USBバスパワーの品質を改善するUC-BST

closeこの記事は 6 年 4 ヶ月 8 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

USBオーディオの大半がなぜいまいちいい音にならないのかということは数多くのサイトやBlogなどで言及されていますが,USBバスパワー(USB端子からの5VDC出力・上限500mA)駆動の機器の問題点のひとつに,USBバスパワー出力の品質が悪いということが挙げられます。

USBバスパワーの品質がいまいちな理由はいろいろな分析の仕方があるとおもいますが,簡単にいってしまえばPCプロパーの世界では,ある程度の品質以上は過剰品質となってしまって必然性がないということだと思います。大半のUSBオーディオ機器は5VDCから3.3VDCなどを生成するためにDC-DCコンバーターやレギュレーターを内蔵していますから,USBのバスパワーはそれなりの品質があれば十分動作する,という理解もあながち間違いとは言い切れません。

ただ,一般論としてはそうであっても,音質にこだわりのある方であれば,DC出力の品位が再生音に大きく影響していることは経験上明らかであって,これを改善することができるのであれば超したことはないわけです。

前置きが長くなりましたが,最近購入したグッズでこれは!というものがありましたので(正確にはUA-25EXをお使いの某氏に薦めたところ,あまりに評価が高かったので気になって使いどころもあんまり無いのに買ってしまった(爆)),皆さんにもご紹介しておきたいと思います。Buffalo製のUC-BSTです。

BUFFALO UC-BST バスパワーブースト機能付き USB2.0ケーブル
BUFFALO UC-BST バスパワーブースト機能付き USB2.0ケーブル
  • 発売元: バッファロー
  • メーカー: バッファロー
  • 価格: ¥ 2,605 (10% OFF)
  • 発売日: 2004/01/31
  • 売上ランキング: 12967
  • おすすめ度 4.0

UC-BSTは元々はUSB-HDDをバスパワーで何とか動かせないかという着眼点のもと,コンデンサに電気を貯めて置いて電流を一気に流せるようにすれば起動時の負荷に耐えられるよね!という発想で出来た製品です。これは,通常はHDDの起動時に電流不足になってしまい起動失敗というパターンが多いためです。
UC-BSTで使われているコンデンサは電気二重層コンデンサというもので,色々な用途で使われますが,リップルを除去したいという場面でも使われます。つまり,直流電流から交流成分を除去することができるわけですね。また,コンデンサ全般には,程度の差はありますが高周波のノイズフィルターの効果もあります。

肝心の再生音ですが,iQube V2でテストしてみたところ,非常に良好でした。
全体の透明感が非常に高まるのと同時に,音場がかなり広く感じられ,加えて力感が出てきます。音像が近く感じられるあたりで好き嫌いは出てきそうですが,音像の芯と余韻がきれいに分離しており,音像定位が平板になるわけではないので,私としては基本的に正しい方向での変化と感じています。
また,聴感上ではありますが,再生時のホワイトノイズも減少しているようです。無音時はあまりかわりません。このあたりはiQube V2の仕様との兼ね合いもあることでしょう。まあ,ホワイトノイズ云々よりも音そのものが全く違うグレードになる印象ですので,USBオーディオ全般,特にバスパワーで動くものをお使いの方にはかなりお薦めです。
最近は高音質を謳うUSBケーブルもいくつも販売されていますが,iQubeV2は試聴する限りUSBケーブルでの差異がほとんどでないので,その点でもUC-BSTはかなり明確に効果を持つと言うことが出来ると思います。

使用上の注意としては,入力部のケーブルがあまり長くないこと,出力端子がMini-B端子であることが挙げられます。iQubeV2ではベストですが,その他のUSBオーディオ機器では接続が難しいケースも考えられますので,変換ケーブルを用意されると良いでしょう。HUB経由で接続される場合は,機器に近い側に。変換ケーブルを使われる場合は,できるだけ出力側のケーブルを短くしてください。

USBバスパワーの品質を改善するUC-BST」への14件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. juubee

    えるえむさん

    いつもご紹介有難うございます。

    似たような?商品としては、
    1、電解コン付きドライブの電源ケーブル
    2、玄人志向のNO-PCI
    3、はたまた、カーオーディオのキャパシタ
    などでしょうか(笑)。小さくて安いわりに容量が巨大すぎる電気二重層コンデンサー使用というのがそそりますね。USB機器電源の正攻法としては、USBの電源ラインに良質な外部電源を充てることでしょうが、これはこれで魅力的ですね。

    いくつかお店を廻りましたが、置いてませんでした。なので、自作してみました。USB延長ケーブル + 電気二重層コンデンサー1Fが1ケ で約1,000円。工作は簡単にしまして、ケーブルを剥いて電源ラインにコンデンサーをつけただけです(USBが5Vのところにコンデンサーの耐圧が5.5Vなのでちょっと心配でしたが・・)。もっとも、UC-BSTの中を見たわけではないので、同じかどうかはわかりませんけどね。

    夜中のため馴れないヘッドフォンでの試聴だったので、あまり詳しいことはわからないのですが、けっこういい感じだと思います。特に中~低域に効くかんじがしました。高域用にはフィルムコンデンサーでもパラにしたいところです。
    電気二重層コンデンサーはESRが大きい?らしいし、耐圧が低く容量が巨大なため扱いがやっかいで、敬遠していたのですが、なんとかものにできないかと考えるようになりました(笑)。

    返信
  3. えるえむ 投稿作成者

    juubeeさん,コメントありがとうございます。&ご感想ありがとうございました。
     
    私は1も2もやってます(笑)。
    もちろん正攻法もUSBケーブル自作してやってみましたよ。電源の質がもろに反映されます。オーディオデザイン製電源はとってもよかったです(本来の用法と異なるのでトラブルがあっても自己責任ですが)。
     
    PCオーディオは手軽に良い音にしよう,コストパフォーマンスを重視しようというコンセプトの製品と,ひたすら労力と物量と資金をかけていい音にしようというコンセプトに2極化していく気がしますね。
    電気二重層コンデンサを使ったUC-BSTはもちろん前者です。今度中身あけてみますw

    返信
  4. ピンバック: えるえむ

  5. ピンバック: 雪ひら @ゆりりん☆

  6. ピンバック: wms

  7. ピンバック: monyop38

  8. DreamTOS

    Mini-B端子の変換ケーブルって市販されてますか?
    AKIBAの大規模店では国内メーカーではないと言われました。

    返信
  9. えるえむ 投稿作成者

    DreamTOSさん,コメントありがとうございます。
    Mini-BからB端子への変換コネクタでしょうか。
    以前は国内メーカーから販売されていて,流通在庫があったのですが,今は生産が終了し流通在庫にも乏しいようです。PCパーツ輸入商社さんに要望を出してみましょうか?

    返信
  10. DreamTOS

    早々にコメントありがとうございます。
    UC-BSTをPC側に設置するなら miniBメス→A端子メス の変換プラグ
    DDC側に設置するなら B端子メス→A端子メス を経由して、
    miniBメス→B端子の変換プラグが必要です。
    どこで手に入るか教えて頂ければありがたいです。

    p.s 御茶ノ水でPCオーディオガイドブック修正版、購入しました。

    返信
  11. えるえむ 投稿作成者

    >DreamTOSさん
    UC-BSTをパスコンとして動作させたい場合には,負荷に近いほうが理想です。ですので,DDC側に近い方に接続することが基本となります。
    現状,UC-BSTのミニ端子をを標準タイプの端子に変換するコネクタというのは国内市場には無いと思いますが,秋葉原の千石電商さんか,マルツパーツさんにてUSB端子が販売されていますので,そちらをご購入されて変換ケーブルを自作されると良いのではないでしょうか。
    直接の回答でなく大変申し訳ありませんが,ご検討頂ければ幸いです。

    返信
  12. でじたる摩訶不思議

    結構評価が高いので購入しPCとUSBDAC間にわくわくしながら接続してみましたが私の環境では全然効果ありません。それどころか逆にデジタル情報が欠落してしまっているようなしょぼい音になってしまいます。 電源補給にはいいのかも知れませんが信号ラインの線自体の品質が悪いと思われます。 コンデンサうんぬんより、ベルキン製オーディオ用ケーブルとか、オヤイデの純銀線自作ケーブル(私は従来これを使用)に交換する方がおすすめです。 腹が立ってケースをこじ開けてしまったのでヤフオクにも出品できなくなり、即日ごみ箱行となりました。

    返信
  13. えるえむ 投稿作成者

    でじたる摩訶不思議さん,コメントありがとうございます。
    環境と好みによって評価が異なることは致し方ないことですね。がっかりさせてしまい申し訳ありません。どのような環境でそのように感じられたのか,どの程度のテスト期間で判断されたのか等,補足頂けると幸いです。

    返信
  14. ピンバック: ダダ@12/31ミ23a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">