入門用システムを聴いてみる:2

closeこの記事は 8 年 8 ヶ月 29 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続き,エントリーモデル聞き比べです。

▼CDプレーヤー,アンプを固定してスピーカー選びに
 スピーカーですが,まずB&W,DALI,Focal,Monitor Audioあたりを聞き比べてみました。予算は8万円以下ということで,エントリーモデル集中試聴です。前に試聴したときにはB&WのCM1が好印象だったということで,これを基準としました。

 高域がすっきりとしつつ,中域?中低域が柔らかさがあるもの,低域がそこそこの量感で重苦しくないもの,という観点で選んだ結果,ロッキーインターナショナルから応援にきていた方がおすすめしていたオーディオプロのスピーカーWIGO150が好印象でした(ちなみにロッキーインターナショナルはオーディオプロの代理店です(笑))。
 トールボーイタイプでお値段も約65000円(ペア)ということで,スタンド不要なことを考えるとかなりのパフォーマンスだったと思います。
 案外,知名度のあるブランドのモデルが組み合わせ的にぱっとしない感じだったりもして,興味深かったです。

 まだロッキーインターナショナルのサイトに案内がないようですので,逸品館の記事をご紹介しておきます。ポイント換算を考えると,WIGO150はヨドバシ秋葉で買うのが一番お買い得かもしれません。


 今回の相談としては,PCで音楽を聴くのにも使えて,発展的にAVアンプでマルチチャンネルもできそうなスピーカー選びということだったのですが,いろいろ聞いているうちにステレオ再生に注力してみたいかも…ということになり,私としては「泥沼にようこそ!」といった感じでしたねw

 どうも,知人はプレーヤーによる音の違いはあまり費用対効果がよろしくないように感じたようですが,反面アンプによる音の違いはかなりインパクトがあったようです。
 店員さんの「AVアンプはステレオ再生の場合同価格帯のステレオプリメインと比べてかなり音が悪い」という熱心な説明もあって,知人はMarantzのプリメインアンプとCDプレーヤーを購入しそうな予感…。

 というわけで,次回はオーディオ入門(機器の選び方編)をまとめたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です