最近のオーディオ事情

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 27 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼DAP故障中
 現在,手持ちのSONYのDAPが2度目の修理にでてまして(しかも同じ症状!),移動中はおとなしく携帯をいじってたり雑踏に耳を傾けたりしています。そうなると新しいDAPがほしくなったりするんですよねぇこれが(爆)。
 前回修理した際には,物欲がMAXになっているタイミングで大抵「修理終わりました」っていう連絡をいただくので,その時点でかなり冷静になれました。さて,今回はどうでしょうか。

▼サブシステム
○リビングシステム
 見た目の問題で,黒のコーリアン板(13mm)をいれてみたのですが,音が悪くなってしまいました。PS3とR-K1000N載せてるだけなんですけどねぇ…。PS3もDLNAで再生してるだけなんですけど,音が変わるんですよね。今回は悪い方向にw
 コーリアンは使い方が非常に難しく,ワイヤーラック特有の音ののびやかさみたいなものが殺されてもの凄くデッドな,まさに死んだような音になります。中低域が濁って重苦しく鳴るのが最大の欠点で,その癖妙に量感だけは自己主張するのがやっかいです。おかげで,インシュレーターで調整しなければならなくなりました…。
 そんなわけで,コーリアンは(ワイヤーラックの棚板としては)できることなら使いたくない素材の一つです。樹脂製品だし理屈の上では金属ボードなんかよりはいいはずなんですけどねぇ…。まぁ,私の好みではないということだと思いますから,いかに私がコーリアンが微妙な素材だと感じているとしても,個人の感想であることを重ねてお断りしておきます。安い(75cm×45cmで四隅を加工して4000円!)ので忘れた頃に使ってしまうという学習能力のなさに乾杯。

○PCデスクトップシステム
 普段BLOGのエントリを書いているマシンもRSDA302P改造品を中心としたシステムを入れてあるのですが,こちらはとても快調です。メモリで音が変わりますけどね!
 問題は,快調すぎて別にメインのオーディオシステムを聴かなくてもいいかなって思ってしまうところにあります。こういうガジェット感覚で遊べるものが,むしろ楽しかったりもします。
 若い方がヘッドフォンやポータブルアンプ等で遊ばれるのも,自称オーディオ上級者があれこれ仕切りたがったり口出ししたりしない自由な気風があるからかもしれません。

最近のオーディオ事情」への2件のフィードバック

  1. Pourquoi

    樹脂は減衰率はそれなりにあるものの、如何せん音速が低いので
    鈍った音になってしまう傾向があり私は好きではありません。
    メリットがないわけではありませんがデメリットの方が多いので
    使いどころが難しいように思います。

    返信
  2. えるえむ

    Pourquoiさん,コメントありがとうございます^^
    そうですね。鈍った音になると思います。
    妙に癖のある素材のようなので,何かと組み合わせて使わざるを得ませんが,あんまり主張が強いのでどうしたものかと。

    ワイヤーラックって鳴きがあるわりには音は嫌いじゃないですw
    ポールの共鳴は酷いので,それだけは対策した方がいいとはおもうのですが…。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">