TIAS2008情報 その5

closeこの記事は 8 年 1 ヶ月と 27 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼NASPEC
PA050114.jpg

 知っている人は知っていて喉から手が出る程欲しい,知らない人は全く知るよしもない某社のDACですが,当時の開発メンバーが新会社(BADA)を立ち上げて当時のDAC基盤を元に新型DACを作ったようです。

PA050118.jpg

 一般的なデジタル入力の他に,BADAリンクと称するRJ-45の端子がついています。将来的には色々できるようにしたいようですが,実現するかは何とも言えませんね…。
 ASRC(非同期サンプリングレートコンバータ)を内蔵しており,外部クロック入力はありません(ASRCがあるから不要という認識らしい)。HDCDデコーダー内蔵なあたりはやっぱりこれまでの流れを汲んでいるんでしょうねぇ。

PA050122.jpg

 デジタルフィルターは某DACと同じカーブのものをFPGAでエミュレートして使っているそうです。加えて,デジタルフィルターのパターンはいくつか変えられるようです。

PA050126.jpg

 製品名は「Alpha DAC」です。1Uサイズの薄型DACなので,設置場所はとらないですね。トランスはデジタル用とアナログ用の2つを使っているそうです。予価100万円とのこと。うーん。あのDACからすると安いんですが…。
 どうも日本に来たばかりのようなので,もう少しエージング等済んでから判断したいところですね。でも期待してますw

TIAS2008情報 その5」への7件のフィードバック

  1. キン肉マン

    多分、今のところ世界で一番キレイに撮れているAlpha DACですな。
    ディスプレイOFFにすると結構カッコイイのね。

    返信
  2. えるえむ

    キン肉マンさん,コメントありがとうございます^^
    わりとスッキリしたデザインで嫌みはないですね。
    プロ機由来ですからこれでも頑張った方なのでは…w

    返信
  3. えるえむ

    A(Tさん,コメントありがとうございます^^
    どうもFPGA系DACはバージョンで音がころころ変わるようです…。

    返信
  4. えるえむ

    ちょっと訂正です。
    1.16とか2.16ってデジタルフィルターのカーブの名前なんですね(笑)。
    わかりにくすぎ…w

    返信
  5. A(T

    スンマセン。
    まだ微妙な立ち位置だからあまり具体的なのはマズイかな?と。

    返信
  6. えるえむ

    >A(Tさん
    いやー,大丈夫じゃないでしょうか?
    ナスペックが販売すること自体は決まっているようですから,使いこなし情報は皆さん参考になるとおもいますよ^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">