「ハイレゾ」ってなんだろう?どうすれば聴けるの?という方に

closeこの記事は 2 年 2 ヶ月 6 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

最近オーディオファンではないけれどいい音に関心はあるよという方から、ハイレゾってなに?どうすれば聴けるの?というご質問をよくいただくので、まとめてみました。


high-res-jas

※ 上掲の商標は一般社団法人日本オーディオ協会の登録商標です。

「ハイレゾ」ってなんだろう?

ある程度定義に忠実にいえば、「保存した情報の多いデジタル方式の記録法」です。一言でいうと、「CDより器の大きい記録法」です。

どういうものを「ハイレゾ」っていうの?

CDより1秒あたりのデータ量が多いもの、具体的には、CD規格の量子化数16bit/サンプリング周波数44.1kHzと比べて、bit数が大きいか、サンプリング周波数が大きいか、を満たすものを「ハイレゾ」と呼びます。

SACD(Super Audio CD)とかDSDっていうフォーマットを見かけるけど、これは「ハイレゾ」なの?

SACD(DSD)もCD以上のデータ量で、直接比較はできませんが、量子化数もサンプリング周波数もCDより大きいとみなせるので、「ハイレゾ」です。

量子化数が大きいと何がよくなるの?

大きな音から小さな音まで記録できるようになります。具体的には、CDでは記録できないほどの小さい音が正確に記録できるようになります。

小さい音を記録するメリットってなに?

クラシック音楽などはCDでは記録しにくい小さい音も演奏されています。また、現代のオーディオで重視される、収録現場の雰囲気を再現したり、目の前でアーティストが演奏しているようなリアルさを感じ取りやすくするためには、小さな環境音も含めて再現することが重要です。

サンプリング周波数が大きいと何がよくなるの?

低い音から高い音まで記録できるようになります。デジタルの世界だと、より高い音が記録できるようになります。

高い音を記録するメリットってなに?

一般に、人間が聞き取れる周波数は20kHzまでと言われていますが、楽器が音を発するときには狙って出している音(これを「基音」といいます)に加えて「倍音」と呼ばれる偶数倍の周波数の音が発せられており、基音と倍音の両方を再現することがリアルな楽器の音色の再現に重要だとされています。

倍音成分には20kHzに近い音が含まれていますが、CD規格では20kHzに近づくほど不正確な記録・再生しかできないため、正確に倍音を再現するには、余裕を持ったサンプリング周波数で高い音まで正確に記録・再生することが重要です。

音源が「ハイレゾ」だったら音がいいの?

そうとは限りません。「ハイレゾ」は器の大きさの話なので、音の良さは保証しません。良い録音であれば、良い音になりますし、良くない録音であれば良くないままです。

カメラで例えると、コンデジでモデルさんを撮影したものと、一眼レフで私を撮影したものでは、前者のほうを皆さん美しいと思われるでしょう。あるいは、プロのカメラマンが撮影した写真と素人の私が撮影した写真では、同じカメラを使っても出来栄えが違います。そういうことです。

良い録音ってどういうものをいうの?

あなたにとって、リアルだな、違和感がないな、聴きとりやすいなと感じられる音が聞こえてくると良い録音です。

「ハイレゾ」はハイレゾ対応と書いてあるorシールが貼ってある商品を買い揃えないとだめなの?

いいえ。あなたが使っているオーディオ機器で「ハイレゾ」音源を聴いてみて、違うなと思えば「ハイレゾ」は意味がありますし、違わないなと思えば「ハイレゾ」は(今のところ)意味がありません。違うなと感じられたなら、「ハイレゾ」音源を探してみると良いでしょう。

強いていえば、注意が必要なのはプレーヤーが「ハイレゾ」音源の再生に対応していることです。オーディオ機器メーカーが作っている現代のアンプやスピーカー、イヤホン、ヘッドホンのほとんどは「ハイレゾ」音源を再生したときの違いを表現できる性能を持っています。


以上です。できるだけシンプルな回答を目指しましたので、細かいことは端折っています。ご参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">