高音質配信の「今」

closeこの記事は 7 年 3 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼e-onkyo music、96/24楽曲をDRMフリーで無料配信
http://www.phileweb.com/news/audio/200911/27/9569.html

 ONKYOが96kHz/24bitのWMAデータを1曲だけ無料(DRMフリー)で配信しています(12月11日まで)。曲の内容はというと,歌い方があんまり好きではないので普段聴く気にはならないですが,試みとしては意欲的で良いと思います。
 ただ,これが96kHz/24bitのサウンドとして胸を張って薦めることができるものなのかといわれると,ちょっと疑問です…。凡百の(なんちゃって)SACDより才能ある方々が作るCDのほうが音はいいですし,ひっくり返るような素晴らしいデモ音源を用意した方がよいのではないでしょうか。

http://milestone.at.webry.info/200912/article_2.html

 問題は,ケンさんのBLOGで少し話題になってますが,PCが主戦場になってしまうと,波形データとか速攻で分析されてしまうことですね。少なくとも,音圧レベルと周波数特性は白日の下にさらされてしまいます。コンプレッションやマキシマイズのかけ過ぎ=悪とされるピュアオーディオ界においては,BLOG等でかけ過ぎだーなんて指摘を受けた段階で全体の購買意欲が減退するのは明白です。
 とはいえ,過敏に反応するのも考え物で,実際はほとんどの音源でコンプレッションが最低限かかっているとおもいます。マキシマイザはどうかわかりませんが…。ですので,音圧グラフから明らかにコンプ+マキシマイズがわかるほどひどいものは別として,一般論としてコンプ排除論というのは成り立たないとおもうんですよね。

 ちなみに,配布されているデータですが,foobar2000で無事WAVに変換できました(takoyakiさん,ありがとうございます)。どうしてもWAVで再生したいという方はどうぞ。

▼相対性理論+渋谷慶一郎コラボ曲の高音質音源を先行配信
http://natalie.mu/news/show/id/24571

 相対性理論といっても,アインシュタインではなくて日本のバンドの名前です。不思議な歌詞と何ともいえない歌い方に,なんだかはまってしまいそうなそうでないような…(笑)。
 むしろ,高音質音楽配信での本命はこっちでしょうか??坂本龍一氏主催のレーベルなので,著作権関連の処理がしやすいのかな?とか,まぁ,実体はわかりませんが,こういうシンプルさは音楽配信にとって必要なのでしょう。
 いずれにせよ,高音質を売りにしなくても興味が沸いてくる程自身に魅力のあるアーティストが,ファンサービスとして高音質なものを提供するからよいのであって,もはやオーディオマニア層ですら,音がいいという漠然としたキャッチフレーズで釣られる時代は終わったのです。

 マスタリング前データの配信なんて,とっても不思議な感じがしますが,どういう音になるのか興味津々です。つまりこの場合,マスタリングとはCD規格に落とし込む作業のことをいうのだ,ということですね。
 これとCD音源を比べてみて前者がよければ,ネットによる高音質配信時代の到来によってマスタリングエンジニア不要論も唱えられるようになるかもしれません。まぁ,最終的には,高ビットレートになればなるほどセンスが求められるようになってきて,マスタリングエンジニアが必要とされる気がします。個人的にはですけどね。
 データ的には,坂本龍一氏の例もありますので,AIFFフォーマットになればいいなぁと思いますが,どうでしょう? AIFFならWAVへの変換も簡単ですし,iPodにそのままコピーできますから(でも再生できるかは謎),あまりこういったことに関心がない方でも受け入れやすいのではないでしょうか。個人的にはWMAっていうだけで売れないと思っちゃいます(爆)。

 というわけで,今後も音楽配信の動向は見ていきたいと思います。

※ ちょっと砕けた感じの文体にしてみましたがどうですか?普段通りのほうが読みやすいでしょうか。

高音質配信の「今」」への5件のフィードバック

  1. さもえど

    WMAやめてけれ・・・と思うのが、ワタシだけでなかったので、チト安心。w
    とりあえず、どうやってWAVに変換かけるか、検討ちうです。

    p.s いい感じぢゃないっすかねーー < ちょっと砕けた感じの文体・・・

    返信
  2. さもえど

    あっ、すみません、foobar2000のとこ、読み落としてました。m(__)m
    情報、さんくすです・・・どうしても、WAVに変換したかったので。^^;

    返信
  3. えるえむ

    さもえどさん,コメントありがとうございます。
    実は途中で書き足したので(うちではよくあることですw),変換の話は最初はありませんでした。驚かせてしまって申し訳ありません。

    まぁ,DRMつけて管理する場合,選択肢がほとんど無いのもまた事実ですからWMAになっちゃうのもわからなくはないんですけどねぇ…。
    なにより,WMAの場合iPod系全滅っていうのがちょっと悲しいですよね(iTunesが変換してくれますが)。黎明期に利便性捨ててがちがちに固めてもあんまりいいことはないと思います。

    返信
  4. えるえむ

    (や)さん,コメントありがとうございます。
    ご紹介のWMA2LPCMはすでに試していたのですが,64bitOSだかなのか,96/24のファイルだからなのか,はたまた私の理解力不足なのか,うまく変換できなかったんです。
    どうも,96/24系のファイルは変換がうまくいくものといかないものがあるようなのですが,とりあえずfoobarはフリーソフトですし,皆さん気軽に使っていただけるのではないかと思います。
    情報ありがとうございました^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">