Windows Media Playerも高音質化?ReClock

closeこの記事は 6 年 3 ヶ月 18 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

[09/13に内容を一部訂正しました。]

前回に引き続き,Windowsで使える最近話題のソフトウェアのご紹介です。Slysoftが公開しているReClockというものです。既にご愛用の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

http://forum.slysoft.com/showthread.php?t=19931

slysoftといいますと,CloneCDとかでお世話になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。10年前くらいに流行ったやつですね。最近だとAnyDVDとかなんでしょうか。詳細は省きます。

▼ReClockの概要
表題のReclockですが,結構前からPCの動画再生で楽しまれている方の間ではわりと知られた存在だったようで,ディスプレイのクロックに合わせて動画のフレームレートを調整し,それにあわせて音声をリサンプリングして映像と音声の同期を維持するためのフィルター(プラグイン)です。
これはどういうことかというと,PC用のグラフィックカードをWindowsで扱うと,ハードウェアの映像切り替えのタイミング(「リフレッシュレート」と呼ばれます)が基準となる周波数より進んだり遅れたりしてしまう他,映像切り替えのタイミング(「フレームレート」と呼ばれます)があっていないことがあるそうです。

これが何をもたらすかというと,映像がぎこちない再生となり,音声の同期もずれてくることになります。これはデジタルオーディオ分野のジッターと同じことなので,知覚できるか出来ないかという問題はあるものの,程度問題であって解決しない類の問題といえるでしょう。
このリフレッシュレートとフレームレートのずれ等が酷くなっていくと,映像と音声の同期も怪しくなっていきます。そうすると,役者さんが口を開けているときに台詞が聞き取れない状態になるわけですね。あれは凄く違和感があります…。
そこで,ReClockはPCのハードウェアを監視して,クロックの揺れ(まさにジッターですが)に対応して映像と音声を進ませたり遅れさせたりします。これを単純にクロックだけ早めたり遅めたりすると,音程が上下してしまってよろしくないので,SRCによるリサンプリングによって不自然にならない程度にサンプリング周波数を変更している,というものだそうです。

▼実際の使い方
さて,それではReClockの基本的なコンセプトはこの辺にしておいて,実際の所どうなの?という話をしていきましょう。音声再生に使えるのではという発想はHead-Fiあたりから派生したもののようで,それをささきさんが紹介されて,日本でも知られるようになりました。

まず,ReClockは動画再生時に使う場合には二つの使い方が考えられます。ひとつは,上述したようなリップシンク(映像と音声のタイミングをそろえること)であり,もうひとつがWASAPI排他モードを使ったbit Exactな音声再生です。一つ目は既に述べましたので,二つ目の点について見ていきましょう。
これまで,Windows7であっても,WindowsMediaPlayer(以下WMP)にせよMediaPlayerClassic HomeCinema(以下MPC-HC)にせよ,WASAPIの共有モードを使用して動作していました。つまりカーネルミキサー経由だったわけです。まぁ,実用上はその方が何かと便利なのは確かですが,気持ち悪い部分はありました。
これに対して,ReClockは,WASAPI排他モードを利用したうえで,さらに音声のクロックをMasterとし映像のクロックをSlaveにすることで,ビットパーフェクトな音声再生が可能になっています(ただしデバッグ用モードなので設定がかなりシビア)。

Renderers infosの部分のAudioに「WASAPI exd. (bit exact)」と表示されていればOKです。
なお,ReClockはDirectShowという仕組みに対応するあらゆるプレーヤーにおいてフィルターとして使う事が出来ますから,これらのプレーヤーでもReClockの設定をそのまま生かすことができます。たとえば,WMPやMPC-HCでも,ReClockを使ってカーネルミキサーバイパスによって音質劣化を防ぐことが可能なわけです。

ポイントは,bit exact設定は音を良くするためのものではなくて,データを改変させないため,つまり音を悪くしてしまわないようにするため,に使うということです。bit exactはデータの「正しい」再生に必要不可欠な要素であることに留意する必要があります(この理解は次回音声データ再生の時に必要な部分です)。表題であえて高音質と振っておいて?マーク付きなのはそのあたりの意図もあります。

次に音声データ再生ですが……といきたいものの,長くなりましたので今回はここまでといたします。拙Blog的には次が本番ですね。

Windows Media Playerも高音質化?ReClock」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. hiroshi

    今日は.
    WMPでもビットパーフェクトで再生できるか確認しています。XPパソコン2台で1台で再生させたものを1台でデジタル録音してファイルコンペアする手法です.foobar2000(ASIO)で再生したものはビットパーフェクトとなるのですがWMP11+ReClock1.8.7.9β(kernelstriming)では100%相違が発生します。volumeなど確認しているのですが。。。ReClockのバージョンも変えて試してみるつもりです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">