バックアップをとりましょう

closeこの記事は 7 年 6 ヶ月 4 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 拙宅は,リッピング用マシンの1TBのHDDのなかにWAVEファイルが数百GBほど格納されていたわけですが,なんとそのHDDのインデックス部にセクター不良が発生して,WAVEファイルを読み出すのにものすごく難儀するようになりました。
 しかも,オフ会中に破損というあり得ない状況w 本当にぐだぐだなオフ会になってしまい,申し訳ないしお恥ずかしいしでもう最悪でした。

 しかも,読めるだけよいといえばよいものの,バックアップをとるにもものすごい時間がかかってしまい,新規にCDからWAVEを作成する方が早いのではないかという気すらしてきます。
 バックアップ作業中はマシンがほとんどまともに動作しないので,メーラーも満足に使えず,メールのご返信も遅れがちに…。困ったなぁ…。

 皆さんもこのエントリをご覧になった時点でバックアップをまったくとられていないようであれば,是非バックアップをお取りくださいね(涙)。

▼アンケート御礼
 アンケート結果ありがたく拝見いたしました。コメントくださった方もありがとうございました。改めて感想は後日書かせていただきますね^^

バックアップをとりましょう」への11件のフィードバック

  1. 通行人K

    初めて書きこまさせていただきます。
    何時も参考にさせていただいておりますm(__)m。

    このツールをご存知でないようでしたら使われてみてはいかがでしょう。
    FastCopy
    http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html

    かなり高速で動作し、ベリファイも行えます。
    ネットワーク上のPCへのコピーも可能です。
    エラー無くコピーできたかのログも見れます。
    自分はその機能に関しては使ったことはありませんが、速度コントロールで他の作業を平行して行った場合への配慮もあるようです。
    ベリファイは指定した全データのコピーが終わってから、一気に行う仕様です。

    注意点はリンク先の説明にもあるように、コピー先の末尾の ” の有無による挙動の違いです。
    これでコピー先のフォルダ階層の何処にコピーするかが変わってしまいます。
    (一例として単純にコピー元がD:\Musicフォルダで、その中のWAVファイルを、E:\Musicフォルダ内にコピーしたい場合はコピー先のフォルダの末尾には\はつけません。)

    自分の場合はリッピング用のPCのRAM上にリッピングした上で、
    一枚リッピングするたびに再生用のPCの二台のHDDにコピーするようにしております。

    自分も一度酷い目にあいましたので…(^^ゞ。

    返信
  2. 通行人K

    すいません。
    投稿したところ一部、文字が表示されないようです。
    ‘’の間と、パスの一例として書きましたD:とE:の後ろには”円マーク”があるものとして読み替えて下さいまし。

    返信
  3. えるえむ

    通行人Kさん,コメントありがとうございます^^
    いつも掲示板で話題にしていただいて恐縮です。
    現在FireFileCopyを使っているのですが,インデックスが破損したファイルを読み出すのにはどのアプリも時間がかかってしまう&OSが重くなるようで,こればかりは致し方ないかとあきらめています。

    FastCopyもおもしろそうですね。ご紹介ありがとうございます。
    まだまだサルベージしないといけないファイルはたくさんありますので,試してみたいと思います。
    こまめな保存・複製は重要なデータを扱う場合の基本・鉄則ですね。いやはや,お恥ずかしい…。

    返信
  4. 通行人K

    いえ、こちらこそ失礼いたしました。
    それに、この手のことは、ある程度PC弄り始めて期間がたった方は、皆さん経験しておられるのでは。
    口にしない方が多いだけで^^。
    RAID組んでても頭が飛んでしまうと駄目ですし、自分はそれを経験してからRAIDも止めました。

    いつも他所様の掲示板で一方的に話題にするだけで申し訳ございません。
    PCオーディオというと、まだまだ解明されていないオカルト的な面も多いですし、
    えるえむさんのようなサイトの存在は、やはり貴重かと存じます。

    そういえばこういうのがあったことを思い出しました。
    HDD Regenerator
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060811_hdd_regenerator/
    http://hddbancho.co.jp/hdd_regenerator.html
    自分はこれで助かったことがあります。

    フリー版しか使ったことがないですが、その時は比較的頭に近いデータがおかしかったらしく、
    フリー版を無改造のまま数回繰り返し使うことで、その部分まで復旧でき、正常に読めるようになりました。
    逆に使っても駄目だったケースも経験してますが、その時は完全に物理的に壊れていて駄目だったようです。
    ご使用は自己責任になりますが、こういうのも存在してるということで御参考まで。

    返信
  5. えるえむ

    >通行人Kさん
    ありがとうございます^^
    ご紹介いただいたソフトも試してみたのですが,連続で不良セクタが発生しており,しかも直せないようなので,ただいまHDDをだましだましコピー作成中です…。
    Seagateの事件以降,最近はWesternDigitalのHDDを使っているのですが,故障率が高いのでだんだん嫌になってきました…(涙)。

    返信
  6. 通行人K

    うへ?っ、HDD Regeneratorも駄目でしたか…orz。
    自分もSeagateだったのですが、あの事件をきっかけにWD10EADS二台に乗り換えました。
    その時はとりあえず読み出しには問題なかったのですが、容量的にもきつくなってきておりましたので。
    その前もSeagateでしたが、これがHDD Regeneratorで一旦復旧、その後、予備ドライブとしてしばらく使用、
    物理的故障でHDD Regeneratorも効かなくなりアボンしたドライブです…。
    WD10EADSは毎日かなり長時間音楽聴いておりますが、今のところ大丈夫なようなんですが。
    自分の場合、再生はfoobarで、一曲づつRAM上に展開して再生する設定にしているため、アクセス頻度が低いからかもしれません…。

    時間はかかっても、なんとか全データを無事、サルベージできるといいですね。
    凄く忍耐が必要かと思いますが、頑張って下さいまし。

    返信
  7. ヒューストン

    HDDの復旧とは話題が違いますが、HDDの使用に関しての実践的情報は、ぜひこのサイトを参考ください。
    http://hddbancho.co.jp/index.html
    既にご存知かもしれませんが、HDDは24時間稼動が一番長持ちするなんて、きちんと実験に基づいていて、ありがたい情報ばかりで、だいぶHDDの取り扱いが変わりますよ。
    こんなことをしてる人もいるというご参考までに。

    返信
  8. えるえむ

    >通行人Kさん
    何度もコメントありがとうございます^^
    おかげさまで,ようやくほとんどのWAVファイルが無事コピーできました。バイナリまで確かめる余裕がないのですが,とりあえず聴ける状態なので,追々リッピングし直していこうかと思っております。
    WesternDigitalでもRMAサービスがあるんですね。知りませんでした。確かに代理店経由で交換してもらうよりもこちらのほうがいい気がしますねw
    何度も情報をご提供いただき,ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    返信
  9. えるえむ

    ヒューストンさん,コメントありがとうございます^^
    HDD番長さんのページは前に拝見したことがありましたが,改めてHDDの寿命等についての記事を拝見すると,大変示唆に富む内容であることに驚かされますね。
    これを読む限り,HDDの回転数に近似する周波数の影響は与えない方がいいことになりますが,それが100Hz前後ということで,普通のスピーカーでしたら問題なく再生できてしまうレベルであることがわかりました。
    やはり振動の影響をなるべくおさえるためには,SSD等のメモリ系メディアから読み出すのがよいのかもしれませんね。

    返信
  10. 通行人K

    サルベージ達成、おめでとうございますヽ(^o^)丿。
    恐らく、達成感もあるかもしれませんが「やれやれ?。」という感じでしょうか。
    リッピングしなおせばいいとは言っても、PCオーディオでの利便性に慣れてしまっていると、やはりメンドクサイですしねぇ。
    音楽を思うように聴けない、禁断症状が悪化しない前に終わってよかったです^^。

    WesternDigitalにもRMAがあるのは、自分も今回調べてみてて、初めて知りました。自分のとこだって、何時壊れるかわかったもんじゃありません。情けは人の為ならず…ちゅうやつかもしれません。
    もちろん、壊れないで長持ちしてくれたほうがありがたいんですけどね(爆)。

    こちらこそ、何時も楽しみに拝見しておりますので、今後とも楽しく勉強になるサイトをよろしくお願いいたします< (_ _)>。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">