タグ別アーカイブ: 工作関連

やっぱり悩ましい電源&ケース加工

 リッピング専用マシンの思想をもう少し極端に進めてみた結果,ケース以外はかなりいい線まできたものの,問題が二つ。


 一つは,電源を内蔵すべきか外付けにすべきか。
 仮運用のためのスイッチング電源はすでに手持ちのもので足りるので問題ないのですが,曲がりなりにもPCなので,安定化電源にするなら秋月の「実験室用 定電圧安定化電源キット(パワートランジスタ仕様)」しか選択肢がなさそうです。

 問題は,内蔵すべきなのか外付け化すべきかなんです…。
 内蔵のメリットはDCラインの短縮化(アースや電位関係は複雑なので私にはよくわかりませんw)ですが,デメリットは筐体の大型化です。まぁ,大型化といってもたいしたレベルではなく,市販の430mm×350mmあたりなら余裕で対応できるのですが,全体に小振りにしたいんですよねぇ…。Wadia9本体くらいなら見た目的にはありなのかなぁ…。
 外付けのメリットは本体の小型化(電源をどのようにしても本体に影響がない)ですが,反面筐体を2個つくらなければならないことと,DCラインが長尺になりコネクタを余計に取り付けなければならないこと,電源部をどこに置くのかという問題ですね。


 もう一つは,ケース加工。
 そもそも,タカチのケースの強度不足が嫌&デザインが嫌なので,できる限りタカチのケースは使いたくないのですが,かといって国内でまともなケースを普通の値段で作ってくれる会社があるのかという疑問が…。タカチはケースは安いんですが,加工賃がかなり高いので,そこがネックですよねぇ…。
 まぁ,最終的にはアルミ削りだしとかもおもしろいとは思いますけども(笑),現状では普通にラックに収まってかっこわるくない程度の外観が欲しいなぁと。

 機器構成自体がちょっとマニアックなので,既存のケースってわけにもいかず,ちょー悩みまくりです。まぁ,仮組なら電源内蔵にして筐体まとめてしまったほうがいいかもなー。

続 汎用性のある安定化電源を考えてみる

 以前話題にした安定化電源ですが,どうにも需要がなさそうなので,共同購入形態での企画はいったん白紙にさせていただきたいとおもいます。コメントいただいた方申し訳ありません。
 やはりちょっと狙い所がニッチすぎたかなぁ…と反省中です。むしろクロック用電源基盤とかのほうがいいんでしょうかねぇ…。皆さん得体の知れないものには手を出せないということかもしれませんが(笑)。

 どちらにせよ個人的には5V用電源と3.3V用電源を作らなければなりませんので,ぼちぼち進めていきたいと思います。あまりに好感触であれば,基盤とパーツのみ配布というのもよいかも知れませんね。