TIAS2008情報 その5

closeこの記事は 8 年 1 ヶ月と 25 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 予想以上に収穫のあったTIAS2008ですが,個人的に印象に残ったことをご紹介しておきます。

PA100203.jpg

▼音は3日目が一番良い
 これは間違いなさそうです。今年は図らずも,初めて3日間通いましたが(全日程とも数時間の滞在という効率の悪い感じw),1日目いまいちでも3日目には見違えるような音を出しているブースも多かったです。実際代理店の方も3日目が一番音がよいとおっしゃってました。
 こうした印象からすると,地方から品定めに来られている方なら3日目を外すのは非常に勿体ないことだと思いました。
 逆に,軽く実機をみたいということであれば2日目がよいですね。今年は土曜日が一番空いていたように思います。日曜日も案外混んでいませんでした。金曜日の夜はかなり混んでいて,平日開催も需要があるのだな?と感じました。
 ネットのTIAS2008の感想を読む際には,何日目に訪問したのかも確認しておく必要があると思います。

▼参加者の層
 平日開催の1日目は定年退職されたのであろう方々の姿が多く見受けられました。2日目,3日目と日を追う毎に参加者の年齢層は若くなっていく印象でしたが,去年見受けられたようなファッション的にも若い姿をされている方は見かけることが出来ませんでした。
 私が言うのもなんですが,端から見て「いけてない人たちの集まり」になるのは非常に勿体ないので,皆さんちょっとずつオシャレをして参加した方が良いのではないかと…。

▼もう少し音楽イベント的要素を持って欲しい
 輸入オーディオ機器の展示会という色彩が強いのはわかりますが,せっかく3日間もあるのですから,例えば「Rock・Popsの日」「Classicの日」「Jazzの日」といった具合にジャンルを分けてデモを行うと良いのではないでしょうか。
 聴いたこともないCDの曲を延々かけられてもいいのか悪いのかさっぱりわからないといったケースは良くあると思いますし,ましてや普段聴かない音楽ジャンルともなると,下手をすれば心に響きすらしないわけで,そういうのは結果的に購買意欲を殺いでしまうのではないかと思います。
 なので,時間帯別でもよいですから,どんな曲がかかっているのかを入り口に掲示するとか,何か興味を持って貰う必要があるとおもいます。
 海外のオーディオエンジニア達は,皆が古典的なClassicやJazzばかり聴いているわけではありませんし,ましてやPopsやRockばかりなわけでもありません。もう少しオープンなイベントにしていかないと,ふらっと興味を持って…といった形にならないと思います。これはとても勿体ないことではないでしょうか。

 次回,印象に残ったブースの紹介をしてTIAS2008関連のエントリに区切りをつける予定です。

TIAS2008情報 その5」への6件のフィードバック

  1. hyro

    さすがイケテる人は言うことが違うなー(ぉ

    確かに見た目で「マニア臭」プンプンなのはゴメンだなぁ。

    欧米との「音楽も含めた文化の違い」が露骨に現れているね。

    こういうイベントはプロデューサ次第なところもあるし、タイトなブリティッシュスーツもろくに着こなせない営業が溢れているのもどうかと思うしねw

    まぁ年齢層が若いのとオサレかどうかは別問題。

    「オサレをしようと思ってオサレになる」ってのはオサレでも何でもないしね(爆

    真性のオサレはスーパーの買い物がてら立ち寄ってもオサレなもんです。

    んで。

    そういう人がオーマニに少ないという現実(吐

    返信
  2. えるえむ

    hyroさん,コメントありがとうございます^^
    超イケメンなhyroさんこそ,TIASの客層について思うところがあるのでは…。
    私はテキトーですから,皆さんが不愉快に感じない程度にこぎれいな格好をするくらいしかできません(涙)。

    まぁでも,なんだか雰囲気からして寂れた感じを受けてしまうのはちょっと悲しいので,皆でちょっとずつ意識改革すればどうかなとおもいまして…。
    hyroさんのおっしゃることはごもっともなのですが,そういう風に切って捨ててしまうと敷居が高くなってしまうのが気になります^^;
    できることからちょっとずつ雰囲気を変えていくのがよいのではないでしょうか…。

    返信
  3. Yuji

    土曜日はどうもでした。濃い?お話ができて楽しかったです。

    TIASに来ていた人でこの飴みたいに洒落た方は少なかったですね。

    返信
  4. えるえむ

    Yujiさん,コメントありがとうございます^^
    こちらこそ大変楽しい時間をありがとうございました。
    お若いのにとても熱心で行動的で,大変感銘を受けました。

    むしろハイエンドショウのお客さんのほうが活気もあるし若い方も多くて好印象でした。不思議なものですw

    返信
  5. Mt.T2

    遅れたコメントでスミマセン。
    σ(^^)も今回の3つのオーディオイベントで後半程音が良くなる件を体感し、来場者の層や出で立ちについては危機感を感じました。
    特に真空管オーディオフェアは強烈でした。素晴らしい音や情熱に溢れているのに、それゆえ余計に残念に思い、ついブログで愚痴ってしまいました。(^^;
    後半ほど音が良くなるのも、機器が落ち着くだけでなく、情熱のある出展者は、毎日その日の状況を踏まえて微調整していくと聞きました。会場の関係で事前のセッティングに充分な時間がないそうですね。

    返信
  6. えるえむ

    Mt.T2さん,コメントありがとうございます^^
    過去には3日目じゃない日の印象からあれこれ各ブースについて感想をアップしたこともありましたので,ちょっと配慮が足りなかったかな?と反省しております。今度からは,何日目の感想かを明記しておかなければなりませんね。

    真空管オーディオフェアは行く時間が無かったので断念しましたが,ちょっと真空管アンプに手を出しかけているので次回は行ってみようかな?と思っております。
    1日目と3日目で音が違うブースほど,センスと情熱のあるところなのかもしれませんね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">