べりりうむかぱー

closeこの記事は 9 年 6 ヶ月 4 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PADの壁コンセントに採用されて以来,急速にオーディオ業界に知れ渡ったベリリウム銅ですが,これはもちろん銅合金です。真鍮も同じく銅合金です。
 実は,ベリリウム銅といってもその種類は様々で,同じベリリウム銅の範疇でも,導電率は倍も違ったりするようです。もちろん,一概に導電率が高いほうが聴感上良いとは限らないわけですが,ベリリウム銅は導電率の点で純銅と大して違いはないだろうと思いこんでいた私は,結構驚きました。

http://www.ngk.co.jp/product/metal/beryllium/expanded_data_01.html

 ちなみに,真鍮にも大きく2種類あるようですが,下記サイトによれば一般に純銅の1/5程度しかないようです。実はこの導電率の低さにも驚かされました…。

http://www.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/member/tecnet/qa/qa-248.html

 イメージだけで理解した気になっていると足下掬われますね(汗)。気をつけたいとおもいます^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です