いろいろ

closeこの記事は 10 年 6 ヶ月 21 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼eAR1001の項修正
 この頃Acoustic RealityのeAR1001について検索してくる方が多いようなので,改めてインプレを書いてみました。
[記事はこちら]http://www.spatiality.jp/wordpress/index.php?p=24

 全体的に加筆修正してありますので,前よりはわかりやすくなったかと思います。まぁ,AVALONのEclipseにせよwilson audioのSYSTEM5.1にせよ,低域出ませんから(どう出ないのかはそれぞれ違います),大口径ウーファーをお使いのシステムでどのような表情を見せるのかは聴いてみないとわかりません。個人的には予想はついているのですが,断定もできませんしやってみないことにはなんとも…。

▼今後の予定
 今の部屋にはちょうど合っているアンプだとおもっていますので,当分買い換える予定はありません。今後の予定は,PCの改造とクロック導入でしょうか。オーディオ機器の場合外部クロックの導入自体に賛否のあるところですが,PCの,特にRMEのカードを使う場合は外部クロックの導入は必然ということのようなので,いずれは入れてみたいものです。
 もっとも,PC改造は時間ができれば,クロック導入は出物があれば,といった感じで全然急いではおりません。なお,DACは決定打に欠けるので,現状DAC64のままで行く予定です。

▼「涅槃オーディオ」終了
 京都系BLOGと勝手に私がカテゴライズしていたBLOGがいくつかありまして,そのなかで積極的に活動されていたkimuraさんがBLOGを終了されるようです。最近のmogami絶賛や,「ハイエンド(ケーブル)は不自然」論,オーディオ雑誌(評論家)批判等,非常にセンセーショナルな話題を提供していただいただけに今後の展開を楽しみにしていたのですが,残念です。
 といっても,読み手としては確かに残念ですが,それは読み手の都合であって書き手には関係のないことです。私も一時期記事を書くのをやめていた時期がありましたが,web上に記事を書かなくてもいいオーディオライフってとても自由で楽しいものです(笑)。思う存分開放感を満喫されることを祈ります。
 もっとも,何かの拍子に書きたくなることもあるでしょう。先のことは誰にもわかりません。そんなときのために,BLOG自体は閉鎖しないという選択肢もありますね^^(それもkimuraさんが判断されることですが)

 ここ最近のやりとりを拝読していて思ったのですが,オーディオマニアの方って,意外と自分の出す音・自分の好きな音には普遍的価値があると思いたい方が多いのかもしれません。自分の好きな音を磨き上げていけば,自ずと説得力を持つはずですが,それはその音に普遍的な価値があるからではなく,突き詰めた凄みがあるからすんなり受け入れられるのではないでしょうか。
 なんにせよ,価値が一方方向になるような表現を用いる際には,細心の注意が必要ですね。うちはどうしても文章が長くなるから気をつけて書かないと…^^;

いろいろ」への8件のフィードバック

  1. kimura

    えるえむさん、こんにちは♪
    紹介していただき、ありがとうございます!
    こうやってお話するのは初めてですよね!
    いつも楽しく拝見しております。
    【読むばっかりですみません】

    細かなところで立場は違いますが、ウィルソンのスピーカーをハイエンドの機器で鳴らすという姿勢は同じですから、今後ともよろしくお願い致します。
    ブログを手放した今となっては、私は「何々派」からも脱却しましたので、お互い目指すべき道に向かって頑張りましょう♪
    今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

    返信
  2. えるえむ

    kimuraさん,ようこそ^^
    初めまして。よろしくお願い申し上げます♪
    読んでいただけてるだけでありがたいですよ。現状あまり哲学を感じ取れない内容(単に使っているものの感想w)が続いておりますので,コメントしづらいですよねぇ…(苦笑)。もう少ししたら時間的猶予もできますんで,少しは時間かけてじっくりと書いた記事を提供できるかもしれません…。

    BLOG終了に伴うコメントは,あちらに書き込まれている錚々たるメンバーに混じって何か書くのはちょっと気が引けてしまいましたので,こちらで若干新たな門出にむけて書かせていただきました。凄く気楽になってまた別の楽しみ方が出来ると思いますよ^^

    オーディオには聞いたことがない人には分からない世界がありますから,kimuraさんの大きな方針転換もそれ相応のインパクトある経験に基づくものなのでしょうね。ただ,なかなかそれを共有しようとするのは難しいことです。
    mogamiの件にしても,mogamiセットを送りつけるくらいの気合いが必要でしょう(爆)。私はmogamiを使ったことが無い以上mogamiについて善し悪しを述べることはできませんが,なんにせよkimuraさんの今の嗜好に合致した音がするということは喜ばしいことです。人に褒めてもらうためのオーディオじゃありませんし(笑)。

    BLOG書くのってあれこれ考えないといけないので面倒くさいですよねぇ…;;

    >細かなところで立場は違いますが、ウィルソンのスピーカーをハイエンドの機器で鳴らすという姿勢は同じですから

    本心を述べれば,別にハイエンドで鳴らしたいってわけでもないんです…;;
    ハイエンド機より感動できるエントリークラスの機器があればそっちに乗り換えたいくらいです。でも,現実は,デザインの良さは高級なものにこそ与えられるし(ファッション業界なんかもそうですね),悲しいことに普及価格帯で感動するという経験はそう多くありません。
    eAR1001もなかなか手放しでは褒められない感じなので,これは今後の私の使いこなしの限界に挑戦といったところでしょうか。

    姿勢らしい姿勢があるとすれば,自分の好きな音の世界がいつか説得力を持つに至るようになったらすばらしいなと考えていることくらいでしょうか。

    >ブログを手放した今となっては、私は「何々派」からも脱却しましたので
    「京都系」にはたいした意味はありません^^;
    単純に,京都在住のオーディオマニアの方は連帯してとても仲良く楽しまれているご様子でしたので,そのように書いた次第です。別に一見さんお断りとかそういうローカルルールがあるわけではないですよね?(笑)

    とにもかくにも,お疲れ様でした。
    また気が向いたらコメントなり何なり書いていただければと思います。
    今後ともよろしくお願い申し上げます♪

    追伸:Auricup 0.47μの450VACか600VACがご不要なようでしたら引き取らせていただきますので,ダイソーケーブル代にでもしてください(笑)。

    返信
  3. kimura

    えるえむさん、丁寧なご返事ありがとうございます♪
    ブログでは少し過激なことも書きましたが、私も基本姿勢は「どんな機器やケーブル、アクセサリーを使って、どんな音楽を、どんな音で聴いてもそれは個人の自由である」と思っています(^_^)
    なので、最近は書いていても凄く葛藤があり、書き終わったのに自己嫌悪という変なサイクルに陥っていました。
    そこから脱出できたので今、心は晴れ晴れとしています(^_^)

    ブログでは「モガミ派」であり、「高級ケーブル否定派」ですが、ブログを離れると1人のオーディオ好き、音楽好きであり、「良い音が出ればなんでもいい」と思っています(^_^;)
    なので、依頼がない限りモガミを持ち込んだり、訪問したお宅を批判したりはしません(^_^;)
    そんなの楽しくないですから!
    せっかく同じ趣味を持つ者同志なのだから、やっぱり楽しくないと!

    私がブログをやる中で一番強く感じたことは「スピーカーセッティングが一番大事である」ということでした。
    高級なケーブルを使っていたときも、我を忘れるような素晴らしい音が出ていた時もありましたし、高級なケーブルを使っておられるお宅でも素晴らしい音を出されているところはたくさんありました。
    ケーブルの音を内包してベストセッティングが出来た時には、腰を抜かすようなスーパーサウンドが完成すると思いますし、その可能性を誰も否定することはできないでしょう。

    本当に「あのブログを書いていた本人の言葉か?」と驚かれるかもしれませんが、あれは「スピーカーを動かしもせず、取っ替え引っ替えケーブルだけを替えて苦しんでいる人」に向けてのメッセージでした。
    結果的にいろいろな方を不愉快にしたと思いますが、自分の意志で行ったことなので悔いはありません。

    お互いにいつか理想の音を完成させましょう♪
    どんな音であっても説得力があれば、聴く者を感動させることができると思います!
    長文、駄文で失礼致しましたm(_ _)m

    返信
  4. えるえむ

    なるほど。BLOGでの「kimura」像と,普段のkimuraさんのあり方を分けてしまったのが不幸の始まりということですか。

    SPセッティングの経験豊富な方が良いのは当然です。同じシステムで様々な経験ができるわけですからね。応用力も当然つくことでしょう。

    >「スピーカーを動かしもせず、取っ替え引っ替えケーブルだけを替えて苦しんでいる人」
    ただ,拙宅のように物理的にSPセッティングの自由度の低いところもありますので,SPセッティングをいろいろやってみたくてもできない人もいるということもふまえていただけると嬉しいです;;
    アクセサリーでの調整というのは,そういった限られた環境にいる人にとっては必要悪ですから…。うちもなるべくSPのセッティング調整はしているつもりですが,あまりにシビアに反応するので他人からしたらほとんど動かしていないに等しいかもしれません(苦笑)。

    まだまだやることが多いので,いつになるかはお約束できませんが,いつかは相互訪問させていただければと思います^^

    返信
  5. kimukou

    えるえむさん、こんにちは♪

    「京都系」でございます(笑)
    kimuraさんとは同じ思い、葛藤で現在進行形なわけですが、やはり個人の嗜好で語ってしまう趣味の世界ですよね。
    私はmogamiよりもBeldenを選択したわけですが、ハイエンドケーブルをあれこれ取り替えていた時も、今の状況も、楽しいと感じていることに違いはありません。

    一見さん大歓迎ですので是非相互訪問したいですねww
    あ、Auricup 0.47μの450VACですが使っていないので差し上げますよ。
    (送付先をメールで教えてくださいなw)

    返信
  6. えるえむ

    kimukouさん,こんにちは^^
    京都の皆さんは仲良しでいいですよね。なんだか楽しそうでいつもうらやましく感じております^^

    オーディオは間主観的にしか語れない世界ですから,読み手も書き手もお互いに阿吽の呼吸で意図が伝わると良いのですが,なかなかうまくいかないこともありますよねぇ…(涙)。

    kimukouさんが付属ケーブルで統一した時に,前にClasseを使っていたとき,結局ACケーブルは付属品で問題なかったことを思い出しました。きわめて普通の構造・きわめて普通な導体が,さりげない音を出すには最も効果的なのかもしれません。
    こういうのも,試してみないとわからない世界なので,やってみればよいことだと思います。お金かかりませんし♪

    ワンオフの改造品がシステムに入ってくると段々BLOGも書きにくくなってくるかとは思いますが,一読者としては今後の展開楽しみにしております。楽しい雰囲気が伝わってくることが一番読んでいて気持ちいいです。

    以前遠征するはずだったときにオフ会の申し出をいただきましたね^^
    いずれはkimukouサウンドを聴いていわゆる「自然な音」を体験してみたいものです。Pさんのお宅は拙宅から近いようですが(笑)。

    Auricupの件,お申し出ありがとうございます。お礼に何か返送したいのですが,いいものが思いつかず…。なにか思いつけばお送りしますね?。

    返信
  7. kimura

    えるえむさん、こんにちは♪
    何事もなくブログを終わらせても良かったのですが書かずにおられませんでした。
    「いつも読んでます」「kimuraさんの言うとおりにやったら凄く良くなりました」などと言われると凄く嬉しくて続けてきたので、うやむやにしたくないという気持ちがありました。
    ブログのkimuraが妙な正義感に目覚めたのです(^_^;)

    限られた環境の中で、一生懸命やられている方に対して配慮が足りなかったと気付きました。
    ここは本当にお詫びするしかありません。

    今回の一番の収穫は、えるえむさんとこうして真面目な話が出来たことかもしれません(^_^)
    いつの日か相互訪問を実現させましょう!

    なんだか最近は過激な事ばかり言っていたのに、最後に心が温まりました。

    返信
  8. えるえむ

    そうですねー。何気ない一言が励みになるものです。
    ただ,更新停止しているときに読んでましたとか言っていただくと心苦しいことこの上ないのですが;;
    書き手である以上,うやむやにしたくないという心情は大変理解できます。私は最初盛り上がって後から冷めるタイプなので,危ないかも…(苦笑)。

    >今回の一番の収穫は、えるえむさんとこうして真面目な話が出来たことかもしれません(^_^)
    kimuraさんのBLOGは以前より拝見しておりましたものの,なかなかご縁がなくて交流するきっかけがなかったのですが,私もこの機会にお話ができてよかったです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です