ケーブルで音は変わるの?

closeこの記事は 9 年 10 ヶ月 3 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

http://www.gizmodo.jp/2007/10/85_100_1.html

 リンク先の記事を要約しますと,ケーブルで音が変わるなんてありえないと考えたある人が,あるそこそこ高い(ケーブル好き基準でw)ケーブルと米モンスターケーブルの比較試聴で違いが分かる人がいたら懸賞金を出すとして公募したところ,アメリカの著名なオーディオ雑誌Stereophileの記者さんが名乗りでたという話ですね。

 素朴な疑問かつ深い疑問であるところの,ケーブルで音は変わるのか?という問題。ダンピングファクターの問題に全て還元できるという考えの方もいらっしゃいますし,接触抵抗を重視される方もいらっしゃいますし,科学的な分析といっても多種多様で様々なアプローチがあり興味深いところです。

 さて,当サイトでは,ケーブルで音が変わるのはさも当然という書き方をしていますが,まぁ,拙宅での話ですし,話半分で聴いていただければそれでいいかなと思っております。
 とはいえ,今回の件,顛末が非常に興味深いですね。ダンピングファクター派からすると,今回の実験は厳密な比較にならないといいますか,導体の太さが違えば音は違って当たり前(スピーカーの挙動が変化するから)なわけでして,この実験にどの程度意義があるのかわからない気も致します。

 そもそも,この実験で分かるのは,「AケーブルとBケーブルとの比較においてある人は違いがわかった/わからなかった」,という話に過ぎないわけですが,変わる派,変わらない派,どちらも条件に難癖つけてきそうですよね。結局,どういう結果になろうとも,これで「ケーブルで音は変わるか」という論争に終止符が打たれることはなさそうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です