タグ別アーカイブ: イベント

SFORZATO DST-01ついに販売

今回のハイエンドショウ(10日まで開催中)で個人的に注目した製品をいくつか速報形式でご紹介する予定です。トップバッターはこちら。

▼SFORZATO(スフォルツァート)のネットワークオーディオトランスポート(!)DST-01がついに販売になるようです。


http://www.sfz.co.jp/products1.html

来月11月から販売開始,定価60万円(税抜き)ということで,期待大ですね。画像はavcatさんからお借りしました。
今回お話を伺って興味深かったことをまとめてみました。

  • 10MHz OCXOをマスタークロックとして内蔵している
  • 10MHzを超低ジッターICをつかったPLLで分周
  • 10MHz入力端子を増設してRbやGPSと直接同期させることも可能
  • 内蔵クロックに自信があるのでWordsyncのマスターになれるようにClockOutとClockInを切り替えられるようにしてある
  • 組立は自社で行っているので,ある程度背面端子のカスタマイズは可能。たとえばRCAをBNCに変更とか
  • 電源は三端子によるシリーズ電源。電解コンは15000μFの低頭のものを使用

ジッター値の測定についてはStereophile形式のAPの測定器を使ったものを推薦しておきました。採用されると良いですね(笑)。ジッターの測定法もいくつもあることをご存じだったようで,しっかり研究されているなと思いました。

ぶっちゃけ最近では一番物欲刺激されていますw DAC生かせるっていうのがいい!DACは自分の好きな音色のものを使いたい!SDIF2出せるように出来ないか相談してみようかな…。

B&W 802Diamond&TAD D600を聴こう!

 さて,昨日のエイプリルフールネタは楽しんで頂けたでしょうか。エイプリルフールといったところで,皆さんに迷惑をかけるのは本意ではありませんから,毎回さじ加減が難しいです。今年は某氏のアイデアを活用させていただきました。某氏には改めて御礼申し上げます。

 話は変わりまして,なんと,ダイナミックオーディオ5555の4F HAL3にて,B&Wの新型スピーカー802 DiamondとTADのSACDプレーヤーD600が来ています。特に,D600は11日までのレンタルとのことでしたので,気になる方はお早めに。
 また,個人的には,音展2009でお話することが出来た方とお会いすることができ,また色々とお話させていただくことができたのがうれしかったです。いやーオーディオ好きな方で素晴らしいですね。見た目お若い方なのですが,実はXX歳ということでびっくり!しかも,既に技術者として相当のキャリアをお積みになってらして,二度びっくり!

 というわけで,簡単に802DiamondとD600の感想を。

▼802Diamond
 従前のB&Wのサウンド傾向とは結構路線が違う音。802Dでは中域から上と低域とのつながりが悪く,ロハセルウーファーの音が間怠っこしく感じられることがありましたが,新型ウーファーはかなり地味な音質傾向で,帯域ごとのつながりが非常に良好になっています。
 中低域のボリューム不足がやや気になりましたが,新品でウーファーのストロークが足りないことを差し引いて考えれば十分ではないかと思います。下手に低域の量感を狙いにいかなかったことは,比較的部屋が狭い日本の住宅環境においてはプラスに働くことでしょう。
 圧倒的なのは中域?高域の定位感です。音離れも非常に優秀ですが,CDによって多彩に変化する音場(広くも狭くもなる),微動だにしないセンター定位,左右に振ってある音像の定位,どれをとっても素晴らしいですね。おろしたてとはとても思えません。
 また,中高域の分解能が極めて高く,録音の状況が手に取るようにわかります。新型Diamondツイーターと新型ケブラースコーカーは,広帯域化に成功したことも相まって予想以上のブラッシュアップを遂げたといえるでしょう。

▼D600
 TAD以外のシステムではじめて聴きましたが,中域の表現力に注力したことがわかる音作りです。いわゆるHi-Fi調な,悪く言えばドンシャリ系の音作りではない点に特徴があります。ワイドレンジなSTUDER A730っていう感じでしょうか。
 中域の存在感(単純な密度感とも違います)がありながら,高域の抜けの良い細やかなサウンドは,試聴会でぱっと聴きではあまり良さが伝わらない地味な音かもしれませんが,ハイエンドオーディオを一周して,「最近のプレーヤーはなんだか同じような音作りでつまらない」といったもやもやを抱えている方におすすめです。O崎さんは一度は聴くべき。
 低域も力強く,それでいてハイスピードですね。単体プレーヤーとしてここまで音質のバランスのとれたプレーヤーが登場したことは素直に喜ばしいと思います。他機種とこまめに聞き比べるのではなく,じっくりと聞いて良さを体験して頂きたいタイプの機器ではないかと思います。
 やや大型で電源部とあわせての設置が難しいという点はありますが,日本メーカーらしい理にかなった実直な設計思想でありながら,日本ブランドにはなかなかないプロ機よりの音作りです。
 むしろ,音楽制作現場に売り込みに行くほうがいいんじゃないかという気がします。某大手スタジオさんはA730のストックを持ってたりするようですが,そうはいってももうそろそろ限界でしょうし。

 以上,ざっとですが,簡単な感想でした。週末はDiamondシリーズの比較試聴会があるそうですので,D600を使ったデモになるかもしれません。お時間とれそうな方は,足を運ばれてはいかがでしょうか。

日東紡音響エンジニアリング試聴室を訪問する 2本目

 日東紡音響エンジニアリング(以下,日東紡音響)の山下さんの講義のあとは,いよいよAGS満載の部屋に。

IMG_0097.JPG

 当初のお披露目とはかなり見た目も変わっているそうで,約一ヶ月かけてトライ&エラーを繰り返し,現在はAGSの60cmサイズのものと40cmサイズのものがちぐはぐにいれてあるようです。やはりランダムに多くの拡散状況を作るというのがポイントなのかもしれません。

 デモンストレーションとしては,部屋を全てカーテンで吸音した状態,そのままシルヴァンを2個いれた状態,カーテンを仕舞ってAGSで拡散した場合,の3パターンを順に試聴しました。
 カーテンで吸音した場合には,音離れの悪い感じで音場も小さめでしたが,シルヴァンを追加した状態では音場に広がりが感じられるようになり,ルームチューニング材としてはかなりの効果をもたらすように感じられました。
 また,全面AGSによる拡散は,逆にシルヴァンで感じられる強烈な効果が落ち着いて,自然な残響となっていきました。これはすごいな?。

 ちなみに,床がおそろしく強固で,コンクリート30cm厚の上にブナ板フローリングを直貼りにしてあるようです。オーディオ用ラックなんて不要ですねw

IMG_0096.JPG

 日東紡音響が制作した放送局用モニタースピーカーです。ちょっと変わっているのが,周波数特性が50Hz?18kHzなんですね。音楽鑑賞用としてはナローレンジと言わざるを得ません…。
 これは,日東紡音響の山下さんによると,放送局用モニターSpで50Hzより低い周波数の低音がでている場合,ミキサーが全体のボリュームを下げてしまうことがあるそうで,放送に適した音量を自然にミキサーがとれるように,わざとナローレンジなネットワークにしてあるとのことでした。

 実際,この試聴室で聴いた曲,たとえばEaglesのHotel Californiaなどは,26Hzくらいの低域が入っているのですが,これがほとんど再現されず,AGSって低域でなくなるんだなぁと勘違いした程でして…。
 この試聴室にいかれる方で,日東紡音響製スピーカーを聴かれた方は,そのあたりの事情を念頭に試聴されると良いと思います。放送局用モニタースピーカーは放送という「業務」を前提に作られますから,必ずしも音楽鑑賞を念頭にしているわけではない,ということなのでしょうね。

IMG_0098.JPG

 ちなみにこちらが8畳くらいの広さの試聴室です。壁を基準とすると12畳かな?施工費は500万円程度とのことでした。私は小市民なのか,こちらのほうが落ち着きますね…(爆)。こちらはS/Nの良さと圧迫感のなさが高度に両立した部屋だな?と感心しました。AGSはすごいですね。

 というわけで,大変勉強になりました。日東紡音響の山下さん,牧野さん,お世話になりました。また勉強させていただきに,お伺いできればと思います!どなたかご一緒しましょう!

日東紡音響エンジニアリング試聴室を訪問する 1本目

 日東紡音響エンジニアリングの稲毛試聴室にお邪魔してきました。

 まずは日東紡音響エンジニアリングの伝統?会社概要の説明,施工事例紹介からスタートです。国内のテレビキー局スタジオ,大手録音スタジオ,マスタリングスタジオ,ポストプロダクションスタジオ等の設計・施工,ミューザ川崎のホールの音響設計,大学,映画館の音響設計・施工を経て,現在は個人宅も設計・施工しているとのことでした。

IMG_0090.jpg

IMG_0091.jpg

 その後,日東紡音響エンジニアリングの山下さんが,柱状拡散体(AGS)の概要説明をしてくださいました。

 実はちょうど部屋の防音対策・調音対策をしようかと思っていたところでして,また,インパルスレスポンスから読み取れる種々の測定結果の見方などを勉強しはじめたこともあり,以前ダイナの島さんのフロアでお話をお伺いした時よりもご説明の理解が深まったように感じました。

IMG_0088.jpg

IMG_0093.jpg

IMG_0094.jpg

 基本的にはインパルスレスポンスを測定し,その結果を13パターンくらいに解析して読み取るようですが,音響の世界は奥深いようです…。
 AGSの肝は,ランダムな音の拡散によって部屋の反射(≒残響)を吸音せずに減衰・コントロールさせることにあると理解しました。

IMG_0095.jpg

 というわけで,色々勉強した後は,いよいよ試聴室へ!(つづく)

※ 写真はプライバシー保護のため一部加工してあります。

小型スピーカー対決!

 ふらっと立ち寄ったダイナ5555 HAL3,いい物おいてあるじゃないですか?♪

▼Audio Machina CRM

IMG_0070.JPG

IMG_0073.JPG

▼Joseph Audio PULSAR

IMG_0083.JPG

IMG_0082.JPG

 というわけで,聴いてきましたよ?。今一番気になる存在といっても過言ではない,この二つの小型2Wayスピーカー。
 前者も後者も音離れの良さは特筆すべきレベルで,まさに小型2Wayの醍醐味ここにあり!といった感がありましたが,音色から音場に至るまで,その表現の仕方はほとんど両極端で笑ってしまいました。
 両方とも小型2Wayとして出色の出来ですが,一概にどちらが優れているというわけではなく,優劣の差というよりは好みの差だと思います。ただ,その好みの差はかなり露骨に出てくる印象です。
 パワーアンプにごっついものをもってきた場合は評価がまた変わってくるかもしれませんが,基本的にはリスナーの評価というか好みで選ばせた場合の表の割れ方は真っ二つかな?と予想します。

 どこのショップでも狙っているとは思いますが,HAL3でもこれら小型2Wayの比較試聴会を計画しているようですので,気になる方は問い合わせしてはいかがでしょうか。