【引退】 M-AUDIO / Transit USB

M-Audio Transit USBtransit.jpg

▼PROFILE:
おおよそ実売は1万円弱でしょうか。あまり値崩れしませんので,どこで買っても9000円くらいです。この機器のプラの筐体に使われている鉄ねじを3本βチタンorチタンのねじに交換するだけで,お手軽に高品質な音が楽しめます(笑)。もちろん,そのままでも使い勝手は良いですよ?

○ASIO2.0対応
時代の要請ですね(嘘…とも言い切れない?)。ASIO対応ソフトの本領を発揮させるには必須の要件です。Lilithやfoobar(ASIOプラグイン使用)でもいい感じだとおもいます。

○Direct Sound対応
まず,M-AudioはASIO対応なのにDirect Soundに対応してるというのが素晴らしいんですよね。他のメーカーは,ASIOは使えるけどDirectSound未対応のものがほとんど。Direct Soundと聞いて何に必要な機能なのかわからない人には無縁の話ですが。Direct Soundがたまに必要な拙宅のメインPCでは,Transit USBが大活躍です。

○TOS出力が可能
様々なカードやドライブがごったにはいっていて,中はEMI的に良好な状態は望めない現在のPC事情です。ここはひとつ,ノイズを混入させにくくするために,是非ともTOSでデジタルアウトしましょう。
ASIO対応でRCA出力,DirectSound対応でTOS出力可能,といったものは他にもありますが,ASIO+DirectSound対応+TOS出力可能という3拍子そろった製品は他にありません。96k/24bitまでの出力で構わないのであれば(というか十分すぎますが),マルチユースのTransit USBはまさに最高の選択でしょう。
ちなみに,TOSのほうがジッターは多くなる傾向にあるようですが,どうもアースの問題なのか,同軸線は結構選択が難しいです。一般的なPCは他のオーディオ機器と異なり,ノイズ源が大量にあるということを意識しておくとよいでしょう。なお,TOSケーブルの場合,とりあえず富士パーツのTOSを使っておけば大丈夫だと思います。

【追記】2010/07/19

現在でもTransitUSBのハイパフォーマンスさについての認識はかわらないですが,ASIO2.0にも対応しつつTOSリンク出力が可能なものとしてはEDIROLのUA-25EXが挙げられます。電源品質等々を勘案すると,TransitUSBからの順当なステップアップとしてはUA-25EXもよいでしょう。

また,TOSリンクケーブルは結構音が変化しますので,少しでもいい音を望む方は,[Amazon]GlassBlackがお薦めです。