未来創造堂の高橋克典さんの回

closeこの記事は 8 年 2 ヶ月 7 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 大変楽しく番組を見ることが出来ました♪終始ニヤニヤして見ていたので,とってもきもかったことでしょう(爆)。

▼概要
 システム的には,B&Wの800Dに,ClasseのCDP+プリ+パワー(ステレオ)ということで,マランツのシステムでしたね。最初からAudioquestのインコネ等々が使われていたようでした。電源ケーブルとSpケーブルの比較試聴のみ行う感じでしょうか。
 撮影協力テレオンとテロップが出ており,高橋克典さんはお店の常連とのことですから,もしかしたらお店でばったりなんてこともあるかもしれません。ケーブル談義とかしてみたい…w

▼音の変化は?
 ケーブルの音の感想としては,TransparentのPLMMのほうがNordostのODINより良かったですね。ODINはちょっと音の線が細すぎるかなと…。まぁ,TVの狭い周波数帯域での話ですし,適当で(笑)。

▼ケーブルは女性に受けが悪いw
 あと,女性陣がケーブルについてほとんど違いが分からなかったのが興味深かったですね。
 過去の個人的な経験からすると,女性は音色にはとても敏感だけど(それこそ男性の比ではない),音像定位や音場感にはあまりシビアではないと何となく予想していたりします。
 もちろん,ほとんどの場合女性はオーディオに興味がないので,聴感をオーディオタームに変換してくれたりといったことはないですから,何となくの単語から推論するこちらの勝手な予想に過ぎません(笑)。
 TransparentもNordostも周波数的に露骨に変化するタイプじゃないので,変化は捉えにくいかも知れませんね。

▼かっこいい男性が語るとなんでも絵になる
 なんだかよく分からない得体の知れない趣味であるオーディオも,高橋克典さんが話すとなんだかセンスの良い趣味に受け取って貰えるのも面白かったですね。
 アナウンサーの方の「男性の家にこういうのがあってもかっこいい」という発言からするに,”まず男性として己自信を磨くこと”(爆),きちんとしたライフスタイルを意識すること,それを破壊しないように機器それぞれのデザインや機器の置き方からファニチャーとの組み合わせといった部屋のトータルでのインテリアデザインに注意を払うこと,が大事なのだな?と思いました。
 …うちは,ケーブルがうねりすぎていてガッカリです(涙)。

 まぁ,策がない訳じゃないんですよね(謎)。

未来創造堂の高橋克典さんの回」への2件のフィードバック

  1. benoit

    僕も、ようやく昨日観ました。
    正直なところTVで観ている分には、あまり(というか全然)変化を感じませんでしたww
    しかし、オーディオ談義でも女性陣に受けは悪くなかったですね。(ただし、イケメンに限る)

    返信
  2. えるえむ

    benoitさん,コメントありがとうございます^^
    まぁ,テレビですから変化は感じないほうが普通ではないでしょうか(笑)。
    一応マイクをステレオで2個置いていたのが印象的でした。日テレ結構がんばって違いを捉えようとしてるな?と感心して見ていました。

    まぁ,あれが部屋にあって部屋を圧迫せず生活スタイルを崩す要因とならない,というのが前提で受けが悪くないのだろうとおもいますけどね(笑)。
    普通は,あのセットがリビングにあった日には大変な交渉を要するのではないかとw
    ひろ?いスタジオなら,あれだけの機材があってもきっと小さく感じられることでしょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">