C80同人誌『音響男子』創刊!

closeこの記事は 5 年 8 ヶ月 9 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

オーディオ分野は基本的に成熟した市場で,今後市場拡大を展望するのは非常に難しいと言わざるを得ないというのが一般的な認識でしょう。しかし,私はそうは思いません。オーディオにはまだまだ魅力があり,アピールの仕方次第では新規購買層を獲得することも出来るはずです。

そこで,今夏のコミックマーケット80においては,オーディオ分野初のBL系オーディオ同人誌『音響男子』をリリースさせていただくことに致しました。

※BLとは,ボーイズラブ(BOYS LOVE)の略で,男性の同性愛的な表現,キャラクターや人物を描くジャンルの総称です。詳細はWikipediaをご覧下さい。

概要

  • スピーカー×アンプ
  • 左チャンネル×右チャンネル
  • プラグ×コネクタ
  • トランスポート×DAC
  • プリアンプ×パワーアンプ
  • 整流ダイオード×平滑コンデンサ

コンセプト

昨今,2次元系美少女キャラクターとオーディオ機器のコラボレーションが成功している例はご存じの方も多いかと思います。
しかし,本来男性的なデザインが極めて多いオーディオ機器において擬人化その他の手法に基づいて「美少女」を当てはめるというのは本質的には不自然であり,本来は「美男子」を当てはめるのが妥当であると考えます。非常に購買力が高いと言われている腐女子層にオーディオの魅力を再認識して頂く意味でも,価値ある試みであると考えております。

また,最近の若いオーディオ(特にポータブルオーディオ)ファンの方はファッションにも非常に敏感な方が多く,従来の野暮ったいマニア層のイメージとは異なる人物像を提唱することで,古い趣味であるオーディオ分野にも新たな潮流が生まれていることをアピールする絶好の機会でしょう。

今日この日にこうした発表をさせて頂けることを大変嬉しく思います。どうぞご期待せずにお待ちください。

C80同人誌『音響男子』創刊!」への12件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: ばやし色シンフォニー

  3. ピンバック: serieril(せりえりる)

  4. ピンバック: Haruyuki Kume

  5. ピンバック: はなっこ

  6. ピンバック: 合世鏡瑠奈

  7. ピンバック: 平 凡

  8. ピンバック: 平 凡

  9. ピンバック: ryota miyake

  10. ピンバック: ryota miyake

  11. ピンバック: がんくま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">