最近ショックだったこと

closeこの記事は 8 年 6 ヶ月 29 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前から情報は鵜呑みにしてはいけないなと痛感しておる次第ですが,先日もショックな事が一つ(書き忘れてました)。

 PADから販売されていたCRYO-B2ですが,なんと磁性体部品が使われていました…。戯れに磁石を近づけてみたら,くっついてしまいまして…。どうも,配線クランプの押さえ板金具が磁性体(多分鉄)のようで,悲しいことにばりばりくっつきます。ちゃんと正規輸入品なんですけどねぇ…。

 また一つ,完全非磁性への道(笑)の選択肢が消えました。でも,あんまり磁性体っぽい歪み感とか感じませんから,早急に対処しようという気も起きないんですけどね…。
 なんとなく,オーディオ用家庭内電源経路(アイソレーショントランスを除く)を完全非磁性にした音が聴いてみたいだけなんです…。そうであるならば,本当は漏電ブレーカーも抜本的に対策しないといけないんですが…。気力が,時間が,費用が,etc.。

【追記】なんだかB2が非磁性だと思っていたのは私くらいなものかもしれません(涙)。我ながら情けない…。

※ アイソレーショントランスは?というご指摘がありましたので本文を一部加筆修正いたしました。

最近ショックだったこと」への16件のフィードバック

  1. moonriver

    まあ、ネタだとは思うけどトランスを使っている限り非磁性ってありえないんじゃないでしょうか

    返信
  2. えるえむ

    moonriverさん,コメントありがとうございます^^
    ご指摘の通り,全ての経路を非磁性にするのは無理ですね。トランスにはコアが必要ですし。
    ネタではなく大まじめですが,磁性体である必要性のないところに磁性体部品を使わない,くらいの意味です。<完全非磁性
    鉄ねじ・鉄金具が多いと高域の一部がギラッとした音になるので,個人的に好きではないというだけですから^^;

    返信
  3. moonriver

    補足:ダイナミック型のスピーカーユニットの駆動原理は磁石(磁性体)と電流の流れるボイスコイル間に働くモーメントですよ。
    ボイスコイルに電流を流すということは電磁石として働くということです。
    本当に問題になるのは磁性体なのですか?

    返信
  4. えるえむ

    >本当に問題になるのは磁性体なのですか?

    どうなんでしょうね?私は自分の部屋での経験則に基づいてやってみたいだけなので…(汗)。
    拙宅でブレーカーや壁コンセントに鉄ねじが多く使われていたころ(むしろそれが一般的ですが),今思い起こせば,高域の抜けが悪くなる一方でピークがあるような,ギラギラした音であったように思います。
    ある意味それは実体感を演出するのに持ってこいなのですが,一旦非磁性の音を知ってしまうと,どうにも私は磁性体の音が耳につくようになってしまい,困ってしまっている状況です(もちろん,CRYO-B2のように特徴が薄いものもありますよ?)。

    なので,理論的には音の変化として認識できないはずであるにせよ,気分的にスッキリするほうがよいかなと思いまして,なるべく磁性体パーツのない壁コンを探している,というわけです^^

    一般に,壁コンに着目されているオーディオファンの方々は,磁性体パーツであるかどうか,メッキがなされているかどうか,アースターミナルの構造等に着目されているように思います。
    現状,オヤイデ,フルテックは完全に非磁性体のみで作っているようですし,売り文句にしていますね。
    海外のメーカーで一部そういうモデルがあるところもあります。

    原理は将来賢い方が解明してくださるかもしれませんが,moonriverさんとしては,壁コンセントは基本的な構造(2Pか3Pかといった類のこと)が同一であればどれでも一緒,というお考えでしょうか?

    返信
  5. moonriver

    >原理は将来賢い方が解明してくださるかもしれませんが,moonriverさんとしては,壁コンセントは基本的な構造(2Pか3Pかといった類のこと)が同一であればどれでも一緒,というお考えでしょうか?

    「磁性体の音」という話と「構造が同じであれば音が同じかどうか」という話は相当飛躍があると思います。
    鉄のねじを使った時の音が「磁性体の音」と断定できるのが不思議なのです。
    違うものを見ている可能性は十分にあるのではないですか?

    返信
  6. えるえむ

    >「磁性体の音」という話と「構造が同じであれば音が同じかどうか」という話は相当飛躍があると思います。

    申し訳ありませんでした。単にmoonriverさんの壁コンセントに対するスタンスをお伺いしたかったのです。
    全く無関心な方と非常に関心のある方,音が変わると感じていない方と感じている方,比較試聴したことがない方とある方では,説明の仕方が変わってくるように思いまして(そもそも関心がない方や変わらないと思ってる方には私の感覚を説明したところで意味がないですけども)。

    moonriverさんが私におっしゃりたいことの着地点を測りかねているのが最大の原因かもしれません…。鈍くて申し訳ないです。

    >鉄のねじを使った時の音が「磁性体の音」と断定できるのが不思議なのです。

    元を正せば,同じ部材でねじだけ交換して比較試聴してみたら違って聞こえた,という経験から来てるんです。そのときは鉄→ステンレスでした(私が使う非磁性は工業用語での非磁性です)。事後,鉄→真鍮もやりました。

    分かりやすい&試しやすいので鉄ねじの話をしていますが,磁性体っぽいなーっていう音はあるかもしれません。
    チャールズ・ハンセン氏も,Ayre製品のイベントで一部フェライトシースのケーブルを使用していた際に,「フェライトコアの音がする!」といって,騒いでいましたから。私が某社のケーブルがフェライトシースだと教えたところ,彼は,お店の人の許可を得てそのケーブルを別の製品にかえてしまいました^^;
    彼は非常に満足げでした(笑)。

    まぁ,磁性体共通と大上段に構えるつもりもなくて,おおよそ鉄の個性だと思っています。とはいえ,オーディオの世界で電源がらみで登場する磁性体といえば鉄がほとんどなので,ニアリーイコールで余り峻別しておりません^^;

    >違うものを見ている可能性は十分にあるのではないですか?

    その可能性は否定できませんね。例えばどんなものがあるでしょう?

    返信
  7. hyro

    横からいきなりすまんけど。

    その金属の磁性物性という条件を排除しても、力学物性はどうなるの?

    ネジのトルクは?
    同じトルクでも鉄と鋼鉄ではネジ山が食い込み、ミクロで変形する度合いは?
    2つの金属同士での接合面での面抵抗はどうなるの?
    接触抵抗はどうなの?

    それって振動モードとは無縁なの?

    ワタシはむしろそっちのほうが重要だと思うけど…

    返信
  8. moonriver

    そうですね。少し分かりやすく説明するべきでしたね。

    鉄以外にも磁性体はニッケル、コバルト、パーマロイ、サマリウムコバルト、フェライト、アルニコ、などさまざまなものがあります。磁性体の音があるのであればそれらが存在する時に共通の音の傾向がなければならないと思います。

    「磁性体の音がする」とおっしゃっているフェライトコアは鉄そのものではなく、鉄の酸化物です。同じ元素を含めば同じ音がするのなら鉄とステンレス(鉄、クローム合金)も同じ音になるはずです。ただフェライトコアは磁性体であることこそがノイズ除去の駆動力のはずです。(音がなまって当然です)それらを全てひっくるめて磁性とキーワードで音の傾向の説明ができる気は私はしません。

    ねじで音が変わったりめっきで音が変わるのは磁性の云々より振動モードの方がありえそうな気はします。

    返信
  9. えるえむ

    ぼかして書いたにも関わらず,ここまで反響があるとは…。少々驚いております(苦笑)。

    hyroさん,コメントありがとうございます^^
    ご指摘の諸条件,確かに興味有りますね?。
    ミクロな話になるとなかなか優劣がつかない分野であるように思いますが,色々教えていただけると嬉しいです。
    誰か測定した方とかいらっしゃらないんですかね?

    異種金属の接触はよくないというのは昔から言われていることではないかとおもいますので,私もちょっと部材調達してみたいものがあったりします(それは追々)。

    振動モードとの関係は結構あるんじゃないかとおもいます。
    というのは,インシュレーターに使用したときと壁コンのねじに使用したときでかなり似た音質傾向を感じているので…。

    hyroさんが疑問に思われるのはごもっともですが,私は自分の印象を述べているだけなので,hyroさんの得意なフィールドの話をされても,答えようがないのが残念です。

    返信
  10. えるえむ

    >moonriverさん

    >磁性体の音があるのであればそれらが存在する時に共通の音の傾向がなければならないと思います。

    私が聴いた中で,インシュレーターとして似た音だなぁと思うのは,鉄,タングステンでしょうか。
    フェライトは生憎ケーブルにはめてみるとかでしか使ったことがないので共通かどうかは分かりかねますが,ある種共通する部分は感じています(もちろんプラセボかもしれませんが)。

    フェライトの話がでたのでお伺いしたいのですが,フェライトコアを巻くと音が鈍るっていうのは,経験則上はわかるのですが,理論的に可聴帯域に影響を及ぼすというのは明らかなんでしょうか?

    結局のところ,moonriverさんは,エントリ本文を「鉄っぽい歪み感」と訂正すべきだというご意見と受け取るべきなのか,悩んでおります…^^;

    返信
  11. hyro

    いやいや、ワタシは別に金属の力学物性の専門家でもなんでもないです…w

    ワタシの専門は「見えないほどにミクロの世界」である原子核物理学と高エネルギー放射線物理学および放射化学ですし(ぉ

    ただ、ワタシなりに思いついただけだけどね、あははw

    返信
  12. えるえむ

    あ,お二方とも,最高だ!と思える壁コンがありましたらor将来出会われましたら,是非教えてください♪

    返信
  13. moonriver

    どのフェライトを使っているのか分かりませんが、「可聴周波数帯域のノイズをカットするフェライトを使っているのなら可聴帯域の音が変化するのは当たりまえ」です。

    返信
  14. えるえむ

    そりゃごもっともですね(笑)。

    ちなみに,チャールズ・ハンセン氏が外したケーブルのメーカー(一応伏せておきます)はフェライトコアじゃなくフェライトシースを使っていることを売りにしているのですが,メーカーのサイトには特にノイズを減衰させる帯域について書いてありませんでしたので,真相は闇の中ということで^^;

    返信
  15. どら。

    コメント多いなーw
    ネジを換えたとして、それが機械的な保持だけか 電気も通すのかで違うだろうし。SUSネジはカジリ防止のため微量のオイルが塗られてるだろうし、堅さが違うので振動も違うだろうし。メッキ・非メッキやイオン化傾向なんか考えたら寝られません(笑

    返信
  16. えるえむ

    どら。さん,コメントありがとうございます^^
    オリジナルでシャーシ作ろうとしたときも,イオン化傾向を考えるだけで選択肢が減ってしまい,かなり困りました…。
    まぁ,細かいこと気にしないで優先順位つけるべきなんでしょうね(涙)。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">