汎用性のある安定化電源を考えてみる

closeこの記事は 7 年 8 ヶ月 3 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 IOTAから2500円で販売されているフィリップスのチップを使ったパワーアンプのキットがものすごく良い音なのですが(市販のアンプだと30万円クラスくらいの音でしょうか),いかんせんケース選定とその加工が悩み所で躊躇しているえるえむです。

 いかに回路がシンプルで半田付けが簡単なキットが誕生したとしても,市販のケースの見た目がいまいちであったり,ケースに穴を開ける作業自体の敷居が高いので(実は自作で最も高い?),個人的に今熱いと思われる安定化電源分野も,今ひとつ盛り上がりに欠ける感じです。

 というわけで,皆さんの希望するオーディオ用安定化電源の理想をお伺いできれば幸いです。
 PSEの関係もありますので,完全な完成品を配布するというのは無理ですが,それなりに真っ当なケースを用意して,はじめから穴あけ加工が終了していて,電源基盤も完成状態で,各パーツを半田付けするだけで完成するキットにしてしまえば,なんとなく漂う閉塞感もブレイクスルーできるかなという気もします。
 この企画は複数のプロの方に作業を分担してお願いしないといけない可能性が高いので,需要があることがわからないと動けませんので…。もちろん共同購入形態です。数は正義です。
 今回コメントいただいた方は必ず購入して頂くという趣旨ではありません。あくまで参考にさせていただくだけですので,お気軽に。

 一応のコンセプトとしては,安定化回路が入っていること,デジタル系の機器につなぐことを前提に高速応答性を考慮していること,デジタル用電源であることを念頭にむやみに巨大化させないこと,当然音質への配慮があること,という感じで検討しています。

○必要事項
【妥当だと思う金額】
【理想的なケースのサイズ】
【出力してほしい電圧と必要なA数】
【どこまで完成状態にしてほしいか】
【特記事項】

○記入例
【妥当だと思う金額】6万円
【理想的なケースのサイズ】Wadia170と同じサイズ
【出力してほしい電圧と必要なA数】12VDC,1A
【どこまで完成状態にしてほしいか】トランスと基盤を端子でつなげるだけにしてほしい
【特記事項】トランスはRコアとトロイダルを選べるようにしてほしい

※ すべてのご要望を満たすことは,コスト上昇を招きますので難しいと思います。最も希望者の多い組み合わせでの生産になると思いますので,あらかじめご了承ください。キットですから改造も歓迎です。

汎用性のある安定化電源を考えてみる」への2件のフィードバック

  1. Chedi

    プロジェクト提案、興味深く拝見しました。

    私も、
    ■満足できるケースがない
    ■穴あけの敷居が高い
    ■1からの自作は、全くダメな人が、中年になって水泳教室や英会話スクールの初級コースに通い始めるようなもの
    と思っており、Ismtさんのイライラと企画が理解できます。

    基本性能を保持しているケース入りの市販汎用電源のオーディオグレードへの改造(ダイオード、コンデンサー、フューズ等)とういうやり方が、経済原理と性能原理から予測して、リーズナブルではないでしょうか?

    COSEL Gシリーズ電源のオーディオグレード改造プロジェクトを企画されるなら、私は乗りたいです。

    返信
  2. えるえむ

    Chediさん,コメントありがとうございます^^

    オーディオに凝ってらっしゃる方は大抵筐体にも拘りがあって,美しいデザインや強固な構造を欲していると思うのですが,いかんせん自作用ケースはケース加工をしなければならない必要性から,板が薄く構造がちゃちにならざるを得ないという問題を抱えています。

    穴開けは工具があればよいとはいえ,そんな何個も作る訳じゃないですから,それなら加工済みのものを買ってしまった方が時間的にも資金的にも節約になりますよね(汗)。

    むしろ安定化電源は秋月のキットもありますし,ネットでちょっと調べれば作例はたくさん出てきますから,あとは電源のイロハが書いてある本を準備すればたいていの場合は問題ないのではないかと思っています。

    まぁ,イライラしているわけではなく,こんな物作れれば楽しいなぁ…くらいののんびりした企画です(が,軌道に乗れば結構遊べるはず)。

    COSEL Gシリーズは不勉強故存じませんでしたが,なかなか良さそうですね。
    これを改造するとなると,まず1台実験台が必要かもしれませんが…。
    とにもかくにも,ご提案ありがとうございます^^
    選択肢の一つとして検討させて頂きたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">