WAVで無理矢理アートワーク表示 iPod/iPhone編

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 24 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 iPhone/iPodでのアルバムアートワークの件,引き続きアップルのサポセンの方に色々相談してみました。

 Appleのサポセンは,電話する度に担当さんが変わってしまいますが,何度かやりとりをして解決しない場合は上席担当に変わって内線番号がもらえます。込み入った使い方になってしまうと,状況を把握してもらうだけでも一手間かかってしまいますから,このあたりはサポート業務の効率化との兼ね合いで難しいところですね。

 結局,以下のような感じのようです。
(1)iPod/iPhone上のアルバム単位のアートワークというものは存在しない(多分)
(2)アルバムアートワークの代わりに,各アルバムの1曲目のアートワークが表示される仕様になっている
(3)タグ付きファイルとWAVで曲名が同じ場合,iTunes上でどのような順番で登録されているのかにかかわらず,iPod/iPhoneが勝手に順番を入れ替えて曲順を登録する
(4)iPod/iPhoneが勝手に順番を入れ替えて曲順を登録する際,元のWAVファイル名の言語がマルチバイトか否か,保存先がルートディレクトリからたどっていった場合にマルチバイトのディレクトリ名が含まれているか否か,によって変化する

 どうも,iPhoneのアートワークのデータベースはiTunesとは違うものだということのようです。曲順のデータベースも実はiTunesとは異なるようですね。
 加えて,iPhoneのデータベースはWAVの保存先のディレクトリ名に影響を受けるようなので,マルチバイト環境への対応が完全にはできていない,ということのようです(まぁ,こんな裏技みたいなことしてるので仕方がないのかも)。

 つまり,CoverFlowがうまく表示できなかったのも,1曲目がWAVになってしまったアルバムは当然アートワークが表示されず,1曲目がAIFFになったアルバムは(1曲目の)アートワークが表示されていた,ということのようです。

▼解決策は?
 このまま解決しないようにみえましたが,上席サポート担当のKさんのご尽力(というかひらめき?)により,見事解決しました。余談ですが,Appleのサポートさんは「仕様です」と軽々しく口にしないのがとても好印象ですね。
 その方法は,【タグ付きファイルをアルバムの1曲目に指定する】でした。ただし,トラック番号の指定は,当該アルバムの全てのトラックで行う必要があります。

 ということは,artwork.aifという無音のWAVファイルを作りまして,これを各アルバム毎に複製して登録し,こちらにアートワークを反映させ,トラック番号登録をするというのが一番手っ取り早いように思います。…が,これって手っ取り早いのか?

 なんか面倒臭くなってきました(爆)。

■ というわけで,WAVとAIFFの比較試聴を行うことに。AIFFでもいいや?と思えるようなら,iPod用にAIFFを用意した方が結果的に簡単な気がしてきたもので。続きます。

iPhone/iPodアートワーク用artwork.aif(174.4KB) ←右クリックで対象を保存等で保存してください。

WAVで無理矢理アートワーク表示 iPod/iPhone編」への3件のフィードバック

  1. クッパ

    こんばんは。(1)?(4)に関しては最新バージョンのiTunesと同じ仕様だと思います。他の仕様に関してはiPhoneを持って無いので何とも言えませんが。iTunesの最新バージョンはアートワークは曲単位で登録です。色々裏技はありますが、最新バージョンのiTunesは曲単位やアルバム単位でかなり細かい設定が出来るので、今の所、実現出来ない機能は少ないんじゃないかと思います。頑張ってください。

    返信
  2. えるえむ

    クッパさん,コメントありがとうございます^^
    iTunesですと,アルバムのどこかに1曲アートワーク付きファイルがあれば,カバーフロー上ではそれを表示してくれる仕様なんですが,iPod/iPhoneではそのような親切?設計にはなっていないんです…。
    あと,順番についても,iTunesは同じアルバムにある同名ファイルであれば,登録した順に上から再生ですが,iPodは勝手に並べ替えてしまいます。

    うーむ。

    ただ,ご存じのように,AIFFのほうが音が良かったため,WAVでのアートワークに未練は一切ございません!(爆)
    何か便利な裏技等々ありましたら,今度お会いしたときにでも使いこなしを伝授していただければ幸いです^^

    返信
  3. クッパ

    こんばんは。iTunes,iPod,iPhoneとも基本は曲単位での管理ですね。iPhoneは所有してないので分からないのですが、 iTunes,iPodはアルバムからの検索も関連付けを行えばできるようになってますね。アートワークに関しては仰る通りですが、曲単位での管理という概念から言えばWAVで表示されないのは当然かと。曲の表示ソート順や表示方法については標準化されていないので、ソフト固有の仕様が存在するのは当然だと僕は考えます。僕もiPodに曲を転送した時に、えるえむ氏と同じように最初は感じました。想像するに、iPod,iPhoneよりiTunesは曲の表示、検索方法がより工夫されているのでないでしょうか。例えば、iTunesでデータベースの統合等の機能を行えば、曲としてのソートはiPodと同じです。iTunesのデフォルトが曲の登録順になっている場合、iPod,iPhoneと異なる様に感じるかもしれません。個人的にはiTunesはバージョンアップも頻繁ですし、PCソフトとしてはよく改良されてきていると思います。あと思うにiTunesを再生ソフトとして使うのであれば、OSも Appleを試してみる価値はあります。色々と選択肢があって、PCオーディオは難しいですねぇ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">