WAVで無理矢理アートワーク表示 iTunes編

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 28 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 さて,購入当初から当然WAVファイル以外で聴く気にならないので(笑),iTunesにWAVを登録し,同期開始です。
 ただ,せっかくなのでCoverflowも使いたい。そこで,iTunes上でアップルロスレスファイルを1つだけつくり,無事アルバムアートワークが登録できました。

iTunes_Artwork2.jpg

▼iTunesでWAVファイル入りのアルバムのアートワークを表示させる方法
 本来,WAVファイルというのはタグをつけるヘッダがありませんので,アートワークやアーティスト名,アルバム名は登録できません。
 しかし,iTunesはWAVファイルもiTunesの設定ファイル上でひも付けができるので,あたかもタグが付けられるかのように,アルバム管理が可能です。
 もっとも,アートワークに関してはiTunesでも無理があり,iTunesMusicStoreで販売していないWAVファイルはアルバムアートワークが表示されない仕様になっています。

 しかし,これを回避する方法が一つだけあります。アルバム中のある曲に,タグが付けられる曲(例:mp3,AAC,AIFF等)をいれて,その曲にアートワークをつけると,iTunes上ではアルバムのアートワークとして表示されるようになります。これでCoverFlowも問題ないですね。

 すると,ここで事件発生。

 アートワーク完成後,iPhoneに転送したところ,なぜかiPhone上のアートワークが歯抜け状態に…!!歯抜けのアルバムは,曲としてはアートワークが表示されても,アルバムのアートワークが表示されず,当然Coverflowも表示されません。
 うーむ。全部表示できないならまだしも,歯抜けはもの凄くかっこわるいです。どうしよう…。

 早速,Appleのサポセンに電話してみたのですが,なかなか解決せず…。示された対処方法を試みるも,むしろ症状が悪化していくばかりで全くどうしようもありません。さて,どうなることやら…。

WAVで無理矢理アートワーク表示 iTunes編」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ko.kishi ( 岸 浩太郎 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">