PSEと電源ケーブルの関係

closeこの記事は 5 年 8 ヶ月 26 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

少し前からオーディオに関心を持たれている方でしたら,PSEはよくご存じかもしれません。電気用品安全法,所謂電安法,PSE法というものです。

電安法は,経済産業省が所管する法律で,電気用品の安全基準を定め,これに違反すると刑事罰が科せられたりすることもある結構厳しい法律です。ちなみに,販売事業者にも販売する製品が電安法に適合しているかどうかを確認する義務があり,これを怠った販売事業者に罰則が科せられることもあります。
ただ,経産省の方に言わせると,特に丸PSEを例に挙げて,旧電取法に比べれば届け出をすればよくなったんだから寧ろ規制緩和だーなんておっしゃいますね。

電安法には二種類のカテゴリがあり,危険度に応じて◇PSE(菱形PSE)と○PSE(丸形PSE)に分けられています。菱形PSEは取得するために検査機関の審査や製造設備の立ち会い検査,検査機器の校正証明書発行など,種々の手続きが必要で,費用的には100万近く,審査期間は半年程度必要です。

オーディオ分野ですと,電源ケーブル(正しくは電源コードです)が非常に問題で,こちらは菱形PSEが必要になります。所謂オーディオメーカーの電源ケーブルは殆どこのPSEの検査をパス出来ない構造になっていて,日本の電源ケーブル分野は殆ど瀕死の状態です。結構網がうまくかかっていて,しんどいのです。

では,PSEの規制が具体的にどのように機能しているか見ていきましょう。

例えば,菱形PSEの認証をとったパーツで作ればいいのか?といわれるとそうでもありません。菱形PSEを取得した電源プラグ,ケーブルを用意しても,自己使用目的で製作するのであれば問題はありませんが,他人に譲り渡すことを目的にすると,製造事業者になってしまいます。
ただし,自己使用目的で作成したケーブルが不要になったので処分する,というのは問題ありません。制作時に自己使用目的かどうか,が基準になります。
ですから,自作電源ケーブルの中古品をヤフオクに出品するのは問題ありませんが,新品を出品するのは違法になります。

同様に,電源ケーブルを輸入しているものを販売する,というのも規制対象で,自己消費目的でPSEの認証を経ていないものを輸入するのは問題ありませんが,人に譲り渡すことを前提としている場合は違法になります。
ですので,PSEの認証を経ていない電源ケーブルの輸入代行も違法になります。

輸入代行が違法であるように,製作の代行はどうか?となると,あくまで製作した主体(人)が誰かを基準にしますから,やはり違法です。うーむ辛いですね……。

このように考えると,現在PSEを取得して電源ケーブルを製造されているブランドは凄い努力をされているなと思います。
では,菱形PSEを回避して販売する方法がないのか?といわれればあります。丸形PSE等が必要な機器等に「付属品」として付けてしまう方法です。ただし,これにも条件があり…と本当に厄介な法律です。もう少しなんとからならなかったんですかねえ……。

以上の解釈は経済産業省の担当部署の解釈なので,訴訟とかになったら裁判所が違う解釈をしちゃった,ということはあり得ます。その点はご了承ください。

PSEと電源ケーブルの関係」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: Kotaro Shima

  3. ピンバック: magrin blog

  4. ピンバック: magrin blog

  5. AVCTNEGY

    えるえむさん
    PSE法対応で音を上げている様ではケーブル屋は勤まりませんよ。日本の電子機器は米国輸出が前提ですが、米国にはUL(Underwriters Laboratories Inc.)規格といって、火災保険会社が作った規格作成、品質フォローをしている組織があります。日本の機器用電線を製造しているメーカーのカタログを見るとUL規格品が山と記載されています。ULが作成した規格は米国連邦規格に採用され、州法に落ちますので、米国へ輸出する機器は全てUL規格の合格品でないと成りません。なぜなら、UL規格品を使用していない機器から火災が発生したら、火災保険は下りない仕組みだからです。電線・ケーブルのUL規格品は基本的には出荷時全品UL検査員の立会い検査に合格をして、合格を証明するラベルを現品に貼り、機器メーカーはどの電線を使用して機器を製造したか分かるようにラベルを保管しておく必要があります。
     UL規格は火災保険会社がベースとなった規格ですから、電線に関しても、難燃性が最重要視されていますので、AV機器に使用される電線にも、電線を垂直にして試験するVW-1という試験に合格する事が求められています。
     電線の絶縁体の難燃性をアップする為には多くの難燃剤を絶縁物に配合しなければなりませんが、この欠点は絶縁体の電気特性が悪くなってしまう事です。因って、国内で使用することを前提に考えるなら、米国のUL規格品を使用しないほうが音質の良い製品を造れる可能性が増します。

    返信
  6. ピンバック: えくす( くらげ社広報部長 )

  7. ピンバック: シマリス技研は衰退しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">