ネットワークをアイソレーションしてみる(4)

closeこの記事は 8 年 4 ヶ月 21 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 WAN(イメージ的にはルーターに近い方)側メディコンの電源ケーブルは当然のごとく付属品でした。

 なぜって?そりゃ光でアイソレーションして信号変換してるんだしバイナリは一致してるわけだから(でないとデータがまともにやりとりできない),WAN側電源ケーブルで音が変わってたまるかってんだい!すっとこどっこい!

 …。

 すいません。音が変わって聞こえます…。

 WAN側メディコンの電源ケーブルはオヤイデのPA23と真鍮無メッキプラグコンビにしたんですが,どう聴いてもオヤイデトーンです。本当にありがとうございました。

 …。

 結局どこまで気を遣えばいいんだああああああ!(魂の叫び)

 と,全力で否定したいオチがつきました。落ち着いたら付属ケーブルに戻して音が変わっていなかったのだと安心したいものです。まぁ,精神衛生上よろしいので音が良くなったように期待してしまってプラセボで良くなったと感じられたということにしておきます。
 これまでルーターとVDSLモデムに投じてきた時間と資金は無駄にならなかったのだなと安堵すべきなのか,妥協するきっかけを失ったことを嘆くべきなのか,よく分かりません。

 まあでも,今まで聴いたことのない音がするので,楽しいですねこれ(こういう姿勢が泥沼に突き進む原因)。

ネットワークをアイソレーションしてみる(4)」への4件のフィードバック

  1. 大天使心得

    大天使通達です。
    「もうずっと前から気づいておられたんでしょう?」

    純正調は一つだけでなく、特定の調であれそのどれひとつとして全ての音の相関関係に完全なハーモニーをもたらすことは出来ないので、その意味で中世のスコラ哲学者達の野望は潰えた訳です。固定した音律の限界というべきものでしょう。

    映画「マトリックス」で目覚めたネオにモーフィアスが言うじゃありませんか。
    「Welcome to the Real World」泥沼へようこそ。
    人間様といたしましては、できる努力をするしかありませんよね。がむばりませう。

    返信
  2. えるえむ

    大天使心得さん,コメントありがとうございます^^
    まあ,電源の問題はどこまでいってもきりがないとはいえ,光でアイソレーションするならせめて寄与度は低いままでいて欲しいんですが…。
    なかなかそうは問屋が卸さないようで(悲)。

    電源自分で作れるようになると色々と世界が開けてきそうですね。
    うーむ。そろそろ勉強すべきかも…。

    返信
  3. 大天使心得

    そうですね、電源の寄与度は大きいです。ドライブではクロックとセットになって効いてきます。正直言ってやりはじめるときりがありません。
    でもアナログオーディオ的な配慮が活きるんですから、処方箋はすでにいっぱいあるわけで、オーディオマニア的には嬉しい?ことかも知れません。

    返信
  4. えるえむ

    ドライブの電源ももう少しこだわりたいところではありますが…。
    内蔵型で電源を別系統で持ってくることができると可能性がぐっと広がるんですけど…と無謀な妄想をしております(笑)。

    結局,デジタルもアナログも,ノウハウは生きるわけで,皆さんには是非頭で考えるだけでなく実践していただきたいですね^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">