RME 96/8 PST動作状況

closeこの記事は 6 年 8 ヶ月 9 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PCオーディオに昔から関心のある方ならなじみ深いと思われるRMEの古いオーディオインターフェース96/8 PSTを使って(さらにちょっと改造して),格安で良い音を楽しもうみたいな企画をやろうと思っていたのですが,頓挫してしまったので一部のネタだけメモ代わりに公開しておきます…。

 最近では中古で1万円程度で入手できるRMEの96/8 PSTですが,Windows7でも動作するようです。ただし32bit版のみ(涙)。拙宅は64bit版ですので,考えられる代表的なインストール方法は試しましたがどれもOSに蹴られてしまい駄目でした。
 なお,96/8以外の主要なオーディオインターフェースは大抵64bit版ドライバが用意されているので,問題なく使えるようです。FF400とかちょっとだけうらやましいw

 ちなみに,RMEでは96/8の64bit版ドライバーを開発する予定は一切無いそうで,ドイツのRME公式掲示板では,きっと何度も繰り返されたであろう「64bit版ドライバでないの?」という質問に,中の人がきれながら回答していたりします(爆)。日本じゃあんまり見られない光景です。

 というわけで,64bitOSでも動いてDirectSoundも使えるオーディオインターフェースとなると,Lynxかなぁ…。残念無念。悩ましいです。

RME 96/8 PST動作状況」への2件のフィードバック

  1. Xingxing

    突然失礼致します。
    お分かりになるようであればお教え頂きたいのですが、RME 96/8 PSTで出力を強制的にS/PDIFにする方法は無いのでしょうか。プレイヤー(Frieve Audio)でASIOドライバを指定すると、なぜかADAT出力になってしまい、困っております。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">