TIAS2008情報 その4

closeこの記事は 8 年 1 ヶ月と 25 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼AXISS
PA040084.jpg

 これな?んだ。通称「緑MUSE」を使っているのがわかりますね。

PA040082.jpg

 ボリュームノブを回転させると,このベルトが連動して…

PA040075.jpg

 この銀接点コンタクトアッテネータが回転します。さらに…

PA040079.jpg

 インプットセレクターのノブを回転させると,写真中央のパーツが回転して,導通する入力はいつも1系統のみになります。

PA040087.jpg

 そんなメカニカルな超絶的かっこよさを見せつけてくれたのがKX-Rでした…。いやー凄い!これはTIASでしか見ることが出来ないのではないでしょうか(涙)。機械的動作として素晴らしいです。メカの動作の精度を見るだけで300万でも納得してしまう凄みがあります…。

PA040089.jpg

 相変わらずの左右完全対象設計。さすがに上下を完全にいれかえるのはやめたようです(笑)。ケーブルのハンドリングの点で明らかに使いにくいですからねぇ…。
 電源ケーブル上の端子はAyre製品同士を同期させるコネクタです。

TIAS2008情報 その4」への4件のフィードバック

  1. A(T

    いいですよね。音的にも中身的にも物的にも。
    今のところ買うつもりですが、製造中止になってからかもしれません。(笑)

    返信
  2. えるえむ

    A(Tさん,コメントありがとうございます^^
    とても物欲が刺激されてしまい,困っています(笑)。
    やっぱりAyre信者としては買わないわけには…。

    是非今お使いのプリと比較試聴してみてください♪
    結果も楽しみにしておりますw

    返信
  3. えるえむ

    lookkg486さん,コメントありがとうございます^^
    あの「音」がまた動作と相まっていいんですよね?w
    こんなにスケルトンモデルに意味のあるプリは見たことがありません!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">