オーディオの優先順位

closeこの記事は 6 年 7 ヶ月 11 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 オーディオを高品位にならすための優先順位って悩ましいですよね。もちろん皆さん持論を各自お持ちだと思いますが,私の場合,今のところはこんな感じで位置づけてます。

(1)音源
 音源の音がどうしようもなければ何をどうしたってどうしようもないです。本当にどうしようもないソースをどうにかするなら,確実にアンバランスな再生音のシステムになると思います。私の場合は,ホームオーディオはコンセプトに納得した物を組み合わせて高音質にならすという方向性で,ポータブルオーディオは録音が悪いと思われるものも積極的に楽しめる方向性にしています(ポータブルは色々組み合わせが簡単なので)。

(2)スピーカーのセッティング
 部屋との関係で決まりますが,セッティングが完璧に自由なのであれば,アクセサリーの類はほとんど不要だと思います。いかに良いスピーカーでも,セッティングの詰めが甘いと本領を発揮してくれない印象です。

(3)スピーカー
 スピーカーの個性は再生音全体に影響しますから,こちらも非常に重要です。セッティングとの順位付けは難しいのですが,おおざっぱにいえば,高性能になればなるほどセッティングにシビアになってきます。特に低域が変化しやすいので,低域再生が可能なスピーカーの場合はセッティングでスピーカーの音質傾向そのものが変化して聞こえてしまうと思います。

(4)アンプ
 経験上は,アンプがスピーカーを駆動できていないとかなり寂しい結果になるように思われます。なんというか,低域の量感はあってもスカスカで立ち下がりが悪い感じといいますか…。高域方向より低域方向で差が出てくることが多いので,低域フェチなら特にアンプは吟味したいところです。

(5)DAC
 DACの音質は聞き取れる情報量のかなりの部分に影響する印象です。ハイエンド同士の比較になってくると段々ニュアンスの違いというところになってきますね。

(6)トラポ
 WordsyncやASRCなどでジッター対策ができない場合はDACより重要です。

(7)その他アクセサリー
 最下位にしましたが,かといって軽視して良いものでもないですね。特に電源関係とセッティング関係は,ケースバイケースですが相当変化しちゃうこともあります。ただ,基本的には微調整のために使うのが望ましいのではないでしょうか。たとえば,「全体的には好みだけど,ボーカルのこの感じが嫌だ」みたいな悩みを解決してくれるのがアクセサリーの位置づけかな?と。でも,それこそが長年の課題だったりすると,ついつい「激変」って言いたくなっちゃうんですよね(笑)。

オーディオの優先順位」への1件のフィードバック

  1. 結うまい

    あ、ここで激変が出ていましたかw
    あそこでは失礼しました。
    僕もこの順位で考えています。
    上流と下流がシッカリしない(できない環境)では、音も良くないでしょうからね。
    拙宅では、次の候補はパワーアンプです。
    マルチでいくか、フロントのみで行くか、凄く悩み中です。DS-Iを入れて試してみたい気分ですが、何せ先立つものが無くて・・・(涙

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">