TIAS2008情報 感想

closeこの記事は 8 年 1 ヶ月と 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 最後に,TIAS2008で気になったブースについて。

▼印象に残ったブース(順不同)
 基本的には,音離れの良さ,分解能が感じられること,リズム感がよいこと,定位・フォーカス感が良いこと,あたりを基準にしています。とはいえ1分くらいの試聴なので,ほとんど直感的に良かったブースをご紹介。

○NASPEC
 年々音が良くなっていくNASPECブースですが,下流から徐々にラインナップを拡充していってますね。Alpha DAC投入でダールジールコンビの課題だった音の厚みもでてきましたので,あとはトラポを充実させてくるのかもしれません。
○Timeload
 ライドーのSpとChordのコンビでしたが,明るめのトーンでスピード感と解像度感のある音でした。Timeloadは徐々に取り扱いラインナップが減っていますが,どっこい中々侮れないですね。
○マランツ
 Diamond Signatureは一般的な室内で聴くには非常に良いSpですね。音離れの良さが印象的でした。
○LINN JAPAN
 KlimaxDSとZigsowのNASとのペアリングはPCオーディオとして正しい方向に進化しているように感じられました。良く練られたPCオーディオの音といえましょう。資金力さえあればKlimaxDSでプレーヤーは早々に「上がり」にしてしまい,後はNASやネットワーク関連に注力していくという方法もあるでしょう。ただ,この道はバイナリが幅を利かせる分野ですので,オーディオ的アプローチがどこまで受け入れられるのかは未知数ですね。
○大場商事
 クライテリオンプリも徐々に完成に近づいており,音も成熟してきた感がありますね。dCSスカルラッティフルセットとISISとの組み合わせは,大型Spであることを忘れさせるような定位の良さが感じられました。

 短時間で回っているため,講演会があったブースは避けていますし,全てのシステムの音を聴かせて貰ったわけではありません。
 個人的に聴けなくて残念だったのは,DENSENのセットとエアージョーダンの新作小型Spの組み合わせでしょうか。あとはスネルとコンシャスかなー。

 というわけで,TIAS2008情報も今回でおしまいです。ありがとうございました。

TIAS2008情報 感想」への4件のフィードバック

  1. 大天使心得

    PCオーディオ的な視点からのリポートなど毎回楽しく読ませてただきました。ありがとうございました。Alpha DACなどでのRJ-45インターフェースの機能充実が期待されますが、やはり作り込みが難しいんでしょうか。

    返信
  2. ntzg4

    都内に住んでるにもかかわらず、様々重なって両オーディオショウには行ってないので
    こうやって情報を発信してもらえるのはありがたいことです。
    私が気になるのは、JEFFのアンプ群もそうですがChordの新型DACですね。
    DAC64をリプレースするほどのモノだったなら考えないといけませんorz

    返信
  3. えるえむ

    大天使心得さん,コメントありがとうございます^^
    楽しんでいただけたようで何よりです。
    BADAリンクはまだどうなるか未定じゃないかとおもいますが,精力的に開発を進めて欲しいですね。
    まぁ,一般的にはなかなか独自のリンク方式というのは流行らないものですから,前途洋々とはいかないとはおもいます。

    返信
  4. えるえむ

    ntzg4さん,コメントありがとうございます^^
    Timeloadブース,音は良かったですよ。
    GEMは予想以上に小振りなDACで,あれはあれで卓上システムとしてはかなり有りだと思いました。あとはリビングにさりげなく隠しておくというのもよいかな?と思います。
    QBDはASRC的アプローチを進めたDACですから,期待できますね。
    あの見た目がちょっとごついというかなんというか,好き嫌いが別れそうなデザインですが…。
    個人的な印象では,DAC64からすぐに買い替えないと勿体ない!という程の実力差は感じませんでしたが,改めてショップで聞いてみたいと思っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">