あけましておめでとうございます。

closeこの記事は 9 年 10 ヶ月 23 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い申し上げます。

 手前味噌で恐縮ですが,現在とある機器のおかげで史上最高の音がでてます…w
 webで指示語(「あれ」等)だけつかって自慢大会をする趣味はないので,いずれ皆さんにノウハウをお届けできればと思っています。これは今年いっぱいかかりそうな感じですが…。

あけましておめでとうございます。」への11件のフィードバック

  1. miya

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします♪

    なんか..波乱の年末でしたねぇ..。
    引き続きデジタルオーディオの不思議を堪能する一年!になりそうですね。

    今年前半はクロックで楽しめればと思います。後半は信号処理系かな…。
    邪念を捨てて、理屈と聞こえている音どっちも素直に受け止めていきたいものです。

    返信
  2. えるえむ

    miyaさん,あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願い申し上げます。

    クロック関連では怒濤の展開で正直驚かされっぱなしです…。
    問題は,物欲の制御が難しいことですね…。正直,全部改造したい(爆)。

    >邪念を捨てて、理屈と聞こえている音どっちも素直に受け止めていきたいものです。
    心の底から同意いたします。理論を理解し実践しようとする姿勢と,実際の現象を謙虚に受け止める姿勢の両方があってこそ,趣味の世界もより深みへと到達出来るように思います。

    返信
  3. YU

    あけましておめでとうございます!!

    去年も何だかんだでお世話になりまくりんこ。
    今年もプラシボ王としてこの世界を支配しまくりしてねw。

    えるえむ君のお陰でキルフェボンのタルト食いまくり(爆)。

    返信
  4. koyama

    おめでたうございますm(_ _)m
    昨年初はえるえむさんのカーボンインシュで明け、
    その後、私のほうはパワーの3連続ダウンで展開と
    波乱の一年でしたが、今年もお世話になります・・・・
    ではでは・・・・

    返信
  5. えるえむ

    YUさん,あけましておめでとうございます!
    去年はいろいろとお誘いいただきまして,ありがとうございました(笑)。
    今年もプラセボパワー全開で参りたいとおもいます。
    ダークサイドの力を思い知るがいい!

    キルフェボン美味しいですよね♪ローテーションが激しいから飽きないし。
    最近は新しいお店を開拓したいとおもいつつ,時間が取れない日々を過ごしております…。
    美味しいお店があったら教えてくださいね?。

    返信
  6. えるえむ

    koyamaさん,あけましておめでたうございます。
    CFRPご購入いただき,ありがとうございました。
    昨年はオーディオ機器の故障で大変苦労されてましたね…;;
    今年こそは,健やかなオーディオライフとなると良いですね^^
    今年はkoyamaさんをワクワクさせるネタがご用意できるのでしょうかw

    返信
  7. hyro

    あけまして、おめでとう御座います。

    積もるハナシは鼻から垂れるほどあるのですが、とりあえず今年も宜しくお願い致します。

    どうもDAC64が伝送ジッタに強いと言うのは大嘘かもね♪

    だって、バッファロングであんなに音が変わったら、なんのためのバッファだってハナシでw

    まぁ、逆にいうとパルスアレーで使っている駆動クロックが案外高精度で、伝送のアラまで表現できるとも言えなくもないですが…

    あぁ、わけわからん。あはあは。

    返信
  8. えるえむ

    hyroさん,あけましておめでとうございます。
    つもる話は北海道の積雪くらいありますね。実際に語り始めたら止まらないかと…。

    バッファに貯めているから大丈夫って話も,実際にそのバッファシステムがどのように挙動しているかを把握してる方はほとんどいないんですよね。
    ましてや,パルスアレーDACは動作原理が一切不明という謎のDACです。
    クロックの挙動を憶測で語っても仕方ないのかもしれません…。
    結局天板あけて全部写真をとって回路のパターンを追いかける必要があるのでしょうか…。
    それだってFPGA使われるとお手上げですし…。

    まぁ,ロングバッファを使う=伝送ジッターに強い=トラポの状況変化の影響を受けない,ということであれば,DAC64は失格だとおもいます。
    バッファに貯めるだけためて,クロックはデジタル入力のリアルタイム入力に頼ってるとか?w

    返信
  9. hyro

    どもども、多分だけど、パルスアレーってWadiaでいう「Time Shifted D/A array」のことだと思うけどなぁ…

    それなら、別にジッタ対策でも何でもないんだよねw

    変換後の電流積算の精度をコントロールする技術であって、変換ジッタをコントロールするもんじゃないんだよ。結果的には変換ジッタを制御できそうなもんだけど、ただ加算平均されて全帯域でグズグズになるだけだなw なんか特殊な床関数でコンボシューリョンしてたとしても、イメージが可聴帯域に不意に出そうな悪寒ww Wadiaはそういう小細工してないし。あれは爆発的な電流出力のためにあるもんです。

    バッファはDIRバッファとFPGAバッファ(ディレイライン)があると思うんだけど、CHORDは後者なんじゃないかな。FPGAでゲートディレイを付加してアレーD/Aモジュールに分配してると思う。そうしてWadiaの真似事ってそういうオチw

    そもそも、伝送ジッタを制御するならDIRでバッファしてFPGAへの取り込み回数を減らして制御する(低減させる)もんですよねぇ。ワード長を長くする意味ってそれしかないと思う。

    返信
  10. hyro

    あっ、ゴメン。typoだ…

    ×コンボシューリョン
    ○コンボリューション

    どうりでATOKが無視するわけだw

    返信
  11. えるえむ

    あーなるほど。「Pulse」,「Array」にヒントがあるんですね。
    ふむふむ。貯めるって感じじゃなくて,遅らせて分散処理させるイメージでいいんですかね。

    DAC64は旭化成のDIRチップ使ってるんじゃなかったかなー。
    だからBNCでもRCAでもAESでも1本で192kまで対応します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です