タグ別アーカイブ: ケーブル

LANケーブルを作ろう! その6

今日PCOCC単線を使用したF/UTP Cat6ケーブル試作品を頂くことが出来ました。どうやら,凄い音がするらしいですよ……?

伝聞なのは,私がまだ聴いていないからです(笑)。私は色々知りすぎているので,まずは概要以外は知らない方に聴いて頂くかたちにしました。理論的・構造的に手を抜いていないケーブルが実際に素晴らしい音だと嬉しいですね。
私としては,高「音」質ケーブルである以前に高「品」質ケーブルである必要があると思っています(特にLANケーブルで音質・画質が云々というのは眉唾っぽいと思われるのも良く分かる話ですし)。ですので,品質を確かめるべく,来月JECTECさんを訪問させていただく予定です。オーディオ業界(たぶん)初の検査機関の特性証明書付きケーブルの誕生なるか?!

どうやら,特性証明書そのものは発行できないようですので,測定の様子をレポートさせて頂きたいと思います。あとは守秘義務に抵触しない範囲で出せるデータは広く公開して,皆様のご参考になるように努めさせて頂きます。

なお,本ケーブルですがなるべく入手性を良くするよう心がけたいと考えております。販売店様をご紹介頂けるようでしたら,是非お問い合わせからご連絡頂ければ幸いです。販売店様からの直接のお問い合わせも勿論歓迎いたします。
現在のところ,PCパーツショップ様1店舗(決定),オーディオ専門店様2店舗(予定)でのお取り扱いとなっております。

そのほかにも色々ありますので,今後の発表をお楽しみに!

メッキで変わるもんですね。

 Yujiさんのところでレビンソンの魔力を感じ取ってからというもの,な?んか拙宅システムの音に生命感や躍動感がないな?と思っていたのですが,原因が分かりました。パワーアンプ用ケーブルのプラグを変更したせいでした(爆)。

 でも,ちょっとケーブルとプラグを数カ所入れ替えて,おおよそ満足する音色になったかなと思います。変更した箇所はメディコンのACケーブルです(笑)。
 いやーそれにしても,変化の仕方がありえませんでした。電源ケーブルって,ケーブルそのものが分解能を決める気がしますが,帯域バランスや音色は思いの外プラグが支配的なのかもしれません。

 というわけで,あらためて電源関連で使われる各種素材の導電率をみてみましょう。金はオーディオでよく使われるメッキのなかでは導電率が良い部類なんですね。
 なお,交流50Hz/60Hzは低周波なので,メッキ部だけでなく導体中心まで均一に流れるそうです。なので,音質が電源ケーブルの導体の種類で変化するとすれば,(1)一般家庭にきている交流電流には高周波帯域にいたる電流も流れているから音が変化する,(2)Sp由来の振動がケーブルやコネクタを媒介に機器に伝わるために変化する,(3)交流電流が流れていることによる経路自体の振動が機器に伝わるために変化する,といった説が思いつきますね。

 接点と金属の関係については下記サイトがとても分かりやすい記事を大量に掲載してくださってます。必読です。
【参考】ブラッシュウエルマン:技術資料 – ひとくち技術情報: 巻・日付別

【各種導体の導電率(IACS値)】表記例:素材名(磁性)IACS値
△高い△
銀(反磁性)105
純銅(反磁性)100
金(反磁性)74
ベリリウム銅50合金(反磁性)48?58
ロジウム(常磁性)38
ニッケル(強磁性)24
ルテニウム(常磁性)23
ベリリウム銅25合金(反磁性)22?25
真鍮(反磁性)20?28
プラチナ(常磁性)17
鉄(強磁性)16.5
パラジウム(常磁性)16
りん青銅(反磁性?)12?15
▽低い▽

○IACS値は,純銅を100とした場合の導電率の比率を示した数値です(実際の抵抗値ではありません)。以前紹介した比較表,上掲ブラッシュウエルマン技術資料,wikipedia代表値から算出しています。

※合金は各種金属の含有量によって導電率が変わりますが,特にベリリウム銅は25合金が一般的ではないかとおもいます。
※りん青銅はおそらく反磁性じゃないかとおもいますが,合金なので確証がないです。
※反磁性体≒非磁性体,常磁性体≒非磁性体,とざっくり理解してしまって良いでしょう。また,物性物理用語の強磁性体≒工業用語の磁性体と理解して良いと思います。
【参考】http://www.26magnet.co.jp/database/word/index.html

AVCT PS-35で自作してみる

 電源ケーブルはここのところオヤイデの切り売り線をベースにすることが多かったのですが,そればかりだとオヤイデカラーが出すぎるので,最近は他社のケーブルを転用したりして様々な自作ケーブルを作っています。

 そんななかで久しぶりに切り売り電源ケーブルの注目株といいますか,最近ブランド自体に注目しているAVCTの新作電源ケーブルPS-35を聴いてみました。
 あ,AVCTの根岸さんは根岸通信(N2)の根岸さんとは全く無関係な別の方です。念のため。

▼音質傾向
○分解能:文句なし!
○帯域バランス:高域はさっぱり系,中域はエネルギー感あり(擬似的に指向性を感じるようなボーカルの訴求力),低域(≠中低域)は若干柔らかめで微妙に遅い
○音場:かなり広い前方展開型。当然のようにSp外側に。
○定位:フォーカス感は良好だが,若干平面的。
○その他:ボリュームさわらなくても音量が大きくなったような印象。他に同じ現象を感じたのはNBSだけ。

▼使いこなし
○シースが柔らかいので,シースクランプ固定ねじはきっちり留める。
○低域の質感はクラ向け。打ち込み系をフロア型Spで聴いている人にはちょっと低域の処理が難しいかも。
○低域は3Way以上のSpで特に問題となる帯域で,2Wayだと全く問題なしw

▼総評
 最近聴いた切り売り線では素晴らしい出来だとおもいます。惜しむらくは,低域の豊かさと引き替えに低域の歯切れの良さがいまいち感じられないことでしょうか。これが解決したら切り売り線といえばPS-35!といえる程の出来なのですが…。
 3.5スケ相当のPCOCC-Aの束はなかなか調達できないので,素材としては超一級品です。これをばらして組み直したケーブルとかいずれ登場しそう…w

お勧め同軸ケーブル&BNCプラグ比較試聴

 SDIF-2用ケーブルのBNCプラグを比較試聴してます。同じケーブルで同じ長さで同じハンダを使っても,プラグで絶妙に音が違うもんですねぇ…。

 素性の良いケーブルを使うとプラグの音の違いがよく分かります。テスト用に使っているのはAVCTの二重同軸ケーブル(4C-XEW)なのですが,これがまた音いいんですよね…。1400円/mのくせに…。

 ちなみに4Cのケーブルですが5Cプラグでほとんど問題ないそうです。

 秋葉原駅前のガード下で売っている無名BNCプラグですと,TransparentのPLMMと極めて近い音がします(爆)。電源ケーブルしか同じ音のが思いつかなくて申し訳ないですw
 カナレのBNCプラグですと,バランスの良いオーソドックスな音がしますね。ヨルマのSuperACみたいな音かな?。あそこまで艶っぽくはないですが。

 どちらにせよ,値段を抜きにして良いケーブルですので,ケーブル自作される方は聴いてみてはいかがでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/NEGY/CableHanbai.html
http://homepage2.nifty.com/NEGY/

導電率最高の壁コン

http://www.phileweb.com/news/audio/200804/14/7908.html

 ようやく実物をちらほらみることができるようになってきたFI-50ですが,これブレードがOFC純銅のようです。良く強度確保できましたね…。加えてロジウムメッキしてあるわけですが,既存のプラグでは最高の導電率になるとおもいます。

 銅の導電率を100とした場合,ロジウムは約38といわれており,ベリリウム銅25合金は約25,真鍮も約25,りん青銅が約15ということで,純銅+ロジウムのFI-50は理詰めオーディオ(導電率が一番重要だよ派)の方には最適かと。

 まぁ,最高なのはブレーカーから機器まで直結でしょうけれども,それは普通は出来ないわけで…(涙)。