RSDA302Pの見分け方

closeこの記事は 8 年 28 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 Apogeeチップ時代のRSDA302Pですが,サンプリングレート96kHzのデジタル入力に対応しているモデルとしていないモデルがあるようです。

 もともと96kHz入力自体が非公式の対応のようですが,底面のディップスイッチの色がホワイトの場合にはディップスイッチ4番は無効で,96kHz入力はできない模様です。
 ケンさんのBLOGを拝見して先日ハイサンプリングレートのソースを聴いてみるかと思いたったのですが,見事に96kHz入力を受け付けず,小一時間格闘してしまいました(涙)。ケンさんのRSDA302Pはディップスイッチの色がオレンジなので,オレンジなら大丈夫なのかもしれません。

 現在はデジアン用ICのメーカーが変更になっているようですが,中古品をヤフオク等で購入される方で,ハイサンプリングレート対応を期待されている方は,是非背面ディップスイッチの色をご確認ください^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です