機器と音圧

closeこの記事は 7 年 11 ヶ月 4 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PhilewebのMagicDragonさんからのネタです。

http://jp.youtube.com/watch?v=tDacjrSCeq4(音が出ます。注意。)

 データセンターにあるサーバーに繋がっているHDDに向かって大声で叫ぶと,監視モニター上でI/Oレイテンシ(遅延)が大幅に増える(つまり,読み書きにエラーが生じてリトライしているということ)のが確認できるという動画です。

 PCオーディオというのは直接HDDにあるデータを再生するわけではありませんし,当然各所でバッファされたものが出てくるわけですから,HDDに振動を加えると音が悪くなると断言できるものではありません。
 しかし,レイテンシが増加するということはそれだけHDDに負荷が掛かっていることの証左ですので,結果的に長時間読み書きの動作をすることになり,電源への負荷は増えることが想像できます。また,場合によってはデータの断片化も進むかも知れませんね。

 というわけで,対処法としてベターなこととしては,
○WAV保存用HDDをSSD等に交換する
○やむを得ずHDDを使うなら制震しまくる
○HDDを外付け化する
○リッピング用ドライブを制震しまくる
○思い切ってリッピング用ドライブを外付け化する
といったことが考えられます。

 ただし,気をつけていただきたいのは,何にせよ振動だけで全て説明できるわけではないことです。結局はトータルでの視点のバランスが重要で,それはなかなか一朝一夕には解明できないことのように思われます。デジタルなので理詰めでいきたいところですが,微妙なところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">