続・リビングオーディオを考えてみる そのに

closeこの記事は 7 年 7 ヶ月 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続きです。

▼システム総評
 音的には,バスレフ型Spがそこそこ広い空間で鳴るとこういう感じになるのかな?といったスケール感があり予想以上に伸びてくる中低域と,なめらかでピーク感のない(といっても抜けが悪いわけでもない)安定した中域?高域が印象的です。
 もともとOW3の音はかなり好みだったので,メインシステムとは路線の違う方向性にしたかったリビング用Spとして,選択に誤りはなかったと安心しました。

 あと,以前LINNのCLASSIKと組み合わせてみても同様でしたが,予想以上に定位感の良さが際立っています。OW3は指向性が広いのでどこで聴いても帯域バランスが露骨に変化する印象はないものの,定位はドンぴしゃにセンター位置で,やたら分離感よいんですね。
 他方で,ピンポイントで定位する一方で,はずすと定位感が悪くなるのがよくわかるのが悩みといえば悩みです(苦笑)。贅沢すぎる悩みですね…。もう少し内振りにしてみるといいのかな?。

 とはいえ,テレビで放映する映画をいい音で楽しみたいとか,スポーツ中継を臨場感豊かに楽しみたいというくらいの要求にはばっちり応えられる感じですので,非常にコストパフォーマンスの良い組み合わせになりました。でも,よくよく考えたら諸々混みだと約20万かかってるんですね…。これでコストパフォーマンス云々というのもおかしい…w

 そんな感じで,満足度はかなり高いです。色々とアドバイスいただいた皆様,ありがとうございました^^

▼でも,まだまだ楽しみます(笑)
 ラックが決まればWadia6をR-K1000Nにつなげる予定ですので,ピュアオーディオ的な役目はWadia6,マルチメディア的な役目はPS3と割り振られることとおもいます。家人にはPS3の操作は難しすぎるようですので(汗)。
 やはりCDをトレイに入れてプレイボタンを押せば音が出るというきわめてシンプルな動作ですむCDPはあと30年は無くなりそうにないですね。まだまだPCオーディオやネットワークオーディオは敷居が高いです。
 Wadia6も修理不能になったことですし,次はWadia6レストア計画&クロックチューンですね(謎)。某氏登場の予感…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">