オフ会の姿勢 その1

closeこの記事は 8 年 6 ヶ月 28 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 今日はオフ会に臨む際の心構えと,オフ会記を書くにあたって気をつけていることについて。

▼お招きする場合
 良いと思った点,気になる点,全て言っていただきたいです。ご配慮無用です。改善案があればなおうれしいですが,改善案無く欠点を指摘いただいても構いません。まぁ,嫌いだといわれればそれまでですが,悪いと言われたらその理由は教えていただけると対処できますし…。
 褒めていただければ素直に喜びますし,ご批判を頂戴すれば素直に悲しみますが,それでへそを曲げるようでは成長できないとおもいますので,目をかけていただいていると思いがんばります。
 この際,確かに物理的な制約等はありますが,そういうことは一切関係なくおっしゃっていただきたいです。「この部屋だからしょうがない」とか,「この機器だからしょうがない」とかは慮っていただかなくて構いません。
 気になる点をおっしゃっていただければ,それは検討したことがあるのかないのかをご説明しますし,優先順位はどのあたりにあるのかもご説明します。次回お招きするときには,「前よりよくなった」と言っていただくよう精進いたします^^

 もちろん,音楽を聴きにいらっしゃった方にはこういった要望はせずに純粋にみんなで音楽を楽しみますし,曲の新たな一面を見つけていただけたらとても嬉しくおもいます。こうした姿勢はちょっと変わっているかもしれませんが,皆さんはどういうスタンスでオフ会をされてるんでしょう?

 次回,お伺いする場合に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">