【引退】 Wilson Audio / SYSTEM5.1

P2210639.jpg

▼PROFILE:
WilsonAudioSYSTEM5.1は,ハイエンドSPに興味のある方の間では割と知名度高いのではないかと思います。
可搬式モニターとしてWATTが開発されたのを出発点として,追加ウーファーボックスとして開発されたPUPPY,それを一体型のシステムとして構成したのがSYSTEMXシリーズです。SYSTEM5.1は,前身のSYSTEM5のバージョンアップモデルで,主にジャンパーケーブルが異なるモデルとして発表されました。
SYSTEMXシリーズのツイーターは伝統的にfocalのカスタム品を使用しており,これが独特の高域表現をするため,マニア間でも評価の分かれるところです。

▼音質傾向:
○クリア・ややドライな高域
focalのツイーターの特徴が割と素直にでているようで,高域の伸びとキレはかなりです。やや高域の音色の表現の幅が狭いというか,高域の音数は多い方ではないという気はしますが,Eclipseと比較すると相当ワイドレンジな印象を受けます。ユニットの値段は大差ないし,構造上も極端な差はないようなので,使いこなしの問題かもしれませんが…。

○やや無機質的な中高域
木製キャビネットのAVALONと比べると,無機質的な質感がします。これはIAS等で比較試聴したときにもちょっと聴けばすぐ分かることではないかと思います。鉛等を使用してなるべくキャビネットの固有音を減らそうとした成果なのでしょうね。
また,ボーカルのやや上の帯域が細身なので,明瞭感は得られやすいのですが,やや年齢が若く感じられ,録音があまりよろしくない場合はピーキーに感じられる事もあると思います。基本的にはfocalのツイーターのキャラクターなので,この点を変えようとするのは結構しんどいのではないでしょうか。それならいっそのこと,違うSPを使用した方が幸せになれると思います。

○低域のふくらみやすさ・遅さ
複数のショップで聴き,自宅で遊んでみて感じることですが,SYSTEMXシリーズは,WATTに比べてPUPPYの反応が遅くなりがちのようです。わりとハイスピード的表現をするWATTに比べて,PUPPYはゆったりした音がしており,狭い部屋で使用すると帯域間でのスピードの差を感じることがよくありました。
背面バスレフ式のSPですから,ある程度低域が遅く聞こえるのは不可避ではないかと思いますが,そもそも,比較的大きめの部屋で鳴らすことを想定しているSYSTEMXシリーズで低域の豊かさを表現するためアプローチであるようにも思えます。
この点,スーパーツイーターを追加してやると,低域のもたつきが一挙に解消され,全帯域のクリアネスが向上しつつ,低域のスピード感が向上するようです。もしくは,セッティングとSpケーブルの選定でも同様の効果が得られます。

○AVALONと比べて遙かにセッティングにシビア
セッティングのシビアさはAVALONの比ではありません。Eclipseに限らずAVALONのSPはセッティングにはわりと寛容のようで,よほど変なセッティングをしないかぎりは,楽しく音楽を聴かせてくれます(もちろん,追い込む時にはかなり苦労します…)。逆に,SYSTEM5.1はあからさまに音が変わるので,かなり面倒くさいです。音が変わるだけで良くなるわけではない場合も多々あり,非常に悩ましいですね。
AVALONは平行セッティングが基本で,内振りにすればするほど音数が減る印象なのですが,Wilsonは逆で,内振りにしないと音がまとまらないというか,妙な音になります(しかも一次反射点の影響をもろに受ける)。現状,我が家のセッティングは正三角形に限りなく近い状態です。

○音場はAVALONより狭い?
音場の広さは比較が難しいですね…。AVALONは,壁までならわりと簡単に伸びるのですが,壁超えが相当難しいSPです。これに対して,wilsonは奥行き方向の壁超えはわりと簡単な印象を持ちましたが,横方向の広さを出すのは結構難しいですね。
特に,内振りにしてある場合,音場の横方向の広さを出すためには,試行錯誤が必要になるとおもいますが,セッティングと一時反射点の処理で部屋中に音場を構築することも可能です。

○WATTとPUPPYの位置で激変
SYSTEM5.1まではWATTとPUPPYの間のスペーサーで位置を調整する方式のため,微妙に角度を変更させることができます。これがまた凶悪なまでに音像定位や音色に影響を及ぼすので,左右で厳密に位置と角度を合わせるのが大変です…。角度は基本的に平行がよいようなのですが,前後をどの位置で合わせるべきかは相当悩ましい問題です。
その位置関係だけで違うSPになってしまうかのごとく音が変化してしまうので,ある意味楽しく,ある意味地獄ですね…。タイムアライメントって重要なのだなぁとつくづく感じずにはおれません。特に,WATTのスコーカーは結構下の帯域まで出ているようで,WATTの再生周波数帯域と重なるでしょうから,そのあたりの関係で音がころころ変わるのでしょう…。

○土台で高域の表情が一変 当初土台をコンクリートブロック+MDFにしていたのですが,コンクリートブロック+シナアピトン合板にしたところ,あまりに質感が変化したので,驚きました。特に中域から高域にかけて,しっとりとすると共にワイドレンジになりました。
もともとシナアピトンは他の木材と比べてワイドレンジになる音質傾向のようですが,MDFは若干高域が落ちているのでしょうか。土台はあまり無機質系の素材で固めずに,木製の土台を使用すると音楽的に楽しい方向にシフトしてくるようです。wilsonでもっと高域にしなやかさや艶がでればなーとお考えの方は,木製ベースを検討されてはいかがでしょうか。

○一次反射点の処理が肝心?
SYSTEM5.1のツイーターはチタンの逆ドームツイーターですが,我が家では一次反射点は反射より吸音のほうが良いようです。特に,高域の細身でピークが生じやすいと感じるのであれば,どのように吸音するかを考えるのがベターではないかと思います。
この一次反射点の処理は相当帯域バランスに影響を及ぼすので,吸音する位置や範囲を慎重に決定する必要がありますが,スーパーツイーターを付加すると,スーパーツイーターの指向性の狭さ故か,一次反射点の吸音はそれほど深刻な影響を与えるとまでは言えなくなるようです。
○SPケーブルにもちゃんと反応 SPケーブルの交換にも当然反応します。ジャンパーケーブル交換は,禁断なのでしょうか…(笑)。

▼その他のコメント:
近代SPメーカーのなかでも,AVALONとwilsonとは似て非なるブランドだと思います。どちらにも他には無い魅力がありましょう。
そこで,果たして本当に私に合っているのはどちらなのか,実際に使ってみて判断してみることにしました(笑)。このクラスになると,使わないと分からない事は数多くあります。使ってみて合わないことが分かれば,今後迷うこともありませんしね…^^;
SYSTEM5.1を試聴するときは,パワーアンプをわざわざショップに持ち込み,かなり本気でした。アンプの素性もしっかり表現するSYSTEM5.1は,使いこなしは大変ですが,かめばかむほど味が出るSPだとおもいます。

P2210629.jpg

P2230760.jpg