これからオーディオと親しむ貴方に…

closeこの記事は 8 年 3 ヶ月 12 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

オーディオライフへの誘い

 以前から公開していたものなのですが,最近読み返してみたら内容に納得がいかなかったので,かなりの部分加筆修正をいたしました。
 今回は読みやすさを重視し,ちょっとオーディオに凝ってみようかなという方向けに書いてありますので,細かい部分は大ざっぱにまとめてあります。

 加えて,なるべくトータル15万円くらいで収まるオーディオシステムを提案してみました。
 私自身がPCオーディオを嗜んでいるということもありますので,PCを持っている方には特にコストが無駄にならないような構成になっています。あとはもう少し,イメージが湧くような画像が提供できればよいのですが…。

 あ,その前に,スピーカーについて書かないと駄目ですね…。おおよそ7万円(ペア)くらいまでのものが範疇にはいるとおもうのですが,お勧めありますか?月末あたりに試聴してこようかと思うのですが…。

▼オーディオコンポーネント考
P7270070.jpg

 webの媒体として,もう少しオーディオをライフスタイルと密接な関係を持たせつつ(所謂「音楽のある生活」でしょうか),単なるBGMでもなく,かといって正座して拝聴するようなシビアなものでもなく,うまい具合に関係性を持たせたプロダクトとしてのオーディオコンポーネントみたいなものを提案する場所があっても良いのではないかと思うのですが…。
 オーディオコンポーネントは室内空間に設置するものである以上,それ自体が空間を演出できるデザイン性がなければならないとおもいますし,それ以上に,見えない場所でも音楽を伝えることで部屋全体の空間演出をする存在であると思います。

 そういう挑戦をしているようにも読めるサイトもあるにはありますが,機器の説明がおかしかったり,逆に機器が非現実的な空間に設置してあったりです…。
 音楽があふれかえっているご時世ですから,「もっと良い環境で聴いてみたい,それも日々の生活に潤いを与える方法なのだ」と思わせるような,空間を音響というテクニックを駆使して作り上げることができるということをアピールしていかなければならないとおもいます。

直木賞作家 石田衣良さんに聞く 「書斎で自由な発想を手に入れよう」 – L-Cruise for Doctors – 日経メディカル オンライン

これからオーディオと親しむ貴方に…」への2件のフィードバック

  1. ntzg4

    えるえむさん。昨日はコメントありがとうございました。
    眠り姫Reference205をうまく鳴らしきるために格闘の日々が続きそうですorz。
    TOSLINKケーブルはまた機会を設けて再度聴きこんでみようと思ってます。
    KEFユーザーということで価格帯的にiQ3でしょうか。
    音の好みは各人試聴するしかないのでなんとも言えませんが、Uni-Qドライバは
    座って聴くも寝転がって聴くも良しとスイートスポットが広いという利点があります。

    返信
  2. えるえむ

    ntzg4さん,コメントありがとうございます^^
    iQ3は秋頃にモデルチェンジを控えているそうで,今が買い時みたいですね♪
    EntryS,iQ3,BronzeBR2あたりを聴いてこようかと思っています。
    実売4万?6万でどこでも量販店ならそれなりに取りそろえている製品だとおもいまして…。
    本当はRITのSpが断然お勧めなんですけどねぇ…(笑)。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">