アンチオーディオグレード

closeこの記事は 8 年 5 ヶ月 14 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 すっかりご報告が遅くなってしまいましたが,先日オルフィ邸に行って参りました。

 オーディオアクセサリーに対する嗅覚が人一倍優れているオルフィさんが,最近はオーディオグレードのものを排除するのがブームというお話を伺い,この度お招きいただいた次第です^^

 なんでも,オーディオ関連商品はすべからく個性が強すぎていけないと確信されたそうで,最近はとにかくオーディオ的にどうこうしたというアクセサリーを撤廃することに心血を注がれているとのこと。
 確かに,以前お伺いしたときとはがらっと機器がかわっておりまして,オルフィさんのシステムが奏でる音もかなりの路線転換が!
 まとまり良く,けれどもガルネリの音色一色でまとめられているわけでもないという,オルフィさんの目指される方向性がよく分かる音になっていました。

 お部屋に通していただいて最初に見た光景は,オルフィさんが中村製作所のトランスに改造を施しているところでして(笑),なにやら秘密アイテムをインストール中でした。
 その後も,某国製のオーディオと無関係な線や,日本製のこれまたオーディオと無関係な線の比較試聴をさせていただき,某国の線をお借りすることになりました。まだきちんと試聴できておりませんが,いずれはご報告できればと思っております。

 相変わらず,オルフィさんは楽しくオーディオをされているようで,お話をしていてこちらも楽しく過ごすことができました♪とても情熱的な方です。この度はありがとうございました。また機会がございましたら,よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">