UltimateEars Super.fi 4vi

closeこの記事は 7 年 27 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 かなり前の話になりますが,Ultimate Ears Super.fi 4viを購入しましたので,その感想をまとめておきたいと思います。しばらくイヤホン系の話題が続くかもしれません。

 私が初めて購入した定価1万円以上のイヤホンですw とりあえずBA(バランスド・アーマチュア)方式のイヤホンに興味があったので,iPhone用にそこそこ聴ければいいかなーなんて思って購入しましたが,なかなかどうして侮れない音がします。
 ナローレンジであまり情報量が多い機種ではありませんが,リズム感の良さはUltimateEars共通のようで,音楽を楽しく聴かせてくれるという本道にそったイヤホンといえるでしょう。

 最近は別のIEM(In Ear Monitorの略だそうです)を買うまではずっと「4viちょーコストパフォーマンスいいよ?!」と某氏と騒いでおりましたが,最近は音楽やネットラジオを寝ながらまったり聴くためのイヤホンみたいになっています。

▼音質傾向
 高域方向の分解能はあまりないものの,非常に聞きやすいバランス。確かに,ウレタンフォームのチップを使ってしまうと恐ろしくかまぼこ形の音になってしまい,深夜にまったり聴くくらいしか方法がないです(笑)。
 しかし,シリコンのフランジチップ,特にダブルフランジ型(いわゆる二段キノコ)を使うとかなり,いや非常に健闘しました。全体に歯切れの良さがでてきて低域の躍動感が得られる印象です。音色はしっかりUltimate Earsの音ですね。
 なお,注意すべき点として,シリコンチップは案外へたりやすく,イヤホン本体から簡単に抜けるようになったら寿命です。どうもシリコンチップは密閉性が命のようで,へたってくると低音がすかすかになってきます。私の場合2ヶ月程度でだめになってしまったので,ちょっとへたるのが早い気がしますが,4viでしたらシリコンチップがおすすめです。

 また,最上位モデルと比較してしまうと絶対的な性能不足は否めませんので,どうしてもコストパフォーマンスは低めに感じられるかもしれません。
 Amazonで特価で出た場合にはお買い得だとおもいますが,全体的なバランスの良さでいうと,AppleのBA式イヤホンに分があるように思いますから,通常の販売価格でしたらちょっと微妙です。同価格程度まで値下がりすれば,Appleより楽しい音がしますので,おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">