BDオーディオって?

BDオーディオとは、Blu-rayディスクによる新しいオーディオ媒体のことです。

次世代CD規格というのは結局これという決定打がないまま、ダウンロード配信にとってかわられようとしています。物理メディアからデータへ、という動きは音楽以外のジャンルも含めたコンテンツのありようとして、大きな流れになってきていることは皆さんご存じではないでしょうか。
さて、ハイレゾはダウンロードでという雰囲気もあるなか、最近登場したBDオーディオについて少しご説明します。

BDオーディオ登場のきっかけ

一つには消費者サイドのニーズが多いということが挙げられます。ここでいう消費者とは、高音質音源に関心のある消費者ということになりますが、そのなかでも年齢が60代以上の方についてはやはりファイルではなくディスクで聴きたいという需要が高い印象があります。
特に、ファイル再生の場合はダウンロードだNASへの保存だなどと手間暇がかかるので、ルーチンになってしまえば楽とはいえ、敷居が高い方法であることに変わりはありません。ディスク媒体への期待が根強く存在するのは、いまだファイル再生の仕組みが煩雑であることの裏返しでもあります。ディスクは挿入して再生ボタンを押せば音が出るわけで、この圧倒的利便性はいまだに素晴らしいと言わざるを得ません。

もう一つは、製作サイドとしてデータでの配信に心理的なひっかかりがまだ残っているということもあります。ディスクであれば流通のコントロールもできますし、著作権侵害的なファイルの流通もありません。所謂BDオーディオと呼ばれる製品群は既存のBlu-rayの仕組みに則っていますから、製作コストが安いというメリットもあります。

Blu-rayであるが故の悩み

実はこのBDオーディオ、正式名称があるようで無いような、宙ぶらりんな状態です。「Blu-ray」という名称は商標として世界各国で登録されておりライセンスをBDAという組織が管理しています。「Blu-ray」が商標になっているということは、たとえば「ブルーレイディスク○○」といった名称はBDAの許諾がなければ使えないということになります。しかし、BDAは商標の運用についてかなり厳格に管理していますから、そう簡単に許可が下りるものでもありません。構成員をみれば一目瞭然でそうした厳格な運用となる理由もわかりますね。
そのため、「BDオーディオ」という言い回しも正式な名称ではなく、流通段階での呼称も「ブルーレイオーディオ」、「ブルーレイディスク・オーディオ」などとなっています。これはあくまで流通側が独自にそう呼んでいるということになります。

本エントリでは便宜上BDオーディオと呼んでしまいますが、日本でメモリーテックさんを中心としてBDオーディオを推進するグループでは、「ブルーレイディスク™ オーディオ」という名称を使っています。このTM(トレードマーク)表記が社会的には非常に重要です。

いくつかのバリエーション

実は海外にもBDオーディオに取り組んでいるグループがあります。日本ではハピネットさんがお取扱いのワーナーなどのディスクです。あとは、NAXOSさんがお取扱いの自社レーベルもあります。
これらのBDオーディオ媒体も、日本のBDオーディオと似たものではありますが、ディスクとしての挙動は実のところ結構違います。

共通なのは、再生スタート時に24/96でスタートするということでしょうか。これはBlu-ray作成時のルールとしての取決めだそうで、ライセンス上逸脱することができない部分のようです。

海外版BDオーディオの特徴

  • ディスクを挿入すると自動で再生がスタートする
  • 24/96 ステレオ音声のほかにマルチチャンネルまたはDolby True HD、DTSなどが収録されていることがある
  • 基本的にはメニュー画面上で選曲をし、メニュー画面は常時表示されたまま

これにたいしてメモリーテックさんが主導している日本のBDオーディオはやや異なる仕様です。

日本版BDオーディオ(メモリーテック仕様)の特徴

  • ディスクを挿入しても自動再生にならない(ディスクの製作者側の判断で自動再生にすることも可能とのこと)
  • 24/96 ステレオ音声のほかに24/192 ステレオ音声が収録されていることがある
  • メニュー画面上で最初の選曲をしたあとはスキップボタンで選曲する

上記の他にも日本ではゲームのサウンドトラックで話題になったBD-javaを駆使したavexさん主導の「Blu-ray Disc Music」や、アニメの主題歌のおまけで話題になった「Blu-ray Audio」もあります(こちらはどのメーカーさんがオーサリングしたのかわかりません)。

というわけで、一言でBDオーディオといっても様々なバリエーションがあり、まだ内容が固まっていないのが現状です。特に操作性の部分で各グループごとに挙動が異なるというのはちょっと気になる部分でもあります。物理メディアとしてのポストSACD的地位の確立はこのあたりがポイントになるでしょうか(あとはハードウェアが無理やり全部同じような操作体系で操作可能にしてしまうかですね)。

夏コミ当選しました。

貴サークルは日曜日 東地区 ”N” ブロック 12bに配置されています。

場所

有明・東京国際展示場 (東京ビッグサイト/有明臨海副都心)

開催日

2014年8月15日(金)~17日(日)

ということですので、お会いできるのを楽しみにしております。あと2か月くらいで原稿を仕上げないといけないので、なかなか…。今回はインタビュー記事を作ってみたいのです。

イベント詳細はこちらでご確認いただけます。

ブログのメンテナンスはじめました。

WordPressの世界もあっという間に進化していて,すっかり取り残されてしまいました。ふと思い立ってWordpress本体やプラグイン類を最新版にアップデートしつつ,少しずつ内容を整理しています。この機会にブログのデザインも変更するかもしれませんので,煩わしいかもしれませんがお付き合いください。

それにしても,約5年前くらいの中身が多いのですが,改めて読み返してみると色々と感慨深いものです。Twitterの文化に慣れてしまったのでしょうか(笑)。
今のトレンドにあわせて内容面もリニューアルしつつ、夏コミに向けて原稿を仕上げていこうと思います。

[C84情報] コミックマーケット84のご案内

当日のご案内で大変恐縮ですが,現在開催中のコミックマーケット84に参加いたします。

▼概要
書籍名:『Mac Audio Explorer (仮) Vol.2』
副題:PC AUDIO&DIGITAL AUDIO GUIDEBOOK for Mac
版型:B5版
頁数:52ページ(CMYKフルカラー表紙)
文字数:3万字
厚さ:わりと薄い

頒布スペース:「放課後オーディオタイム」 2日目(11日)東R41a
価格:500円
※ 購入数の制限はございません。
※ オーディオ×BLに果敢に挑戦した同人誌『イイオトコノコ』(旧刊)も500円で頒布いたします。
※ 同人版の『PCオーディオガイドブック 第二版電子版』も1000円で頒布いたします。
※ フルセットお買い上げの方は1500円にて頒布いたします。

今回,会場限定のおまけ本が用意されております。こちら限定50部となっておりますので,ご希望の方はお申し出下さい。

▼主な内容
○CES2013を振り返る
○Mac用のおすすめリッピングドライブについて
○各種Macからオーディオ再生に最適なモデルを選ぶ
○オーディオ再生専用ソフトのアップデート

概要は以上の通りです。本日は非常に暑いということで,熱中症対策を十分行ってご来場ください。予想されますので,体調にはくれずれも留意され,お怪我の無いようにお越し下さい。お会いできるのを楽しみにしております!

PC Audio Guidebook for Mac『Mac Audio Explorer』出します

さてさて,コミケの時期がやって参りました!前回申し込んだので,新刊ださないとまずいね!ずるずる行っちゃうし…ということで,時間をひねり出してなんとか作ってみました。
さすがにもう全て書けることは書ききった!というよりは,まずはポイントとなる部分からーということでざっくりと書いてみた感じです。

いやー!本当はもっと早く告知したかったのですが,なんせ出来上がるのかどうかも未定でまさかの前日の23時に入稿して当日の7時に取りに行くとかわけがわからないです。というわけで今回は巷で言うところの「コピー本」というやつになります。ただ,せっかくならこれコピー本かよという感じのものは作りたいということで,総ページ数60ページ,38000字程度のボリュームとなっております。

この夏のコミックマーケット,C82ではなにを頒布するかと申しますと…。

PCオーディオガイドブックのMac版(のダイジェスト版?パイロット版?)をコミックマーケットにて頒布いたします。タイトルは『Mac Audio Explorerかっこかり』です!かっこかり,なのは想定しているより執筆ペースが遅くなってしまっているため,まずは一度皆さんのご意見等伺いながら方向性を決めたいなあということで,こんな感じになりました。

今回も表紙のデザインは同人誌版『PCオーディオガイドブック』同様Jeyさんにお願いしました。こんな感じの表紙です!毎回素敵なデザインをありがとうございます!

ちなみにこの表紙はこの判限定のもので,もし好評を賜って追加で印刷するという場合でも表紙が変更になるかもしれません。かもしれないという感じなので未定ですし,もしかしたらページ数も増えるかもしれません。
色々と流動的ですが,久しぶりに同人誌書いてテンション上がってきたので,内容的にもっと書きたいことを書いて冬コミあたりでは余裕で100ページ超える感じでいってみたいと思っています。勉強すること色々ありますね…。
なお,今回はCore Audioの勉強に永野哲久さんがお書きになった『iPhone Core Audioプログラミング』や,Appleが以前発行していたCore Audioのホワイトペーパーなどを参照しています。Core Audio良くできてますね-。

▼概要
書籍名:『Theme:Spatiality Mac Audio Explorer かっこかり』
副題:PC AUDIO&DIGITAL AUDIO GUIDEBOOK for Mac
版型:B5版
頁数:60ページ(CMYKフルカラー表紙)
文字数:3万8000字
厚さ:わりと薄い

頒布スペース:「放課後オーディオタイム」 3日目(12日)東T-57a
価格:800円
※ 購入数の制限はありませんが頒布ペースが速すぎる場合には制限をする場合がございます
※ オーディオ×BLに果敢に挑戦した同人誌『イイオトコノコ』(旧刊)とセットでお買い求めの方は1000円で頒布いたします。
※女性(ただし性別が女性に限る。Not女装子)同伴で当サークルの同人誌をお買い求めの方には,同伴の方に差し上げる分の『イイオトコノコ』を1部差し上げます。

▼主な内容
○Mac をオーディオ的視点でみる
この項目では、巷のMac 系オーディオ本で取り上げられるようなカジュアルな楽しみ方とは違った観点で、Mac でHi-Fi オーディオを楽しむ方法についてご紹介します。
特に,Mac でオーディオの楽しむ上で,Mac を取り巻く環境がどのようなものであるか,またどのような視点でMac を見ていくかについて見ていきながら、Mac を新しく購入してPC オーディオを楽しみたいという方のために,各モデルのオーディオ的特徴も探ります。

○本格的CD リッピングを探求する
この項目では,早めにこだわっておけばおくほど後で楽が出来るリッピングについてご紹介します。特に,iTunes でも出来るリッピングを専用のソフトウェアを用いて本格的に行う方法について紹介します。

○再生ソフトウェアを探求する
この項目では,Mac の世界で広がっている音楽再生専用ソフトウェアの探求についてご紹介します。前提として、Mac OS 上音声信号がどのように扱われているのか,Core Audioの仕組みについて言及しながら、特に、OSレベルで標準的に高品位再生が可能とされているMac において、なぜここまでオーディオ再生特化型のソフトウェアが開発されてきているのか、音楽再生専用ソフトウェアの開発者達がそれぞれ目指しているコンピューターオーディオのあり方について見ていきます。

○音楽再生用ソフトウェア紹介
今回の冊子でご紹介するソフトウェアは以下となっています。それぞれの概要,コンセプト,音質調整のための設定方法の解説を加えています。

  1. iTunes + Sync_afplay
  2. Amarra (mini)
  3. Audirvana
  4. Audirvana Plus
  5. BitPerfect
  6. Decibel
  7. Fidelia
  8. Pure Music Player

というわけで概要は以上の通りです。是非奮ってご参加下さい。当日は暑い&大変な混雑が予想されますので,体調にはくれずれも留意され,お怪我の内容にお越し下さい。お会い出来るのを楽しみにしております!