失敗しないクロック選び

closeこの記事は 7 年 11 ヶ月 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PCオーディオとのかねあいでクロックについて触れないわけにもいかないのですが,その前に,今回は(精神衛生上)失敗しないクロック(マスタークロックジェネレーター兼ディストリビューター)選びについて書いてみたいと思います。

▼クロックの周波数偏差を気にする方は…
 ppmの値が低いものを選んでください。
 余談ですが,私は余り気にしません(笑)。1年間音楽を聴き続けて0.1%テンポがずれたからって気づいたり出来ません…。

▼クロックの位相雑音を気にする方は…
 こればかりは素人には調べようがないので,諦めてください(爆)。ルビジウム発振器あたりだと定格表に記載があるものもあります。
 せいぜい使っている発振器の型番からメーカーに特性表を要求するくらいが関の山で,それ以上は無理でしょう(涙)。メーカーに位相雑音の値を掲載するよう要望を出し続けると良いかも知れません。
 DENONさんもついに低位相雑音だから高音質だと主張し始めましたし,今後のトレンドになるかも!

▼クロック信号の反射を気にする方は…
 機器のBNC出力がインピーダンスマッチングをとっているかをメーカーに確認し,ケーブルもインピーダンスを保証するもの(つまり,ケーブルもプラグも当該インピーダンスを保証するもの)を使ってください。RCA,AESはインピーダンスマッチングの点では明らかに不利です。
 Word Clockなら75Ω,10MHz信号なら50Ωです。プラグもケーブルも構造が違います。
 しかし,良い音だからインピーダンスマッチングとれているだろうとか,インピーダンスマッチングとれているから良い音だろう,といった単純なものではないのがオーディオの悲しいところですね。
 特に,海外オーディオブランドのデジタルケーブルはほとんどインピーダンスがとれていないのですが,不思議と音は良く感じたりするので困ったものです^^;

▼電源の方式が気になる方は…(2008.12.16追記)
 まず,プロ機系のクロックはほとんどがACアダプタ駆動もしくはスイッチング電源です。リニア電源がよいという方はコンシューマ機系のクロックをどうぞ。
 まぁ,世界中に同じ製品を出荷するリスクを考えると,スイッチング電源にせざるを得ないですよね。プロ機メーカーといえど大半は中小企業ですから…。逆にコンシューマ機にリニア電源が多いのは,当該国のみで使用されるのが前提だからでしょう。

▼性能保証を気にする方は…
 クロックはきちんと定格で動作しているか判然としない機器ですから,校正設備がメーカー・代理店にあるか確認されると良いでしょう。
 校正設備がないということは,作ったら作りっぱなし,投げっぱなしということです。最悪,故障しているかチェックもできないということです。

▼他社製品との相性が気になる方は…
 10MHz入力端子があったとしても,電圧のロックレンジが問題になることがあります。ルビジウムやGPSを使う予定のある方は,クロックジェネレーターのレンジが何Vp-pかをメーカーに問い合わせましょう。
 原子発振器orGPSをつけても,ロックレンジ外の出力波形になってしまう場合正常にロックしません。ちなみに,ESOTERICはきちんとロックレンジの記載があります。

▼色々考えるのが面倒くさい方は…
 外部クロック製品としての能力(第一に波形のきれいさ)を考えると,最もお勧めの市販品はESOTERICのG-03Xではないかとおもいます。10MHz入力のロックレンジも比較的広く,他社製品でも問題なくロック可能なところも悩ましくなくて良いですね♪
 惜しいのは外部クロック入力にSyncしているのかどうか判然としないインターフェースでしょうか(苦笑)。あと,私は付属の脚の音が苦手なので,私ならインシュレーターは別途用意します。
 もちろん,音色の好みはあるとおもうのですが,それと外部クロック機器としての能力は別問題ですね。音色の好みでざっくり決めてしまうのもよし,性能重視で他で調整するもよし,あとは考え方次第です^^
 クロック系機器は悲しいかな電源ケーブルやセッティングで音がかなり変わるので,私なら性能で選んでしまって,後は使いこなしで音質の調整を試みます。それくらい,クロック系の機器はパッと聴きの印象があてにならない機器でもあります。
 私がクロック系機器を使う場合,散々挑戦してもどうしてもうまくいかず,それでいて断然好みの音質の機器があれば,そちらに乗り換える感じで考えています。

 以上,皆さんのお役に立つかはわかりませんが,クロック系機器を買う際の視点紹介でした。

失敗しないクロック選び」への5件のフィードバック

  1. たもそ

    こんにちわ、

    クロック選びは難しいものですね。オーディオメーカー品は出荷時誤差という
    消極的なスペックしか表記してくれないですし、外部同期の規格があいまい
    なのも困りものです。

    折角、精度の良い外部クロックを入れたのに、元のクロックの精度が落ちて
    いたために許容範囲からズレてしまい、ロックしないという現象も確認
    しました。

    それと、推奨機種を記すのはなかなか勇気の要ることですが、現行品としては
    合格だと思います。欠点もよくご存知ですね。

    私が是非欲しい機能は外部クロック同期の手動ON/OFFです。これがあれば、
    外部クロックの有り無し比較がもっとし易いです。リモコン対応も欲しい。

    外部同期のレンジに関する扱いでは、dCSでは帯域を切換えられます。
    エソP-70もWordClock入力のレンジを切換えられます。発売年を考えると
    非常に先進性を感じます。

    返信
  2. えるえむ

    たもそさん,コメントありがとうございます^^
    良い製品は良いと褒めないと,良い製品が残らない市場になってしまうとおもいますから,微力ながら…^^;
    たもそさんのオシロ波形は一目瞭然すぎて薦める側も安心できます(笑)。

    ロックしないと不良品という大ざっぱな判断方法しかないので,色々と難しいですよねぇ…。ロックレンジを広くすればジッター増大の危険を招くわけですが,それで音が出なくなることがないのがやっかいです…。
    dCSのようにソフトウェアで切り替えられるのが一番製品としてはよく考えられているとおもいますが,なかなかそのレベルまで持ってこれるところは少ないですね。
    ChordやWadiaはロックレンジが狭いのでロックしないというクレームも多かったことでしょう^^;(本来はトラポのジッターが多すぎるはず)

    内蔵クロックの精度悪化なんて,ちょっと洒落になりませんね。
    校正設備を持たないところのクロックを買うのが躊躇されるのは,まさにそのあたりの懸念があるからです。

    そういえば,G25Uは外部クロック同期のON/OFF機能がありましたね。
    まぁ,線を抜くという単純な方法があるから積極的じゃないのかもしれませんが,ラックの奥深くにいれてしまう方には難しいと思います。

    返信
  3. hamond

    私はESOTERICのG0-sを使用していますが、WB電源トランスというのも気に入らないのでG-03x+10MHzルビジウムにすればよかったかなと後悔しております。この上は外部から電源を注入して10MHzルビジウムユニットとVCXOのPLLユニットにそれぞれ極上の電源を供給したいと考えていますが、なかなか手が動きません。それと、やはりシステムの規模はあまり大きくしないほうが粋というものですしね・・・。悩むところです。

    返信
  4. えるえむ

    hamondさん,コメントありがとうございます^^
    G-03XはRコアなんですよね。なんというかクロックに関心のあるマニアの動向を良く観察した商品だと感心しました(爆)。
    拙宅もデジタルオーディオに必要な筐体が7個もあって訳が分かりません(涙)。デジタルってコンパクト化できるはずじゃないんですか!と声を大にして言いたいです。
    クロック的観点ですと,本当はCDPに高品位なクロックを使ってやるのが最も音質が良いはずなんですが…。
    そういえば,レビンソンの新作SACDPはESOのメカを使っているだけでなくDDSによるクロック同期となっていますから,これの音は気になりますね?。

    返信
  5. ピンバック: えるえむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">