色々と書きたいことは貯まるのですが

closeこの記事は 6 年 9 ヶ月前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 いかんせん気力がない…w

 まぁ,そういうわけにもいきませんので,いくつか最近気になったことをいくつか。Twitter再編集版ですがw

▼スピーカー設計は二項対立的か?
 音圧周波数特性と過渡特性(たとえばインパルス応答)は別に対立する概念じゃないとおもいます。両立しているスピーカーはいくつもありますし,優先順位の問題ではないかと。何を重視すべきかということをずばっと回答しているメーカーはそんなにないですけども。

▼オーディオにかけるコスト
 とにもかくにも
,オーディオで一番コストをかけるべきは部屋の広さを確保することかもしれません。天井高との兼ね合いがありますが。機材は100万円程度で全く問題なし。もちろん上を目指せばいくらでもいけるわけですが,多くのマニアも納得の音質は確保できると思われます。
 また,なにもオーディオ的に吟味された部屋である必要はぶっちゃけ無いと思います。ある程度ライブであればよいんじゃないかと。部屋の角を吸音する,一時反射点を吸音にするだけで基本的には問題ないのではないでしょうか。
 むしろ,広い空間においてでもなお,スピーカーのセッティングを如何に妥協しないかが重要でしょうね。

▼スピーカーセッティングこそ重要!
 前項を受けてですが,部屋が広いからってSpをどこにセッティングしてもいいっていうわけではなくて,特にセッティングによる低域の変化はおそろしいものがあると思います。というか,実感しました。
 そういう意味では,
カルダスセッティングには一理あって,実際はスピーカーから背面までの壁の距離をかなりとるほうがいい感じになる気がしますね。
 もちろん6畳間の狭い空間においても,セッティングは極めて重要です。むしろクリティカルに変化します。それこそ1cmもずらせばわかる変化じゃないかと。うーむ。オーディオは難儀な趣味ですね…。

これぞブラインドテストw
 リビングのSpケーブルをこっそり交換していたら,「音が前よりはっきりして音量調整が難しい。オーディオ壊れたのか?」と家人から問い合わせが。

色々と書きたいことは貯まるのですが」への3件のフィードバック

  1. Yuji

    「四畳半の部屋に1000万円の装置」と「20畳の部屋に100万円の装置」だったら、どちらを選びますか?(余程ヘンテコな間取りでなければ)

    返信
  2. えるえむ

    Yujiさん,コメントありがとうございます^^
    そうですね?。今なら後者ですね。
    ただ,悲しいのは,20畳の部屋に100万円の装置をいれて良い音を出すには,四畳半の部屋に1000万円の装置をいれて悪戦苦闘するくらいの経験が必要ではないかと思われることですね(爆)。

    返信
  3. Yuji

    広い部屋がほしくて変な質問してしまいました。(^^;

    「スピーカーセッティングこそ重要!」は、すご?く同感です。
    むかし、アマティ(SonusじゃなくてCELLOの方です。ARのLSTみたいなやつ)というツィーター4個がホリゾンタルアレイの変なスピーカーを使ってて、セッティングに随分と泣かされました。
    スピーカーの背面の距離とか左右の距離とか大切ですよね。
    今度、奥義を教えてください!

    あと、えるえむさんの新スピーカーも楽しみにしてます!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">