シナアピトン合板紹介

closeこの記事は 10 年 3 ヶ月 24 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

apiton-001.jpg

▼PROFILE:
 木材加工販売の会社「もくもく」で取り扱っているシナアピトン合板です。18mm厚で1820mm*910mmのものを適宜カットし,プレス・塗装していただいて使用しています。サブロクサイズ1枚で15000円くらいなので,コストパフォーマンスは高いのではないかとおもいます。

▼音質傾向:
○思ったよりクリアでワイドレンジな音
 入れ替え前がMDFだったからかもしれませんが,中高域の伸びはむしろ向上しただけでなく,音場の見通しも改善されました。

○木材にしては解像度も十分
 木材系素材はイメージ的に石材系やセラミック系,金属系と比べて解像度が足りなくなってしまう感じですが,シナアピトン合板は意外とそういうイメージとは違って,解像度は高めに感じられました。低域は若干軽めになった印象もありますが,輪郭が緩くなるわけではないので,個人的には問題ないレベルでした。

○木材ならではの中域の密度感
 特にボーカル帯域を中心として,適度にウェットな潤いを感じます。この潤い感は木材ならではですね。SYSTEM5.1のSP台には木材系のもので決まりなのではないかとつい思ってしまう程,focalのツイーターからはなかなか聴けないしなやかさが出てきたように感じられます。中高域に厚みが出てきたような印象です。

▼その他のコメント:
 もくもくの店員さんにオーディオ好きな方がいらっしゃるので,オーディオ関係で利用してみようという方がいらっしゃいましたら,あらかじめ用途がオーディオ向けである旨説明した方がよいとおもいます。ただし,もくもくは通販をやっていませんので,都内かその近隣の方以外は事実上利用できません。
 塗装が仕上がってから,2週間くらい預かってもらっていたのですが,部屋にいれた当初はシンナー臭が凄くて参りました…。3日間くらいはにおいが残っていましたね…。

シナアピトン合板紹介」への2件のフィードバック

  1. どら。

    都内じゃないけど先月行きました(笑 種類豊富で行くだけで楽しめますね。塗装は屋根裏があればそこで放置するのが一番だと思います。マンションだと風呂場かトイレで換気扇廻しっぱかな? 置いてる間は使いにくいですけどねw

    返信
  2. えるえむ

    楽しいお店はいつも時間があっという間に過ぎ去ってしまいますね。
    結局,臭いは部屋につけている換気扇を回してしのぎました…;;

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です