QuickTimeが密かにWASAPIに対応した件

closeこの記事は 7 年 6 ヶ月 28 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PCオーディオをしていると,利便性と音質の狭間で身動きがとれなくなることがよくあります。
 iTunesの便利さは捨てがたいけど,バイナリが不一致になりそうなカーネルミキサーを通さないといけないのはちょっと精神衛生上よろしくない…そんなお悩みを抱えてらっしゃる方に朗報です。最新版のQuickTimeがWASAPIに対応したようです。
 iTunesはQuickTimeをデータ再生の際に使っていますので,これでWASAPI経由で音を出せるわけですね。良きかな良きかな。

 設定方法は,QuickTime Playerを起動させた後,編集→設定→QuickTime設定→[オーディオ]タブ→デバイス→Windows Audio Sessionを選択,です。ただし,Vista/7の32bit版に限ります(涙)。64bitも早く対応してください?。
 ちなみに,レイテンシも設定可能ですので,レイテンシを煮詰めたい方はこちらも調整されてみるとおもしろいかもしれません。

 ちなみに,WaveOutがバイナリ一致するのかどうかは,海外の掲示板でも議論のあるところのようですので,ご関心がある方は調べられてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です