聴力検査ソフトを試してみる。

closeこの記事は 7 年 1 ヶ月と 13 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

http://masudayoshihiro.jp/software/mamimi.php

test.JPG

 最近mixiで聴力検査アプリが人気なようですね。taoさんのところでも話題になっていたので,以前やったものですが掲げておきます。

 ただ,24000Hzまで聞こえたぞ!とは声を大にしていえないところがありまして,ダイナミック型のイヤホンでTransit USBに直結してテストしたのですが,いくつか疑問点も…。

(1)どうも20000Hz以上の波形でもそれ未満の帯域に影響してくるというか,なんか違う違和感がある(理想的なD/A変換とほど遠い?)
(2)ダイナミック型イヤホン自体,高域になってくるとかなり音圧が落ちるので,ボリューム調整をせざるを得ない
(3)そもそも24000Hzまでf特的に平坦に再生できるシステムがあまりないので耳の特性を測ることになるのかどうか&かといって高級なシステムを用意するとそれはそれでTw飛ばしたら怖い

 というわけでして,果たして私が24000Hzまで聞こえているのか,極めて怪しいですww
 かといって,聞き取りに失敗して上のようなことを言っても説得力もないので,とりあえず結果は掲げておきました。
 やはり医療用の機器を使って,耳の生物的な反応の有無で聴力を判定する以外に正しい測定はできないと思います。オーディオファンとして聴力が気になる方は,医療機関での測定をおすすめいたします。

 さすがに可聴帯域ぎりぎりになると左右の耳の特性が異なってまして,左耳のほうが右耳よりも高域が聞き取りやすいようでした。当日の体調や耳垢の量(笑)にもよるとおもいますので,厳密には複数日にまたがって複数回チェックする必要がありそうです。
 特に,耳鼻科で耳垢を完全にとってもらったあとで試聴したら,システムの高域の印象が恐ろしく変わった(うるさく感じるようになった)ことがありますので,耳掃除は入念に(爆)。

聴力検査ソフトを試してみる。」への2件のフィードバック

  1. さもえど

    聴力検査ソフト、ワタシは、24,000Hzまで辿り着けなかったなーー。^^;

    ところで、耳垢掃除の為だけに耳鼻科って、受診出来るんですか!?
    チョット、そっちにビックリしてます。w

    返信
  2. えるえむ

    さもえどさん,コメントありがとうございます^^
    耳垢掃除のために耳鼻科にいったわけではなくて,耳が痛くて耳鼻科にいったら診療ついでに耳垢もとってくれたんですよ?(ちなみに軽い外耳炎でした)。
    なんか医療器具のパワーを見せつけられましたwww

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">