これで音が変わるって…。

closeこの記事は 9 年 9 ヶ月 23 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 拙宅の方式には必要不可欠なあるソフトウェアを3つ試してみました。それぞれソフトF,ソフトN,ソフトRとします。いかなるソフトなのかは,イニシャル等で予想してください。質問していただいても,回答は差し控えさせていただきます。ご了承ください。

 RとNは露骨には違わないですね。おそらくよほど厳密に試聴しなければ違いが分からないと思います。ちょっとした違和感の差として出てくる程度ですので…。おおよそ,nuendoで2度目読み込んだときくらいの変化にまぎれて判断が難しい程度の差です。

○ソフトF
 前方展開型の音場になる。よく言えば響きが豊かだが,分解能が上がって微細な音が掘り起こされているというより,端的に付帯音がついている。明らかにN,Rと比較すると音がぼけていて,ボーカルの音像の輪郭が霧散する印象。ある程度カスタマイズできるが,する気にならない。
○ソフトN
 奥行き感もそこそこで,前への広がりもそこそこ。音場の形状バランスがよいので,あまりわざとらしい感じはない。音色が若干美音系。ピアノも美音系ながら,混濁無くきれいに表現する。打ち込み系の音はきれいに出す印象。ある程度カスタマイズできるので,もしかしたらベストな設定があるのかも…。
○ソフトR
 音場は両翼に広がる感じだが,若干わざとらしい感じがしなくもない。ボーカル音像とか定位感だけならピカイチなかわりに,若干音離れが悪い印象もある。音色は全体的に落ち着いたトーン。クラリネットの音色は地味目で誇張感がない。ただしピアノの高いほうの音がちょっと濁るというか,膨らむ感じで耳につく。カスタマイズができないので,良くも悪くも現状で勝負。

○バッファサイズ
 基本的に小さい方が良い印象。音像定位に影響する予感。

○速度
 基本的に遅い方が良い印象。ただし,ソフト毎の差ほどではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です