音の違いは誰でもわかる?

貴方は,オーディオファンがCDの音質やオーディオ機器の音質について意見交換をする場面,オーディオショップの店員氏がお客さんに説明する場面,音質(音そのものの立ち居振る舞いのありかた)について論評する場面に遭遇したことがあるかもしれません。
もし貴方がオーディオシステムに拘ってみようと思い立ったのであれば,あの人は何故ここまで細かく説明できるのかと驚かれたご経験もあるのではないかとおもいます。場合によっては,周りは変わったともてはやしても貴方には本当に違いがわからないケースもあるかもしれません。

しかし,違いがわからないならばそれでよいのです。不安に思うことはありません。なぜなら,違わないように感じられるということは貴方が音楽鑑賞をする際に大切にしている部分に変化がないということに他ならないからです。
そもそも,貴方が拘ってみようと思った動機は,貴方が音楽鑑賞をすることにあるのですから,現状貴方自身が満足していればそれで十分であって,相手の話にあわせて高級な機器を購入したりする必要はないのです。

他方,オーディオという趣味は優れたコンポーネントによって音楽の新たな表情を感得し,音楽への理解を深めることを楽しむ趣味ですから,より積極的に音楽を楽しむ道具としてオーディオコンポーネントを使いこなす,というのも一つの楽しみ方です。
素晴らしいオーディオシステムは,その表現力でより多くの人に感動を与えます。リスナーは音楽に対する理解をより深め,オーディオシステムは様々な角度から音楽を楽しむことができるようにする道具となるのです。
たとえば,リスナーは音楽のすばらしさをより感じ取りやすくなるだけでなく,音の振る舞いの楽しさ,より原始的な感覚としてのリズムの楽しさをイメージすることができるようになるでしょう。
その結果,音楽鑑賞において貴方が大切にしたい部分の優先順位が変更され,貴方にとって大切にしたい部分が新たに生まれたのであれば,それに従って使う機器を選択していけばよいのです。

私は,優れたオーディオシステムは,音楽再生を通じてリスナーに多様な音楽の楽しみ方を提供し,リスナーの音楽に対する切り口をより多面的なものにすると感じています。オーディオシステムを自分の感性で構築していくことは,音楽鑑賞を益々エキサイティングな趣味にしていくことと同義であると思います。