究発表が行われ、それに関して追試検証が十分な数行われて定説が形成されたと言う話を知りませんね。単発的な研究・実験だけではひとつの研究例にしかなりませんよ。否定肯定どちらにも確定してないと言うか、そもそもろくに研究されてないのが現状だと思いますが。

    まぁ、立証責任を追及するならば、否定派に対して強引に説得を試みる人か、学術的に変化が実証されていると主張する人に限定してくださいね。

    >よく私が逃げたがっているという方がいますが、私は心の底よりケーブルの聞き分けは不可能と確信していますので、なんとしても試験を実現したい立場にあります。

    貴方が心の底よりケーブル聴き分けが不可能と確信している事の証明は不可能なので、何としても試験を実現したい立場にあると言う主張は必ずしも信用できません。実際の行動からはイベント成功への意欲か能力のどちらかが欠けていると見做さざるを得ないと指摘しているのです。あと、何かの主張の根拠に自分の心情を挙げると言うのは、科学科学と連呼する人間がする事とは思えません。

    >私の試験を含めてケーブルを聞き分けた事例が世界に1件もないのは否定派が逃げているからなのでしょうか。

    わざわざ厳密な試験で証明すべきと考える奇特な方が珍しいからではないでしょうか。研究対象として学術的な定説が形成されるに至るまで研究するほどの魅力は無いと思います。肯定派にはメリットが薄く、否定派には悪魔の証明になってしまうので放置されているだけでしょう。肯定派が個人レベルで試した事例ならありそうな気がしますが、他者に提示するだけの信頼性を確保するのは大変ですから非公開前提になるでしょうね。自分自身がインチキなしに聴き分けた確信さえ得られればケーブル購入の判断には十分ですし。

    私が疑っているのは、貴方の目的が肯定派は逃げたと叫び回る事そのものに在るのではないかと言う事です。そう考えずに貴方の言動を理解しようとすると、失礼ながら貴方の人格や能力の方に疑いを向ける事になってしまうのでギリギリ自重してそう考えることにしているのですよ。

    イベントを何としても実現したいと言いつつ、お前らは詐欺師だとか全力で逃げなくてもいいではありませんかとか言ってる時点でストレートな理解は不可能です。イベント実現重視なら物言いを考え直しましょう。詐欺師糾弾重視なら公権力に相談しましょう。二兎を追ってはいけません。現状の貴方の言動は、社会的常識から見て貴方の個性として許される一線を踏み越えていると思います。

    返信
  53. えるえむ

    それにしても,今回の皆さんのご発言には大変感謝しております。
    私なんぞは,正面から論陣を張るくらいが関の山でお恥ずかしいところですが,このエントリにコメントいただいている方は皆さん大変鋭くかつお優しいと感服しております。
    今回は個別にレスをさしあげてはおりませんが,皆様の的確なご発言と紳士的な態度に改めて御礼申し上げます。

    結局,私が求めていることも,4D53さんがおっしゃった疑問を解消する趣旨です。
    piyoさんが真にインチキケーブルを糾弾する気があるなら,迂遠な方法をせずに,まずメーカー,次に公的機関,最後にユーザーという形で問題提起をするのが自然です。
    また,piyoさんが真に実験成功を望んでいるのであれば,協力をお願いする被験者に横柄な態度はとらないであろうし,被験者が抱くであろう疑問点には被験者が納得するまで丁寧に説明するだろうし,事前に予行演習もするのが自然です。

    そういった自然な流れにpiyoさんの発言や行動が反しているから,余計に相手に不信感が募って,成功するものもしないし,開催されるものもされないのです。
    piyoさんの行動や発言は,piyoさんが合理的思考の持ち主であるとすると,本当はやる気ないんじゃ?という疑念を抱かれる程度には不自然ですね。

    piyoさん,いったんご自分の態度や発言,イベントの実現可能性を再考するため,申し込みを撤回されてみてはいかがですか?
    撤回するおつもりがないのであれば,私や皆さんからの質問には全て誠実に(親切だと私が思う程度に気を利かせて)ご回答ください。

    返信
  54. piyo

    >>ひでさん
    応援ありがとうございます。
    オーディオの世界から、オカルト・詐欺を排除する方法はいろいろあると思いますが、
    公正取引委員会の介入はいつおきてもおかしくない状態だと思います。

    >>えるえむさん
    >立証責任と連呼して,責任(義務)違反を問うような形で論を進めるのは誤りです。

    効果があると謳って販売をするのであればそれが事実であることを示すのが
    当然だと思います。

    >これまでの文書に書き足しただけなので,電源ケーブルですとおっしゃったりどの
    >ケーブルでもいいですとおっしゃったり,内容が混沌としていますね。
    >開催を誠実に求めてらっしゃるのなら,読み手にわかりやすいように全面的に
    >書き直されることを推奨します。

    試験方法の記述に関して大きな不備があるとも思えませんが、読みにくいようでしたら
    改善していきます。

    >私は理屈を説明してほしいといっているのではなく,piyoさんのサイトにて文献の紹介を
    >してほしいと申し上げているのです。誰某の何某という文献の存在です。ケーブルでどの
    >程度変化が起こるのかについて書かれた本はあいにくまだpiyoさんから紹介されておりません。
    >何でも載っているのかもしれませんが,私はその分野を学術的に勉強したことがないので,
    >面倒くさがらずにご紹介ください。

    そうですね、強いて言うなら高校の物理の教科書がお勧めです。

    ・オルソン本を読むと以下のことがわかります。
    人間の耳の能力については繰り返し詳細に調べられており、位相特性やひずみ率には
    それほど敏感ではないのですが、振幅特性には敏感で弁別閾はおよそ0.5dBである。

    ・高校の物理の教科書を読むと以下のことがわかります。
    電源ケーブルにおいてキャパシタンスやインダクタンスはとても小さい。
    細長いケーブルだとレジスタンスが大きくなるが、屋内配線の先っぽに数mの
    ケーブルをつけただけで0.5dBもの電圧降下は発生しない。

    以上より電源ケーブルによる変化が聞き分けられないと示せます。

    >そもそも,承諾するか検討している人間に,資料は自分で集めろというのは
    >大変不親切な態度であることは自覚された方がよいでしょう。

    あまりに常識的なことと考えていたもので配慮が足りませんでした。

    >2chのログであること自体が不十分です。
    >前にも申し上げましたが,piyoさんの申し込みを承諾するかどうかを判断するのは私なのです。
    >私が十分説明を受けたと思うかどうかが問題であって,piyoさんが十分説明したと思っているか
    >どうかは問題ではありません。

    >私は第2回試験を申し込まれた人間として,第1回試験の詳細について回答をお願いしているのです。
    >piyoさんは前回どの程度事前に打ち合わせをしたのですか?画像も出せない,領収書も出せない,
    >では実際開催されたのかも疑わしいではありませんか。
    >piyoさんの信用度を上げるチャンスなのに,それをみすみす逃すというのは非合理的ですよ。

    せっかく提示しているのですからきちんと読んでくださいよ。
    私は事実を書いています。
    えるえむさんの判断能力で私が逃げたと考えるのでしたら残念というだけです。

    >当事者同士,氏名住所連絡先等交換していたのですか?

    私の住所、氏名、電話番号は相手方に伝えましたが相手方の個人情報は
    聞いていません。
    今のえるえむさんと私の関係と同様です。

    >なぜ駅などで何時間も待ちぼうけだったのですか?

    相手が現れなかったからです。

    >セコムには本当に立ち会ってもらったのですか?

    立会いではなく、緊急時に連絡したら駆けつけるという内容です。

    >画像の元データが提供できないのはなぜですか?

    提示しているのでスレッドを読んでください。

    >セコムの領収書が存在しないのはなぜですか?

    存在しないのではなく必要がないので提示していないのです。
    もっとも、現在、手元に残っているのはメールでのやり取りぐらいです。

    >halptribeさんもご指摘されていますが,検証を実施できる能力を有することを
    >示すための予行演習はされないのですか?

    していません。
    事前に十分な打ち合わせをすれば試験の遂行は困難ではないと考えています。
    それよりも具体的な問題点があればそれを話し合っていくことが前向きでしょう。

    >ひでさんもおっしゃっていますが,公正取引委員会や消費者センターに問い合わせを
    >されないのはなぜですか?piyoさんよりずっと信用力があるとおもいますが。

    私の自由で選んだことです。
    今後はそれらの方法も検討します。

    >詐欺というのは相手に何かしら財産的損害が無ければ成立しないので,音に効果があると
    >語るだけだと詐欺師にはなりませんよ。せいぜい「嘘つき」でしょうか。

    効果があると事実と異なる説明をして、その効果を理由にただのケーブルを不当に高額で
    販売したのですから詐欺だと思います。

    >>4D53さん
    ケーブルの世界には現代科学では説明がついていない未知の現象が詰まっていると
    考えるのはとても夢のある話ですが、世界で誰一人聞き分けに成功していないという
    事実が全てを物語っていると思います。

    >私が疑っているのは、貴方の目的が肯定派は逃げたと叫び回る事そのものに
    >在るのではないかと言う事です。

    相手に逃げられるよりも試験をしっかり行って聞き分けられないことを示した方が
    私はうれしいですよ。
    絶対の自信があるのに試験という証明の機会を私がわざわざ捨てるなんてナンセンスな
    想像としかいいようがありません。

    返信
  55. えるえむ


    >効果があると謳って販売をするのであればそれが事実であることを示すのが
    >当然だと思います。

    まぁ,販売する以上は購入者との間で財産の移動があるので,メーカー的にはそのほうが誠実でしょうね。私もメーカーは技術的研鑽を積んでユーザーにきちんと説明するべきだと思います。


    オルソン本と高校の教科書ですね。教科書は書店でざっと見てきましょう。
    ただ,教科書といっても多種多様ですので,どこの出版社のどの教科書のどの項目を見ればよいのかはご指示下さい。


    >あまりに常識的なことと考えていたもので配慮が足りませんでした。

    常識というのは難しいですからね。私はなるべく可能な限りどなたにでもわかるような文章を心がけるようにしています。


    >せっかく提示しているのですからきちんと読んでくださいよ。
    >私は事実を書いています。
    >えるえむさんの判断能力で私が逃げたと考えるのでしたら残念というだけです。

    ざっと拝見しましたが,あまりにログが読みにくくてちょっと時間がかかりそうです。

    普通,論文等では参考文献を掲げる際にページ番号も併記しますよね。これはどこの文章をどのように読んだかで誤解がないようにするためです。
    該当する発言が掲載されているURIくらいは個別に教えていただけませんか。書いてある書いてないで揉めるのは私の本意ではありませんし,示していただければ,後は私の方で読みますので。

    ざっとみた限りでは,piyoさんから時系列的なやりとりの説明が一方的になされただけで,それについて他の方から疑問が呈されているように拝見しました。

    そもそも,事実を書いているかどうかは事実の存在を証明したいpiyoさんが立証されるべきことですから,私の方から積極的に情報を収集する責任はありません。本来私が見る必要があるのはpiyoさんのサイトくらいなものです。
    私としては本当はあまり証明証明と言いたくはないのですが,piyoさん自身が証明にこだわってらっしゃるので…。

    なお,書いたことを信じろというのは無理な要求です。そもそも私がpiyoさんを信用していないことはあらかじめお断りしているわけですから,客観的に証明可能な方法で説明されるようお願いいたします。

    現状では証明にたると思われる資料がないので,真偽不明,故に第1回目が行われていたという事実はないという前提で判断させていただくことになりそうです。


    >>画像の元データが提供できないのはなぜですか?

    >提示しているのでスレッドを読んでください。

    上記の理由と同様,どこのURIに記載されているのかご指摘ください。


    >存在しないのではなく必要がないので提示していないのです。
    >もっとも、現在、手元に残っているのはメールでのやり取りぐらいです。

    セコムからの領収書なり契約書なりが存在するのであれば,少なくとも準備したという第三者からの証明になりますから,私は拝見したかったですね。
    存在を証明する必要がないというご判断はpiyoさんのご判断ですから,尊重いたしますが,この場合やはり真偽不明ということになりますので,私としては存在しないという前提で判断させていただくことにいたします。


    >私の自由で選んだことです。
    >今後はそれらの方法も検討します。

    わかりました。私としてはどのような流れで実際に実験を行うのか,録画したものをどのように利用するのか,といったことも含めて確認させていただき,検討の資料にしたかったのですが,これもpiyoさんのご判断ということで承りました。


    >効果があると事実と異なる説明をして、その効果を理由にただのケーブルを不当に高額で販売したのですから詐欺だと思います。

    piyoさん自身の定義づけとして,ケーブルを「販売」したら詐欺師というのはわかりました。
    しかし,大多数のユーザーさんは,買ってみてどう自分が感じたかということをただ感想として述べているだけで,当該ケーブルを販売する立場にはないわけですから,piyoさんの定義からしても,少なくとも自らケーブルを販売している者でないかぎりは,詐欺師には該当しないでしょう。私が指摘したように,せいぜい「嘘つき」レベルです。


    piyoさん,実験を成功させたいのであれば,私や皆さんからの要望には最大限応えていただく他ありません。

    返信
  56. えるえむ

    >piyoさん
    オーディオ仲間の方から,教科書は書店には並ばず,指導要領の改訂のほか,約4年に1度内容が改定されるため,何年に発行されたものかがわからないとまったく内容が異なる可能性があるとご指摘を受けました。

    ですので,正確に何年度のどこの出版社の何という教科書でどの部分に記述があるのかご指示ください。
    なお,提示された教科書の発行年度が2度以上前の版だった場合,各都道府県の教科書販売会社にも在庫はまずないそうですので,その場合には他の書籍を挙げていただけますでしょうか。

    取り急ぎ。

    返信
  57. piyo

    >まぁ,販売する以上は購入者との間で財産の移動があるので,メーカー的にはそのほうが誠実でしょうね。
    >私もメーカーは技術的研鑽を積んでユーザーにきちんと説明するべきだと思います。

    えるえむさんも特別な効果があると謳ってケーブルを販売されてますよね。
    実際にはそのような効果は全くないとしたら詐欺だと思います。
    そして理屈の上ではそのような効果はないと考えられますし、現に世界中で
    誰一人として聞き分けに成功していないという事実があるのです。

    >オルソン本と高校の教科書ですね。教科書は書店でざっと見てきましょう。
    >ただ,教科書といっても多種多様ですので,どこの出版社のどの教科書の
    >どの項目を見ればよいのかはご指示下さい。

    私はえるえむさんのお母さんではありません。
    電源ケーブルのインピーダンスによる電圧降下について興味があるのなら
    少しは自分で調べるなどの最低限の努力をされてはいかがでしょうか。

    >普通,論文等では参考文献を掲げる際にページ番号も併記しますよね。これは
    >どこの文章をどのように読んだかで誤解がないようにするためです。
    >該当する発言が掲載されているURIくらいは個別に教えていただけませんか。
    >書いてある書いてないで揉めるのは私の本意ではありませんし,示していただければ,
    >後は私の方で読みますので。

    >なお,書いたことを信じろというのは無理な要求です。そもそも私がpiyoさんを
    >信用していないことはあらかじめお断りしているわけですから,客観的に証明可能な
    >方法で説明されるようお願いいたします。

    全部読んでください。
    私には理解に苦しむところですが、えるえむさんが私と私の試験について勝手な疑いを
    持っているのです。
    疑問に思うのであれば調べる努力をしてください。

    >piyoさん自身の定義づけとして,ケーブルを「販売」したら詐欺師というのはわかりました。
    >しかし,大多数のユーザーさんは,買ってみてどう自分が感じたかということをただ感想と
    >して述べているだけで,当該ケーブルを販売する立場にはないわけですから,piyoさんの
    >定義からしても,少なくとも自らケーブルを販売している者でないかぎりは,詐欺師には
    >該当しないでしょう。私が指摘したように,せいぜい「嘘つき」レベルです。

    特別な効果のないケーブルを特別な効果があると根拠もなく謳って販売したら
    詐欺だと思います。

    ケーブルを販売せずに主観的な感想をいうだけであればかまいませんが、現に
    えるえむさんもホームページのトップでケーブルを販売していますし、取引をするからには
    商品の説明は事実である必要があると思います。
    個人がケーブルを売る場合は、購入の原動力となる効果について事実と
    異なる説明をしてもかまわないのでしょうか。

    返信
  58. えるえむ

    >piyoさん
    私にとっての最低限の努力というのは,このエントリとpiyoさんの実施要項を読むことなんですよ。
    最低限かも怪しいですね。かなり努力しているともいえるでしょう。逃げるなとか書かれてマルチポストですからね。もともと門前払いでもおかしくはないのですよ?

    私はpiyoさんにお願いされて申し込みを承諾するか検討する立場なのですから,piyoさんはお願いする立場の人間として相応のことをされるべきでしょう。
    piyoさんが不十分な資料しか用意ができないなら私としては判断できない,それだけの話です。

    piyoさん流にいえば,悪魔の証明はする必要がないのですから,piyoさんの主張とイベント内容に関する疑問について,私は何も証明する必要がないのです。
    オルソン本における記述箇所,教科書における記述箇所,piyoさんの信用力やイベント実行力の存在を証明できるpiyoさんがすべきです。
    piyoさんが証明されないのなら,無いものとして扱う,それだけです。

    HNのみの匿名でネットでこういった活動をすることの難しさを考えて,企画を再検討されてみてはいかがでしょうか。


    あれ,おかしいですね。ケーブルの主観的な感想を述べるだけならよいということになると,これまでケーブルで音がかわると述べるユーザーは詐欺師の片棒を担いでいるとおっしゃっていたことと矛盾しますね。
    まぁ,何はともあれ,少なくとも使っていたケーブルを譲渡する等サイトで告知されたりしていないユーザーさんを詐欺師扱いされるのはおやめになったようで何よりです。
    今後も善良なユーザーさんを詐欺師扱いされるのは控えていただきたいですね。

    なお,私はケーブルによる変化は客観的事実であるという前提で効能を宣伝し譲渡先を募集しているわけではありませんよ。
    たぶん私に申し込むにあたって,piyoさんは拙サイトをきちんと読まれていないから,こういう主張を繰り返されるのだろうと思いますけれども。

    piyoさんが,私も資料のありかを示された以上努力すべきだという立場を貫かれるのでしたらそれでも構いません。しかし,その場合には,私もpiyoさんに拙サイトのページはすべて読みましょうと申し上げるまでです。

    返信
  59. piyo

    >>えるえむさん
    >私にとっての最低限の努力というのは,このエントリとpiyoさんの実施要項を
    >読むことなんですよ。

    私から見ればそれしか読んでいないのに試験に対して根拠のない難癖を付けている
    ように思えてなりません。
    根拠としてURLを提示したり、本を紹介してもまじめにそれらを調べようと
    しているようにはみえません。

    >piyoさん流にいえば,悪魔の証明はする必要がないのですから,piyoさんの
    >主張とイベント内容に関する疑問について,私は何も証明する必要がないのです。

    質問に対して回答してもそれを読もうとしないのはえるえむさんではありませんか。

    >なお,私はケーブルによる変化は客観的事実であるという前提で効能を宣伝し
    >譲渡先を募集しているわけではありませんよ。
    >たぶん私に申し込むにあたって,piyoさんは拙サイトをきちんと読まれていないから,
    >こういう主張を繰り返されるのだろうと思いますけれども。

    現に下記のように、「音質的には製品版より若干暖色系となっています。」と
    ケーブルで音が変わる効果があると謳って販売しているではありませんか。

    私はえるえむさんのサイトを読む努力をして問題点を提示しました。

    ▼StealthAudioCables Indra XLR(β) 1mペア
    ○希望価格:300,000円(値下げしました)
    ○定価(製品版):975,000円
    ○β版(Stealthのケーブルでみられるテスター向けバージョン)ですが本品は製品版直前のバージョンのようです。プラグがノイトリックの無メッキプラグになっています。
    ○中古品ですので,多少熱収縮チューブのかすれはございますが,全体的には美品に属すると思います。
    ○β版につき,付属品はございません。シリアルナンバーはございますので,Stealth本社のサポートが受けられます。
    ○音質的には製品版より若干暖色系となっています。その他の音質評価についてはこちらをご参照ください。製品版のクールさが気になる方はこちらのほうがよい結果となると思います。個人的な感触としては,それ以外の点で製品版との性能差はほとんどないと思います。
    ○送料は当方で負担いたします。

     ご関心のある方は,お問い合わせよりご連絡ください。

    返信
  60. えるえむ

    >piyoさん
    前にも申し上げましたけれども,私はpiyoさんの当初の拙サイトでの行いからして,あなたを全く信用していないのです。
    なので,普通にこれまでオーディオ仲間として仲良くしていただいていた方が主催するイベントなら不問にするようなことも,改めてお伺いしているわけです。

    高校の教科書でとおっしゃったのはpiyoさんですが,まさか高校の教科書を確認せずにおっしゃったわけではないですよね?
    別に変更されるなら変更されるで構いませんよ。違う文献をご紹介ください。

    回答内容が了解できたものは了解したと申し上げていますよ。
    ご自分の発言を記録したものなのでしょう?piyoさんが該当する発言をピックアップされたほうが誤解が無くてよいですよ。あとからその発言は違うとかいう話になると面倒なので,正確を期すためにご指示くださいと申し上げている次第です。

    私のこうした姿勢がpiyoさんの信条とあわないようであれば,致し方ないことですので,piyoさんの申し込みの撤回もお受けします。いつでもおっしゃってくださいね。

    >現に下記のように、「音質的には製品版より若干暖色系となっています。」と
    >ケーブルで音が変わる効果があると謳って販売しているではありませんか。

    私は以前比較したときにそう感じたのですが,他の方がどう感じるのかはわかりませんね。客観的な効果があることを保証する趣旨ではありませんので。これも既にサイト内で説明済みのことなんですけれども。

    まぁ,きっと該当ページは読まれていないのだろうなぁと残念に思っております。

    返信
  61. 全裸改め半裸待機

    えるえむさん、piyoさん、お初にお目にかかります。
    私は全裸改め半裸待機と申します。

    piyoさんとえるえむさん、そのほかの方々のやり取りを
    拝見させていただきpiyoさんに対する疑問点が2つほど浮かびましたので
    お答えいただけないでしょうか?


    >えるえむさんも特別な効果があると謳ってケーブルを販売されてますよね。

    >特別な効果があると根拠もなく謳って販売したら詐欺だと思います。

    piyoさんは何度か同様の内容の発言をなさっています。
    確かにStealthAudioCables Indra XLR(β) 1mペアというケーブルが
    トップページにて販売されていて、
    それによって音質が傾向が変わるというような説明が記載されていますが、
    同時に飽くまで主観上の変化であり客観的変化を保証するものでないことも
    関連ページにて明記されております。

    詐欺師と名指しされ不特定多数の方が閲覧できる場で罵られることは、、
    それが事実であれ、冤罪であれ、大変不名誉で屈辱的なことで
    事と次第によっては穏便には済まないでしょう。
    このブログにて販売されているケーブルのブログの上の説明を読み、
    意味を正しく理解した上で、詐欺だとおっしゃっているのか、
    是非お答えいただきたいです。
    私には、piyoさんがえるえむさんのブログをあまりよく読んでいないか、
    文章を理解していないか、
    何らかの都合で見なかったことにしているようにしか見えません。


    >私には理解に苦しむところですが、えるえむさんが私と私の試験について勝手な疑いを
    持っているのです。

    私から見てもpiyoさんは非常に不可解な人物に見えます。
    piyoさんは、参考文献の詳細提示を拒むなど、幾度か持論の裏づけと
    イベント成功のためのわずかな手間を惜しむということをなさってきました。
    そのように手間や丁寧さを軽んじる行動にあわせて、
    えるえむさんを突然詐欺師と呼ぶなど
    やや慎重さに欠けるところが見受けられます。
    そのような人物がアカデミックな実験を伴うイベント開催できる保証など全くない
    という印象が私の正直な見方ですし、良識をもつ一般人の方が見ても
    大方似たような印象でしょう。
    ご自分の言動がそのような印象を人に与える可能性があるという自覚は
    お持ちですかか?

    質問は以上となります。
    piyoさん、どうかお答えください。

    返信
  62. ゆうぱっく

    piyoさんへ

    ――――–http://music.geocities.jp/piyo_audio/index.htmlより引用開始――――–
    >音響工学の世界ではこれらの機材で起こる変化は人間の耳の弁別閾(聞き分けられる限界)よりもはるかに小さく聞き分けられないとされているようです
    ――――–引用終了――――–

    あなたは上記の様に断言されていますよね。
    えるえむさんはあなたのお母さんではないですよ。

    piyoさんが持論を主張するのであれば、それはどの文献のどのページに裏づけが記載されているのか、報告するのはpiyoさんあなたの義務でしょう。

    裏付けは無いが俺が正しい!
    お前は詐欺師で間違ってる、俺が正しい理由はてめえが調べろ!っておかしいですよね。

    piyoさんの持論の裏づけとなる文献とページを即刻示してください。

    返信
  63. Jey

    >piyoさん
    皆さんが何を読んでない、理解していないと言ってるか分かりにくいですか?
    今のままだと、あなたが具体的に文献や資料を示せないのと同じになってしまいますから、失礼ですよね。
    まずはこちらをお読みになられた方がよろしいと思いますよ。
    http://www.spatiality.jp/modules/about/
    「このサイトの基本理念」「リンク条件・利用条件・著作権について」

    返信
  64. 通りすがり

    相手に面倒や手間を掛けさせないようにするのは常識だと思いますが、piyoと言う方は人に物を頼む態度を知らないようですね。
    自分の発言にすらはっきりとした根拠が出せないような人に何が出来ると言うのでしょうか。

    返信
  65. えるえむ

    >piyoさん
    皆さんからの疑問についても,きちんとご対応くださいね。

    大前提なのでここまで説明するのは逆に失礼かもしれませんが,申し込みをするにあたって,相手が公開しているものはきちんと事前に調べること,これは当たり前のことであって,努力とは言いませんよ。

    『このサイトの基本理念』,『リンク条件・利用条件・著作権について』(以下,「該当ページ」という)を熟読されれば,piyoさんが参加条件として掲げてらっしゃる「ケーブルによる変化が人間に聞き分けられると考えていて、自分自身聞き分けられる自信があること」という条件を私が満たさないことは明らかなはずです。

    ちなみに,該当ページについては,初めていらした方は一読されるようトップページで告知しております。

    この点にこれまで全く言及してこなかったpiyoさんは,やはり該当ページをご覧になっていなかったのか,あえて無視されていたのかのどちらかでしょう。

    このように,主催者たるべき人間が手間を惜しんでいることが伝わってくるから,私はpiyoさんのイベント開催能力にも疑問を持っているわけです。

    とりあえず,(1)該当ページをご覧になってから私に申し込まれたのか,(2)該当ページの記述をどのように読解して私がケーブルで音が変わるのは客観的事実だと述べていると理解したのか,についてご説明いただきたいと思います。

    返信
  66. piyo

    >それが事実であれ、冤罪であれ、大変不名誉で屈辱的なことで
    >事と次第によっては穏便には済まないでしょう。

    私の指摘により騙される人が少しでも減るのであればとても有意義な
    ことだと思います。

    >そのような人物がアカデミックな実験を伴うイベント開催できる保証など全くない
    >という印象が私の正直な見方ですし、良識をもつ一般人の方が見ても
    >大方似たような印象でしょう。
    >ご自分の言動がそのような印象を人に与える可能性があるという自覚は
    >お持ちですかか?

    試験は正しい方法で行えば正しい出力が得られます。
    私を信用できないというのであれば、具体的に試験方法の不備を指摘するのが
    前向きな検討だと思います。

    もっとも私自身が異常者だと考えていてそもそも会いたくないというのであれば
    私からはもはやアプローチすることは意味がないのでそこで終わりにします。

    >>ゆうぱっくさん
    文献はすでに提示しました。
    あとはえるえむさんが読めばすむことです。

    >>Jeyさん
    そのページは読んでいますが、販売のページからはリンクが貼られていなく、
    嘘、大げさ、紛らわしい、非常に問題のある販売方法だと思います。
    こうも悪質だと詐欺といわれても仕方がないのではないでしょうか。

    >『このサイトの基本理念』,『リンク条件・利用条件・著作権について』
    >(以下,「該当ページ」という)を熟読されれば,piyoさんが参加条件として
    >掲げてらっしゃる「ケーブルによる変化が人間に聞き分けられると考えていて、
    >自分自身聞き分けられる自信があること」という条件を私が満たさないことは
    >明らかなはずです。

    使用機器の説明やブログでの照会を読む限り、えるえむさんは「ケーブルによる変化が
    人間に聞き分けられると考えていて、>自分自身聞き分けられる自信があること」に
    該当するものと考えておりましたが、えるえむさんはケーブルによる変化が人間に
    聞き分けられると考えていないのに高額なオカルトケーブルを売買しているのですか?

    >,(1)該当ページをご覧になってから私に申し込まれたのか,

    読みましたが、えるえむさんご自身はオカルトケーブルに効果があると信じた上で
    情報発信や販売をされているものを思いましたので、試験に挑戦する資格は
    十分にあり、これ以上効果のないオカルトケーブルの被害者を増やさないためにも
    ぜひ試験を行うべきだと考えました。

    >,(2)該当ページの記述をどのように読解して私がケーブルで音が変わるのは
    >客観的事実だと述べていると理解したのか,

    断り書きはあるものの、上述のようにえるえむさんの機器紹介やブログの内容からは
    えるえむさん自身がオカルトケーブルを信仰しているように考えました。

    返信
  67. Jey

    >piyoさん

    >そのページは読んでいますが、販売のページからはリンクが貼られていなく、

    販売ページからのリンクがない?
    何をおっしゃられているのでしょうか?
    全ての表示ページの上部に「about」はありませんか?
    読むにしても、コメント等書き込むにしても、
    買うにしても、売るにしても、アクセスできるようになっていますし、
    えるえむ氏のサイトを利用する際には
    最初に知っておくべきルールや情報が書かれているページですよ。

    あなたはそのルールも守らずご自身の掲示板では
    >大人の余裕で紳士的に楽しみましょう。
    >みんながルールを守ればこのままでも問題ないはずです。
    とおっしゃられていますね。

    あなたにとって紳士的とはどのような行動・態度なのでしょうか?

    >嘘、大げさ、紛らわしい、非常に問題のある販売方法だと思います。
    >こうも悪質だと詐欺といわれても仕方がないのではないでしょうか。

    えるえむ氏のブログが
    メーカー、代理店、販売店、オークション等による個人売買、
    個人ブログ等による製品紹介などなどと比較して
    より上記のように思われる点を具体的に教えていただけますか?

    あなたの今回のコメントでも
    人格批判と取れる発言があるようですが
    このサイトではそのような行為は「してはならない」と書かれていませんか?

    本当に読んで理解されてるんですか?

    また、あなたの「2009/04/24 @ 00:50:54」のコメントは
    「自分の作った文章が主体となるようにしてください」という
    えるえむ氏の著作権についての記述にも反しております。

    本当にこの時点で読んで理解されていましたか?

    読んで、理解されていたにも関わらず
    「大人の余裕で紳士的に」ルールを無視されるのはいかがなものかと思います。

    あなたの発言の方が「嘘、大げさ、紛らわしい、非常に問題のある」発言に思えますよ。

    返信
  68. えるえむ

    >piyoさん
    Indraの譲渡告知エントリにおいても,音質評価の詳細をクリックするとシステム紹介ページに移動します。
    そこには冒頭に「音質傾向等については,全て私の主観に基づくものですので,効能の一切を保証するものではありません。」と記述をしてあります。

    いちいち全てのページに音質は主観で云々と書いていてはきりがありませんので,冒頭で理念についてご説明するページを紹介し,かつシステム紹介ページでも改めて注意を促しているわけです。
    少なくともpiyoさんのサイトよりは遙かに充実して親切丁寧でしょう。


    >えるえむさんご自身はオカルトケーブルに効果があると信じた上で
    >情報発信や販売をされているものを思いました

    信じるとか信じないとかは音質を(主観的に)コントロールするにあたって不要なので,興味がないのです。脳が音をそう認識した,それが端緒です。


    >断り書きはあるものの、上述のようにえるえむさんの機器紹介やブログの内容からはえるえむさん自身がオカルトケーブルを信仰しているように考えました。

    言語で書いてありますからどのように解釈される可能性もありますが,何にせよ,ケーブルによる変化は事実であると主張することとケーブルの変化を信じることは全く違う行為ですよ。
    piyoさんがおっしゃるように,私が仮に「信じて」いるのだとしても,それではケーブルによる変化は事実であると主張しているわけではありませんから,piyoさん自身で掲げられた条件を満たさないことになります。

    私が相手にとってふさわしいとおもったから挑戦したんだ,では,piyoさんの実施要項全てについて本当はどのように考えていらっしゃるのか疑問になってしまいます。
    このような発言は,主催者であるにもかかわらず,自ら条件として掲げたものを「解釈」の名の下にねじ曲げて,都合のよい相手を選びつつ,都合の悪そうな相手は避けるという手法を採られているようにも思えます。

    まぁ,これまでのpiyoさんの言葉の言い回しやご発言の変遷を考えると,色々と見えてくるものもありましたので,私としては得るものがありました(おそらく皆さんもそうでしょう)。


    ※あえて指摘はしませんでしたが,Jeyさんご指摘の通り,引用の仕方があまりよくありません。引用する際には明示的に引用されていることがはっきりするように引用しましょう。


    piyoさんの主張が繰り返しになってきたので,このあたりでそろそろ区切りましょうか。どの教科書なのかとか,書籍のどのあたりに記載があるのかとか,全くお返事いただけてませんし。全くアカデミックでない実験なのですから,文献を示す方法くらいせめてアカデミックにされたらよかったのにと残念です。

    以上のように,私はそもそもpiyoさんの掲げる条件を満たしておりません。
    私は,ケーブルで音が変化するように感じる(ある意味かわいそうな)脳の持ち主ですが,私が感じるのと同様に他の方が感じるとは考えておりませんし,ケーブルでの信号の変化量が人間の耳が感じ取れるレベルにないという主張が一般的とされることも,話としては存じております。

    現状,別段出入り禁止等は考えておりませんので,実施要項再検討,再掲載が完了されましたら,改めてご連絡ください。内容を拝見して,私のほうで検討させていただきますので。
    これ以上は拙サイトでやりとりをしても進展しなさそうなので,やめましょう。

    要項改訂,再掲載の連絡をいただきまして,私が納得できれば,こちらからコンタクトをとらせていただきます。現状の状況で参加者を募られるのであれば,私以外の方を優先的にお誘いしたほうがよろしいかと存じます。
    よろしくお願い申し上げます。

    返信
  69. えるえむ

    >Jeyさん
    >人格批判と取れる発言があるようですが
    >このサイトではそのような行為は「してはならない」と書かれていませんか?

    理念に関しましては,私がこころがけたいというのが主たる趣旨です。内容的には当たり前のことを書いているに過ぎないと思います。
    とはいえ,かかる理念に賛同いただけるのであれば,とてもありがたいことだと思っております。

    この度は色々とフォローいただきありがとうございました。
    今にお互い家中トランスだらけになりそうですが,がんばりましょうw

    返信
  70. piyo

    >>Jeyさん
    >販売ページからのリンクがない?
    >何をおっしゃられているのでしょうか?
    >全ての表示ページの上部に「about」はありませんか?

    購入者はケーブルに特別な効果があることを期待して購入するのです。
    効果の説明がでたらめで実際にはなんの効果もない可能性が高いので
    あれば、その重要さから見て同じページに説明を載せるべきでしょう。

    >えるえむ氏のブログが
    >メーカー、代理店、販売店、オークション等による個人売買、
    >個人ブログ等による製品紹介などなどと比較して
    >より上記のように思われる点を具体的に教えていただけますか?

    えるえむさんの販売方法はメーカー、代理店、販売店、オークション等に
    よる個人売買と同様に悪質な詐欺行為だと思います。

    >読んで、理解されていたにも関わらず
    >「大人の余裕で紳士的に」ルールを無視されるのはいかがなものかと思います。

    悪いことをしている人を注意するのは紳士的だとおもいます。

    >>えるえむさん
    効果がまったくない可能性が高いという事実はケーブルにとって
    最も重要な要素ですから同じページに書くのが当たり前だと思います。

    >piyoさんがおっしゃるように,私が仮に「信じて」いるのだとしても,
    >それではケーブルによる変化は事実であると主張しているわけでは
    >ありませんから,piyoさん自身で掲げられた条件を満たさないことになります。

    私の提示した資格は「ケーブルによる音の変化が人間に聞き分けられると
    考えていて、自身が聞き分けに自信があること。」です。
    間違えないでください。

    >piyoさんの主張が繰り返しになってきたので,このあたりでそろそろ区切りましょうか。
    >どの教科書なのかとか,書籍のどのあたりに記載があるのかとか,全くお返事いただけて
    >ませんし。全くアカデミックでない実験なのですから,文献を示す方法くらいせめて
    >アカデミックにされたらよかったのにと残念です。

    私は本を提示しました。
    それをえるえむさんが読んでいないだけです。
    嘘はやめてください。

    >要項改訂,再掲載の連絡をいただきまして,私が納得できれば,こちらからコンタクトを
    >とらせていただきます。現状の状況で参加者を募られるのであれば,私以外の方を優先的に
    >お誘いしたほうがよろしいかと存じます。
    >よろしくお願い申し上げます。

    えるえむさんも試験を受ける勇気が出ましたらいつでも応募してください。
    楽しみにお待ちしています。

    返信
  71. halptribe

    >piyoさん
    いろいろ聞きたいことや言いたい事がありますが
    えるえむさんの69番のコメントどおり、これ以上ここでやりとりするのは水掛け論になるので、御止めになったほうがよいと思います。

    ここでのあなたのコメントが本当に紳士的であるか、一度冷静になってよく見つめなおしてください。
    紳士的なふるまいについてのリンクを下記に貼ります。
    貴方自身が紳士的な振る舞いをできていなかった、と
    客観的に自分を省みる機会になるのであれば幸いです。

    http://www.askmen.com/money/successful/41_success.html

    あとえるえむさんは試験を受ける勇気がない、のではなく
    貴方のような言動、振る舞いを行う人の試験を受ける気にはなれないのだという事は、ここの一連のコメントをみれば明らかですよ。
    本の件に関してもえるえむさんはpiyoさんの文献の提示の仕方がアカデミックでない、と言っているのですよ。
    貴方のホームページ上でよいので文献と該当ページくらいは指定してみてはいかがでしょうか?
    なにか勘違いなされていませんか?すくなくとも今回は貴方からアプローチを行っていているのですから相手が読んでいない、というのは言い換えれば貴方が「相手に読ませる努力をしていない」のですよ
    たとえば貴方が車を購入検討するにあたり、ディーラーを訪れた際に貴方が気になった車の、ある機能に対して質問した際に
    「カタログを隅から隅まで読んでください解るはずです、どこに載っているのかはご自分でお探しください。この車に興味があるのであれば当然のことですよ。」
    というような対応をされた場合、そういった所から買いたいと思いますか?ましてや今回は貴方から試験を持ちかけているのですから
    貴方が相手の要望に最大限応えるのが義務ですよ

    もうひとつ、
    >ケーブルによる音の変化が人間に聞き分けられると
    >考えていて、自身が聞き分けに自信があること

    どうすればこの条件にえるえむさんが合致していると考えるに到ったのかが私にはさっぱりわかりませんね。
    あなたが本当に該当ページを読んでいれば、まず候補から外すべき対象だと思うのですが…
    メーカーや業者にしろオークション等の個人の売買にしろ
    そういった記述すらどこにもないところがありますから
    まずそちらに優先的に挑戦状を叩きつけるべきですね。

    piyoさんも試験を本気で開催したいと思うならば
    自分で「十分だ」と思うレベルで満足せず、開催に向けての工夫や努力を惜しまずに尽力してみてはどうですか?

    返信
  72. えるえむ

    >piyoさん

    >効果がまったくない可能性が高いという事実はケーブルにとって
    >最も重要な要素ですから同じページに書くのが当たり前だと思います。

    piyoさんのお立場なら「効果が証明されていない事実」と書くならまだわかるのですが,「効果が全くない可能性が高いという事実」というのは不正確な表現だとおもいます。
    私の立場ですと,購入された方にも私と同じような効果が発揮されるかはわからないので,効果が全くない可能性は高いとも低いともいえない,というのが正確な理解となります。

    まぁ,ケーブルを買われる方は自分のところでは期待する効果が表れないかもしれないと最初からご存じですから,気にされる必要はありませんよ。


    >私の提示した資格は「ケーブルによる音の変化が人間に聞き分けられると
    >考えていて、自身が聞き分けに自信があること。」です。

    piyoさんのほうが勘違いされていますよ。
    再度わかりやすく申し上げておくと,私は『ケーブルによる音の変化が普遍的に人間に聞き分けられるかどうかはわからない(否定も肯定もしない)』という立場の人間なので,条件に合致しないのです。
    究極的には,私は自分の脳が心地よい変化が生じたと認識できればよく,他のどなたも聞き分けられなかったとしても,私にとって音が変化するならそれでいいのです。オーディオ趣味が,極々プライベートな趣味であることを考慮すれば,ユーザーが私的に楽しむ局面において,客観的事実としてどうかということは本来議論する必要のないことです。


    >私は本を提示しました。
    >それをえるえむさんが読んでいないだけです。

    オルソン氏の本については,上下巻のようですが,これを全て読んで自分で探せというのは,文系で電気が全く専門分野ではない私には大変難しいことですし,ましてや,私が勝手に誤解する可能性もあり,正しく議論をするには専門(?)であるpiyoさんが示された方がよいですよ,と申し上げているのです。

    また,高校の教科書については,教科書というのは検定を通過しなければなりませんが,記述の内容は各社毎に年度によってまちまちなので,教科書というだけでは提示が不十分です(しかも入手性がきわめて悪い)。
    たとえるなら,piyoさんが詐欺罪について教えてほしいと弁護士に相談したら,「刑法の本読めば?」と言われたようなものです。
    こちらはべき論ではなくて,提示したことになりませんよ,と申し上げる趣旨です。


    >えるえむさんも試験を受ける勇気が出ましたらいつでも応募してください。

    まずはご自分のサイトの実施要項をきちんとリニューアルされてください。
    実施要項が不十分な現状で,私から応募することはないとお考えください。
    参加資格すらpiyoさん自身が正確に相手に適用できない(halptribeさんもおっしゃっていますが,少なくとも優先順位が間違っている)状況は,色々と再考されたほうがよいと思います。


    >悪いことをしている人を注意するのは紳士的だとおもいます。

    広辞苑(第二版)を見てみました。
    「紳士的」とは,「紳士らしく、品格があって礼儀正しいさま」と書いてあります。
    「品格」とは「品位」と同義とされ,「品位」とは「人に自然にそなわっている人格的価値」と書いてあります。
    「礼儀」とは「敬意を表す作法」と書いてあります。「礼儀正しさ」は直接掲載されていませんが,敬意を表す作法が正しく身についているさま,と理解すればよいでしょう。

    高い人格的価値と礼儀正しさを求められる以上は,いきなり相手を糾弾するコメントからはいったり,「詐欺師」と公の場で呼んだりといったことはしないものです。
    注意するなら,個人的にメールなりメッセージなりですればよいわけで,公でやる必要はありません。

    そもそも,紳士的であるか否かは自分で決めるのではなく他人からの評価として得られるものですから,他人から紳士的ではないと指摘を受けた場合には素直に反省すべき点は反省されたほうがよいでしょう。


    アクセス禁止にはしませんが,判断を下す第三者がいないのでいつまで経っても終わりそうにないのと,既に本題からずれはじめたあげく水掛け論になってきているので,これ以上の反論は結構です。
    もし再度主張の繰り返しがあった場合には,不本意ですがBLOGのコメントを禁止させていただきますので,以後はお問い合わせから実施要項の改定をご連絡ください。

    他の方も色々とおっしゃりたいことはあると思うのですが,この件はもうほとんど生産性がないので,そろそろ通常通り営業したいと思っております(笑)。矛を収めていただければ幸いです。ご協力よろしくお願い申し上げます。この度はありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です