アンケート結果について

closeこの記事は 6 年 11 ヶ月 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

http://www.spatiality.jp/modules/hdpoll/result.php?poll_id=9

 アンケートの結果を拝見いたしました。ご投票くださった皆様,御礼申し上げます。投票数自体は私の方で告知を1度しかしなかったということもありまして,票数としてはあまり多くはありませんが,十分参考になるご意見でした。

▼総評
 最も多かったのが,「もっとカジュアルなPCオーディオを提案して欲しい」ということで,逆に「もっとエンスーなPCオーディオに注力してほしい」はなんと1票も入らずw
 カジュアル路線の需要があるということは前から感じてはいたものの,まさかエンスー路線がここまで支持されていないとは思いませんでした。まぁ,色々と敷居が高いですからね。

 PCオーディオ研究の加筆修正については,ハード・ソフトともに需要があるようで,同数となりました。皆さんハードもソフトも両方重要視されているということではないかと思います。私も同意見です。ハードの性能が上がってくるとソフトでの変化が露骨にでてくるので,舵取りが非常に難しくなってきますね。

▼個別のご意見について
 他には,ComputerAudiophileみたいなサイト希望!というご意見もいただきました。確かに,Wordpressっぽいニュースサイトみたいなものってあんまりないですよね。最初がんばって情報量を増やしていけば,段々ニュースも舞い込んでくるようになるのかもしれませんが…。でも,色々ありましたし,業界とは縁遠いんじゃないですかねぇ(笑)。
 以前モノフェローズのお誘いもいただいたので,PCオーディオがらみのものをお願いすれば試聴はできるのかもしれませんが,ハイエンド製品はあまりモノフェローズの壇上には上がらないでしょうし,エントリー製品すぎると評価の基準設定が難しくなってしまうので,悩みどころではあります。
 あと,フォーラム自体,盛り上がらない感じもするんですよね。以前しばらく開いていましたが。基本的に,PCオーディオ系の方ってあまり自分から情報を表に出してこないイメージがあるのですが,どうでしょうか。結局意見を申し述べても,全く反応がありませんでしたし,ComputerAudiophileみたいな盛り上がり方はしないんじゃないかと思います。

 また,具体的なおすすめセットの提案記事は好評なようです。たくさんあるパーツのうち,何を選べばいいのかがわからないという方が結構いらっしゃるということのようです。確かに勘所が難しいかも。なんかランク付けとかしたらわかりやすいんでしょうけど,色々物議を醸し出しそうです(汗)。

 それと,安定化電源について言及して欲しいというお話もありました。電源は露骨に音が変化するので,避けて通れない話題ですね。
 スイッチング電源なら,FIDELIXのスイッチング電源が12Vと5Vに対応してくれたら最高だな?とかいつも思っています。共同購入でたくさん購入するなら作っていただけるのなら,すぐ企画します!w
 安定化電源も前から下調べをして,基本的なことを勉強して,パーツを集めて作る直前まではいったのですが,前にも書いたように,ケース加工の苦労の割にまともな形の物ができない,拘り始めるときりがなく結局パーツ代にむやみに数万円かかってしまう,情報に翻弄されてしまっていつまでも組み立てがスタートしない(笑),といったことがあり,結局自分では作ってないんです。そこで,じゃあ信頼できそうなオーディオデザインさんに作っていただこう!という流れでした。
 そんなわけで,今回のオーディオデザイン製電源は,自作するにあたっての目標として,やはり基準が欲しいという意味もあります。一人で10台も20台も必要なわけではありませんし,自分で必要な分だけですと設計開発費用を全てお支払いすることになるので,用途が限定される電源にそこまでは…。そこで,今回の共同購入企画は,設計開発費を1台いくらと割り振って支払うような形になっています。
 いや,ほんと0.02mVrmsって恐ろしい低ノイズですよ。こんなのどうやって作るのかと(汗)。まぁ,A数の高いものは自作せざるを得ませんから,それについては追々某氏に色々教えていただいて,制作記なんてかけるといいなぁとは思っています。

 あとは…,ちょっとお答えしにくいご要望などもいただきましたが,ノーコメントで(汗)。いろんな意見があるほうが良いのではないでしょうかね。様々な意見が自由に言えるからこそ,洗練されていくことというのも有ると思います。

■ というわけで,頂戴したご意見についてのコメントでした。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">