タグ別アーカイブ: ホームオーディオ

Fidelix CAPRICE通電直後の感想

さて、今回のカプリースは某氏にお借りしたものなので、そういう状態でレビューしてもよいものなのか悩ましい部分はありますが、期待されている方もTwitterなどでいらっしゃるようですので、書いてしまいますね。

今回のエントリでの感想は、通電してから数時間〜丸1日の状態での評価です。新品だったので、適切な評価をするにはやや時間不足ということはお断りしておきます。デジタル接続はTOSリンクケーブル,アナログ接続はXLRケーブルでバランス接続しました。

まず、興味深かったのは、電源の極性でかなり音がかわって聞こえることです。全体的な音の方向性はあまり変わらないのですが、音像定位や音場、その他細かなニュアンスに違いが出てきます。オーディオファンの方なら気づく違いだと思いますので、チェックしてみてください。
なお、極性で音が変化するケースというのはシステム全体の電位差によるものであると指摘されることが多く、電位差が少なくなるのが正しい極性といわれます。ですのでどちらが正しいとは一概にいえない点に注意しましょう。

全体のパフォーマンスとしては、定価ベースですと100万円クラスの音だとは思います。定価17万位ということを考慮すると、驚異的なパフォーマンスと断言することが出来ますね。
とはいえ、音質傾向的には主張があって、透明度が高く、細やかで柔らかいテクスチャー、ややクール、という現代オーディオ系の音作りなので、DACに押し出し感やエネルギー感、音像の実体感を求める方は違う選択肢を検討されるのがよいと思います。
音場はかなり広いタイプですが、音像定位はやや奥に行きがちかもしれません。この点も嫌う方がいらっしゃると思いますが、スピーカーセッティングで補正可能な範囲内でしょう。

しかし、上記のような音質傾向というのは現代オーディオでは必須といわれるような傾向であって、カプリースは総じて現代オーディオ機器として十分すぎる性能を有しており、本格的にオーディオを始めたいという方にはかなりお薦めできる機種であると思います。見た目とか、所有欲を満たすとか、そういったことにあまり重きを置かないのであればベストな選択肢の一つでしょう。

では、世の中のハイエンドオーディオブランドのトップモデルと比較してどうかといわれると難しいですね。性能的には申し分無いものの(その時点で凄いのですがw)、最終的にはやはり好みで選ぶのがよいのでは、と思います。

ちなみに、ヘッドホン端子は、昨今のヘッドホンブームで登場してきているインピーダンスの高いヘッドホンですとか、駆動させにくいヘッドホンに使うにはやや心もとない印象です。XLRのアナログ出力が良すぎるんですけどね……。

というわけで、カプリースの感想第1弾でした。

気が早いですが,次の話

さて,暫くPCオーディオ分野に重点的に取り組んで参りましたが,一応のまとめも出来たところで,そろそろ違う話題もしていこうと思っています。同じ話題ばかりでは飽きてしまいますし。

特に,来年はスピーカーに重点を置いた話が出来ればなぁと。結局半年くらいメインスピーカーのない状態のまま来てしまいましたね(笑)。Wilson AudioのSystem5.1を処分してからどうなっとるんじゃーという方もいらっしゃるんじゃないかと思いますので…。

コミックマーケット限定無料配布データ(データアクセス用パスワードのみ配布)ではその一端をお見せできるようがんばりたいと思います。おまけなので,『PCオーディオガイドブック』レベルのものは期待しないでくださいね(汗)。

ホームオーディオとポータブルオーディオ,それぞれの長所を探ってみる

どちらもそれなりに気合いを入れて取り組んだ場合の話です。もちろん程度問題ですので,おおざっぱな傾向だと思っていただければと思います。

○ホームオーディオ
・定位(フォーカス感)
・音場
○ポータブルオーディオ
・音数
・解像感

▼音の細かさはイヤホン・ヘッドホン環境が圧倒的に有利
やはりポータブルオーディオの最大の特徴は,そこそこの投資で高い分解能,正確にはロスの少ない音を楽しむことができることに尽きると思います。
実際には送り出し機器の情報量もそれほど多くはないので,音像の密な部分を表現しにくいという課題もあるのですが,それ以上にロスが少ないので,細かい部分を評価すると,いまいち気合いが入っていないホームオーディオではロスして聞こえてこない音がたくさん聞こえてくることがわかります。
正直,数百万投資していても,音数がトータル10万程度のポータブル環境に負けることは大いにあり得ますw 私のところもセッティングに失敗するとそうなります(爆)。

問題は,この音数は多いけど実体感に乏しくなりがちなイヤホン・ヘッドホン環境の音というのをどのように考えるかです。
たとえば音の細やかさを判断する際に,よく残響成分の表現を基準とするケースがありますね。「余韻が伸びた!→だから解像度が高い」みたいなロジックです。こういう判断手法ですと,イヤホン・ヘッドホン環境は大変解像度が高いということになります。
しかし,確かに音は細かいのですが,個人的には密度感はさほど無いように感じられるのも事実です。まぁ,曖昧な感覚を比喩的に表現しているだけなので,断言はしにくいのですが…。
一度据え置き型機器と据え置き型ヘッドホンアンプでイヤホン鳴らしてみるしかないかな(汗)。

ホームオーディオで10万円程度のポータブルオーディオが表現する細やかさを出し切るには,相当の物量(100万円くらい?)をかけたうえに,セッティングにかなり気を遣う必要があるでしょう。
このロスの少なさは,据え置きシステムとヘッドホンを組み合わせた場合に最大限に効果が発揮されるように思います。こうなると,ルームチューンを入念にしたハイエンドシステムでもなかなか太刀打ちできないかもしれません。

▼定位・音場に三次元的な立体感を求めるとスピーカー環境が有利
反面,イヤホン・ヘッドホン環境での定位や音場表現はスピーカーのそれと比べて相当隔たりがあります。イヤホン・ヘッドホン環境は前後感の表現が非常に難しいので,三次元的な定位や音場を演出するのは非常に厳しいものがありますね。
もちろん,日本のリスニング環境ですと,ステレオイメージを作るところまでセッティングを煮詰めきれないケースや音量を上げられないケースも多々あるでしょうから,そういう場合はイヤホン・ヘッドホン環境のほうが良いこともあると思います。
しかし,最低限ステレオイメージを作ることさえできれば,音場についてはスピーカー環境のほうが有利なのはいわずもがなです。定位については,Spで出せる定位とソース機器で出てくる定位は異なりますので,オーナーの腕次第なところはありますが,入門機でも十分楽しめると思います。

ATX電源をPCオーディオ的視点で見る

 ATX電源は毎月新製品が発表され,製品寿命が大変短いことで知られており,短期間であたりをつけて製品の良し悪しを判断する必要に迫られることがよくあります。実際の音質傾向は聴いて判断する他ないわけですが,そうはいっても粗悪な電源はなるべく避けたいものです。
 というわけで,web上にあるデータを見ておおざっぱにATX電源をふるいにかけることが出来る点を挙げてみました。一つ目が出力(直流)のリップルの少なさ,二つ目が入力(交流)の高調波歪みの少なさ,三つ目がスイッチングノイズの少なさです。

▼リップルが少ないと何故良いか?
 この場合のリップルというのは,本来一定であるべき直流電流の電圧が波打ってしまう状態をいいます。リップル分はどこかで吸収・除去する必要があり,一般的にはコンデンサ,レギュレーターやオペアンプなどがその役割を担うことになります。一般にその指標を電源変動除去比(SVR)と呼びます。SVRを超えるリップル量がある場合には,出力信号が変化してしまうので正しい信号再生は望めません。
 ATX電源において,リップルが少ない,さらにいえば電圧変動が少ないということは,PCパーツに対する電源供給能力が高いこと,負荷に強いことを意味します。つまり,「PCオーディオの内側に効く」ことが予想されます。
 ATX電源の出力にリップルがどのくらいあるのかはオシロスコープで測る他ありません。代表的なサイトとしては,下記のようなサイトがあります。測定方法も様々ですので,色々と見比べてみると良いでしょう。

http://www.jonnyguru.com/index.php
http://www.hardocp.com/
http://www.silentpcreview.com/

▼高調波歪みが少ないと何故良いか?
 高調波歪みについてはKIKUSUIの解説ページをご覧頂くのが良いでしょう。高調波歪みが入力にある場合というのは,おおざっぱにいえばATX電源から交流電源(50Hz/60Hz)に対して高調波が流れているということを意味します。
 つまり,PC用ATX電源に限らず,スイッチング方式やインバーター方式の電源を使っている場合は交流電源に対して高調波成分を送り出しているということになるわけで,高調波歪みが少ないことは,「PCオーディオの外側に効く」ことが予想されます。
 この高調波歪みが多いと,交流波形が汚くなったり,トランスの唸りの原因になったりします。一般にオーディオ機器用電源ジェネレーターというのは,この高調波歪みとノイズを除去するための機器ですが,交流波形を綺麗にすることにより音質が変化するのはご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 高調波歪みの測定については,近年の電源であれば,80PLUSの認証機関がその結果を公表していますので,そちらを参照するのが最も相対評価しやすいと思います。

http://www.80plus.org/

▼スイッチングノイズの少なさをどう見分けるか?
 一番調べるのが難しいのがスイッチングノイズについてです。スイッチングノイズは入力側にも出力側にも流れる可能性があるようですが,入力側においては高調波歪みと分けて測定する必要があり,出力側においてはリップルと分けて測定する必要があります。
実際,web上で見られる多くのATX電源の測定においてはこれらを明確に分けて言及することはないので,判断の難しいところですが,オシロスコープの値を見てみるのが最も直裁な方法とは思います。
 この点,国内のATX電源製造メーカーの場合は,表記方法は異なるものの明確に分けて表記されており,好感が持てますね。下記はその例です。

https://www.nipron.co.jp/pdf/download/testdata/2005052616240319030.pdf
http://www.tdk-lambda.co.jp/products/sps/ps_unit/una/pdf/una350p_eva.pdf

 以上のように,ATX電源の選び方の一手法について述べてきたわけですが,重ねて申し上げますが,悲しいかなこれらは音質傾向と直接結びつく指標ではないですから,実際は聴いてみるほかありません(苦笑)。また,ここに挙げた要素で判断するのが音質に対する影響を推し量る指標として正しいという保証はありません。とはいえ,高調波の垂れ流しは気持ち悪い,リップルでまくりは気持ち悪い,というのは当然出てくる心境だとおもいますので,今回の記事が皆様のATX電源選びの一助になれば幸いです。

ATX電源あれこれ

 メインPCの合理化を進めていったところ,電源の容量が大きすぎて発熱が結構あることが判明したので,この際電源を入れ替えてしまおうと画策中です。今のところ400W電源でも十分すぎる(ピークでも50%w)のですが,500Wクラス以上でないと電源の作りそのものが粗悪だったりしてなかなかバランスの取り方が難しいですね。

 さて,ピュアオーディオの世界では音にかなり影響があるとされている電源ですが,PCオーディオの場合電源の凝り方は結構難しいものがあります。

 たとえば,ノートPCでしたら,ACアダプタの代わりにドロッパ式の直流安定化電源をあてがう方法がありますが,実際はノートPC内部でDC-DCコンバーターを使って複数の電圧に変換しているわけで,スイッチングノイズを撤廃することができるわけではありません。
 かといって,据え置きタイプのPCの場合は今度はそのものずばりATX電源選択の問題があるわけで良い電源を見つけること自体が結構難しくなってきます。
 実際,手間暇と資金がかかってしょうがないので,ATX電源の比較試聴なんてあまり聴かないですよね。

 今気になっている電源といえば,TDKラムダ,NIPRON,Zippy,Seasonic(OEM系含む)あたりですかねー。たぶん一番選択が難しい分野だと思いますので,このあたりは経験が物を言うノウハウに近い領域だとは思いますが,何か良い電源ご存じな方,比較試聴したよ?っていう方,いらっしゃいましたら情報交換させて頂ければ幸いです!

 PCオーディオ愛好家で集まってATX電源を聞き比べるっていうイベントとか面白いとは思うんですが…。今度やってみるかなあ。最強の電源はnissyさん方式の電源なのは間違いないですがww