クロックで一言

closeこの記事は 9 年 11 ヶ月 9 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 某所にて同一のクロックを用いて周波数精度をE-11からE-7に意図的に落としてみる実験をしたのですが,私の駄耳では違いが聞き取れませんでした(爆笑)。でも,他にも駄耳仲間さんがいるので安心です(謎)。
 あ,外部クロックの有無で違いはないとか,そういうことを言いたいわけではありません。

 クロック,密かにいろいろと実験しております…。「世の中には納得のいかないことがたくさんある」(某氏談)。

クロックで一言」への4件のフィードバック

  1. Jey

    駄耳仲間です(号泣)
    あれだけ精度が変わってるはずなのに気のせいかな?くらい全く分かりませんでした。
    精度だけじゃ無いのね(涙)

    返信
  2. どら。

    駄耳その3?
    水晶の周波数をずらして聞く実験でも、「聴感上の差異は認められない」と書いてあるのを見かけました。
    今回のは、ずらしたといっても0.1ppmなので 某社TCXOよりも精度は1桁上だしね。

    返信
  3. えるえむ

    駄耳Jeyさん,コメントありがとうございます(爆)。
    その他のことでは音が変わって聞こえるのに,なんで周波数偏差精度じゃ違いが分からないのでしょうね?(涙)。

    返信
  4. えるえむ

    駄耳どら。さん,コメントありがとうございます(爆)。
    良く論文で見かける「有意差はない」っていう話はどこまで信用していいものやらよくわかりませんけれども,まぁ,そうなのかもしれません。
    でも,なんか切ないですよねぇ(苦笑)。
    どらさんもおっしゃってましたが,クロックを開発されてる方々っていうのはこの4桁に血眼になるわけですからねぇ…。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です